現在位置:
ホーム > 名古屋税関 > 名古屋税関の動き2024

名古屋税関の動き

令和6年3月4日(月)、名古屋税関中部空港税関支署は専修学校クラーク高等学院名古屋校の見学を受け入れました
 名古屋税関中部空港税関支署は、専修学校クラーク高等学院名古屋校(17名)の見学を受け入れ、不正薬物の模型などを用いて税関業務について説明したほか、施設見学を行いました。
20240304.jpg
令和6年2月27日(火)、名古屋税関中部空港税関支署は刈谷保護区保護司会知立支部・知立市更生保護女性会の見学を受け入れました
 名古屋税関中部空港税関支署は、刈谷保護区保護司会知立支部・知立市更生保護女性会(22名)の見学を受け入れ、不正薬物の模型などを用いて税関業務について説明したほか、施設見学を行いました。
説明の様子
令和6年2月15日(木)〜22日(木)、名古屋税関諏訪出張所はレイクウォーク岡谷において税関パネル展を開催しました
 名古屋税関諏訪出張所は、レイクウォーク岡谷において税関パネル展を開催し、税関業務を紹介したパネルや隠匿手口の展示などを通して、税関の使命や役割について紹介し、来場された方に税関業務に対する理解を深めていただきました
20240222_1.jpg 20240222_2.jpg
令和6年2月21日(水)、名古屋税関は公益財団法人日本関税協会名古屋支部主催の豊橋地区講演会において税関長講演を行いました
 柴田名古屋税関長は、公益財団法人日本関税協会名古屋支部主催の豊橋地区講演会において、約40名を対象に、「最近の税関行政を巡る状況」と題して講演を行いました。
講演の様子
令和6年2月21日(水)、名古屋税関は令和6年1月分の管内貿易概況(速報)を発表しました
 名古屋税関は、令和6年1月分の管内貿易概況(速報)を発表しました。 令和6年1月分の輸出額は、1兆7,214億円で24か月連続の増加となり、輸入額は1兆1,859億円で2か月連続の減少となりました。また、差引額は5,356億円(輸出超過)で10か月連続の増加となり、14年10か月連続で全国1位となりました。(報道発表資料はこちら【PDF:295KB】) 併せて、「ビールの輸出」について特集しました。(報道発表資料はこちら【PDF: 2,918KB】
発表の様子 特集
令和6年2月16日(金)、名古屋税関は就職塾の見学を受け入れました
 名古屋税関は、就職塾(12名)の見学を受け入れ、税関の使命や役割について説明したほか、展示物品の解説を通じ、不正薬物の密輸手口や知的財産侵害物品等について紹介しました。
説明の様子 見学の様子
令和6年2月8日(木)から14日(水)までの間、名古屋税関諏訪出張所は下諏訪総合文化センターで税関パネル展を開催しました
 名古屋税関諏訪出張所は、下諏訪総合文化センターにおいて税関パネル展を開催し、税関業務を紹介したパネルや隠匿手口の展示などを通して、税関の使命や役割について紹介し、来場された方に税関業務に対する理解を深めていただきました。
パネル展の様子@ パネル展の様子A
令和6年2月14日(水)、名古屋税関中部空港税関支署はなごや環境大学の見学を受け入れました
 名古屋税関中部空港税関支署は、なごや環境大学(7名)の見学を受け入れ、不正薬物の模型などを用いて税関業務について説明したほか、施設見学を行いました。
説明の様子
令和6年2月14日(水)、名古屋税関は令和5年の名古屋税関における不正薬物等の取締り状況を発表しました
 名古屋税関は、令和5年の管内における空港や港湾等において、不正薬物の密輸入その他の関税法違反事件を取り締まった実績を発表しました。 大麻の押収量は前年に比べ約2.7倍となりました。(⇒発表資料へ
発表の様子
令和6年2月6日(火)、14日(水)、名古屋税関は株式会社ジェイアンドシーの見学を受け入れました
 名古屋税関は、株式会社ジェイアンドシー(合計21名)の見学を受け入れ、税関の使命や役割について説明したほか、展示物品の解説を通じ、不正薬物の密輸手口や知的財産侵害物品等について紹介しました。
説明の様子 見学の様子
令和6年2月13日(火)、名古屋税関は鯱城学園の見学を受け入れました
