現在位置:
トップページ > 一般・輸入者の方へ > 認定手続 > 農林水産大臣意見照会

農林水産大臣意見照会

□ 農林水産大臣意見照会とは
 育成者権にかかる認定手続が執られた場合、税関長が農林水産大臣に対し意見照会することができる制度です。(関税法第69条の18同施行令第62条の29


 農林水産大臣意見照会の要件
1対象育成者権に係る認定手続中の貨物
2要件税関長が必要があると認めるとき(DNA鑑定をしても侵害物品か否か認定しがたい場合、DNA鑑定が困難な貨物で外観等で判断し難い場合、加工品に該当するか否か認定し難い場合等)
3照会者税関長
4意見照会内容育成者権を侵害するか否かを認定するための参考となるべき意見
5必要な資料疑義貨物についての資料、その他農林水産大臣が意見を述べる際に参考となる資料(DNA鑑定書、認定手続関係資料の写し等)

 


 農林水産大臣意見照会の流れ
1税関長が必要に応じ、意見照会用資料を作成し、農林水産大臣に照会
1'意見照会の実施を権利者・輸入者に通知
2農林水産大臣の回答
3回答内容を権利者・輸入者に通知、同内容に対する意見の求め
4同内容に対する意見・証拠の提出

 

 
農林水産大臣意見照会の手順図