現在位置:
トップページ > Q&A(意見照会・通関解放関係)

Q&A(意見照会・通関解放関係)

税関の取締り差止申立関係認定手続・供託関係意見照会・通関解放関係その他
 
 意見照会・通関解放関係
Q-1誰がいつ、経済産業大臣又は特許庁長官の意見を聴くことを税関長に求めることができるのですか?
Q-2税関長が経済産業大臣又は特許庁長官に意見照会した場合、その回答にはどの位日数がかかりますか?
Q-3経済産業大臣又は特許庁長官の意見に反する認定がされることもあるのですか?
Q-4通関解放制度とは、どのような制度ですか?
Q-5通関解放金は、どのようにして算定されるのですか?
Q-6誰がいつ、農林水産大臣又は経済産業大臣(保護対象営業秘密を除く)に対し、意見を求めることができるのですか?
Q-7税関長が農林水産大臣又は経済産業大臣(保護対象営業秘密を除く)に意見照会した場合、その回答にはどのくらい日数がかかりますか?

 

Q1誰がいつ、経済産業大臣又は特許庁長官の意見を聴くことを税関長に求めることができるのですか?
 経済産業大臣の意見を聴くことを税関長に求めることができる者は、保護対象営業秘密に係る不正競争差止請求権者及び対象貨物を輸入しようとした者です。また、特許庁長官の意見を聴くことを税関長に求めることができる者は、特許権、実用新案権、意匠権に係る権利者及び対象貨物を輸入しようとした者です。(その他の権利(商標権、著作権等)に係る申立人については請求することはできません。)なお、税関長も必要があるときは経済産業大臣又は特許庁長官に意見を聴くことができます。
 当該権利者又は輸入者は、認定手続を開始する旨の通知を受取った日から起算して110日(行政機関の休日を含まない)を経過する日又は2期限が延長された場合は20日(行政機関の休日を含まない)を経過する日までの間に請求することができます。ただし、その間に税関が侵害又は非侵害の認定を行ったときは、求めることができません。
a1
Q2税関長が経済産業大臣又は特許庁長官に意見照会した場合、その回答にはどの位日数がかかりますか?
  経済産業大臣又は特許庁長官から30日以内に書面により回答され、この回答については、税関から権利者及び輸入者の双方に通知します。a2
Q3経済産業大臣又は特許庁長官の意見に反する認定がされることもあるのですか?
  基本的には、経済産業大臣又は特許庁長官の意見を尊重し、認定を行いますが、権利者の同意、ライセンス契約の有無等技術的範囲以外の理由等により、税関が経済産業大臣又は特許庁長官の意見とは別の判断を行うこともあります。a3
Q4通関解放制度とは、どのような制度ですか?
  認定手続が開始された特許権、実用新案権若しくは意匠権又は保護対象営業秘密を侵害する疑いがある物品について、輸出入者が一定期間経過後に相当と認める額の担保(通関解放金)の提供を条件として、税関長へ認定手続を取りやめるよう求め、その結果、輸入が差し止められていた物品が解放(輸入許可)される制度です。a4
Q5通関解放金は、どのようにして算定されるのですか?
  通関解放金の算定にあたっては、特許権、実用新案権若しくは意匠権又は保護対象営業秘密のライセンス料に相当する額、輸入者等が当該物品の販売によって得ることになると考えられる利益に相当する額のいずれかの額となります。a5
Q6誰がいつ、農林水産大臣又は経済産業大臣(保護対象営業秘密を除く)に対し、意見を求めることができるのですか?
  農林水産大臣又は経済産業大臣(保護対象営業秘密を除く)に対し、意見を求めることができる者は税関長です。認定手続中に、農林水産大臣意見照会にあっては、DNA鑑定をしても育成者権を侵害する物品に該当するか否か認定しがたい場合等に、経済産業大臣意見照会にあっては、侵害物品か否か認定しがたい場合等に行われます。a6
Q7税関長が農林水産大臣又は経済産業大臣(保護対象営業秘密を除く)に意見照会した場合、その回答にはどのくらい日数がかかりますか?
  税関長が意見を求めた日から起算して30日以内に書面により農林水産大臣又は経済産業大臣から回答され、この回答内容については、税関から権利者及び輸入者の双方に通知します。a6