全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
原産地規則ポータル > 原産地規則とは > 条件1 日本に輸入しようとする貨物の品目について日EU・EPAの特恵税率が設定されていること

条件1 日本に輸入しようとする貨物の品目について日EU・EPAの特恵税率が設定されていること

輸入しようとする貨物のHS番号から、「実行関税率表」で確認することができます。

image01.jpg 1.
実行関税率表のページに移動し、輸入しようとする貨物のHS番号の類の「税率」をクリックします。
実行関税率表
image02.jpg2.
移動先のページでは、貨物のHS番号に対応する各協定のEPA特恵税率等を確認することができます。
税率の部分が空欄である場合は、対応する協定のEPA特恵税率が設定されていないことを表していますので、EPA特恵税率の対象外です。

 

HS番号とは

世界税関機構(WCO)のHS条約(商品の名称及び分類についての統一システムに関する国際条約)に基づき、商品毎に設定される6桁の番号のことです。HS番号の上2桁を「類」、上4桁を「項」、6桁全体を「号」と呼びます。

関税分類の概要

輸入しようとする貨物のHS番号がわからない場合

関税鑑査官へお問い合わせいただき、関税分類の事前教示制度の利用をご検討ください。

関税分類の事前教示制度について