現在位置:

知的財産の概要

□ 知的財産とは
 財産(権)は、形のある動産及び不動産が一般的ですが、人間の精神活動の結果として創作されるアイデア等無形のものの中に、財産的価値が見出されるものがあります。このような人間の知的な活動から生じる創造物に関する権利を、知的財産権(知的所有権、無体財産権)と呼んでいます。知的財産権は、社会の発展とともにその重要性が増しています。

 

□ 知的財産の種類
 知的財産を類別すると、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、回路配置利用権、著作権、著作隣接権、育成者権、営業秘密等に分けることができます。

 

□ 権利等の発生
 知的財産は、登録により発生するものと、創作等により直ちに発生するものがあります。
 知的財産権のうち産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)については特許庁に、回路配置利用権は(財)ソフトウェア情報センターに、また、育成者権は農林水産省に、それぞれ登録することにより権利が発生します。
 なお、著作権は著作物を創作した時点で、著作隣接権は実演等を行った時点で、それぞれ権利が発生するため、登録の必要はありません。ただし、譲渡など権利の明確化のために登録制度(文化庁)が設けられています。
 また、不正競争防止法による不正競争行為によって営業上の利益を侵害され又は侵害されるおそれのある者は、不正競争行為の停止・予防請求、損害賠償請求権が認められています。

 

リチウムイオンバッテリーを使用した携帯電話 
 
自然法則を利用した、新規性・進歩性のある発明
 
ブランド名・ロゴマーク商標権
自己の商品やサービスに使用するマーク(文字、図形、記号、これらの組合せ等)
 
実用新案権
フレキシブルアンテナ
物品の形状や構造、組合せを工夫した考案
 
意匠権
携帯電話本体のデザイン
独創的で美しい外観を有する物品のデザイン(形状、模様、色彩又はこれらの結合)
   

(著作隣接権を含む)
独創性のある文芸、学術、音楽、ソフトウェアなどの創作

植物の新品種

IC等の半導体の回路配置(マスクワーク)
   
他人の商品等表示の紛らわしい使用、形態模倣、営業秘密の不正使用、技術的制限手段無効化装置等の譲渡など
をする侵害者に対する差止請求