 名古屋税関は、鯱城学園(25名)の見学を受け入れ、税関の使命や役割について説明したほか、展示物品の解説を通じ、不正薬物の密輸手口や知的財産侵害物品等について紹介しました。
20240213.jpg
令和6年2月6日(火)、名古屋税関は名古屋港運協会主催の港友会において税関長講演を行いました
 柴田名古屋税関長は、港友会において約155名を対象に、「最近の税関行政を巡る状況」と題して講演を行いました。
講演の様子
令和6年2月5日(月)、名古屋税関は輸出促進説明会(オンライン)を開催しました
 名古屋税関は、事業者の方にEPA(経済連携協定)のメリットを知っていただくことで、一層の貿易促進を支援するため、東海農政局、中部経済産業局、東海財務局、名古屋国税局、ジェトロ名古屋、中小企業基盤整備機構、日本政策金融公庫と協力し、オンライン方式で「輸出促進説明会」を開催しました。食品関連や機械製造に携わるメーカーのほか、物流関係の事業者など約100者が参加されました。
20240205.JPG
令和6年2月2日(金)、名古屋税関は公益財団法人日本関税協会名古屋支部主催の四日市地区講演会において税関長講演を行いました
 柴田名古屋税関長は、公益財団法人日本関税協会名古屋支部主催の四日市地区講演会において、約60名を対象に、「最近の税関行政を巡る状況」と題して講演を行いました。
20240202_k.png
令和6年1月29日(月)、名古屋税関清水税関支署は静岡県立駿河総合高等学校において、薬物乱用防止について講演しました
 名古屋税関清水税関支署は、静岡財務事務所と連携して、静岡県立駿河総合高等学校において3年生の生徒19名を対象に講演を行いました。高校卒業後、進学や就職する3年生に対して「トラブルを避ける」というテーマで、税関からは薬物を乱用した際における身体や社会へ及ぼす悪影響、不正薬物等の密輸への関与の危険性などについて説明しました。
講演の様子
令和6年1月26日(金)、名古屋税関は名古屋市立城山中学校の見学を受け入れました
 名古屋税関は、名古屋市立城山中学校(4名)の見学を受け入れ、税関の使命や役割について説明したほか、展示物品の解説を通じ、不正薬物の密輸手口や知的財産侵害物品等について紹介しました。
業務説明の様子 見学の様子
令和6年1月25日(木)、名古屋税関清水税関支署は令和5年分管内貿易概況(速報)を発表しました
 名古屋税関清水税関支署は、令和5年分管内貿易概況(速報)を発表しました。 清水港の令和5年輸出総額は2兆2,350億円(対前年比0.6%の減少、比率ベース:3年ぶりの減少)、輸入総額は1兆3,955億円(同3.7%の減少、3年ぶりの減少)となりました。差引額は8,395億円(同4.8%の増加)の輸出超過で、2年ぶりの増加となりました。(報道発表資料はこちら【PDF:196KB】
発表の様子
令和6年1月24日(水)、名古屋税関は令和5年12月分及び令和5年分の管内貿易概況(速報)を発表しました
 名古屋税関は、令和5年12月分及び令和5年分の管内貿易概況(速報)を発表しました。 令和5年12月分の輸出額は、2兆2,846億円で23か月連続の増加、輸入額は1兆1,797億円で2か月ぶりの減少となりました。また、差引額は1兆1,049億円(輸出超過)で9か月連続の増加となり、14年9か月連続で全国1位となりました。(報道発表資料はこちら【PDF:284KB】) 令和5年分の輸出額は、23兆9,559億円で3年連続の増加、輸入額は13兆8,263億円で3年ぶりの減少となりました。また、差引額は10兆1,297億円(輸出超過)で2年ぶりの増加となり、37年連続で全国1位となりました。(報道発表資料はこちら【PDF:271KB】
発表の様子 発表資料
令和6年1月23日(火)、名古屋税関は名古屋市立東陵中学校の見学を受け入れました
 名古屋税関は、名古屋市立東陵中学校(12名)の見学を受け入れ、税関の使命や役割について説明したほか、展示物品の解説を通じ、不正薬物の密輸手口や知的財産侵害物品等について紹介しました。
業務説明の様子 展示室見学の様子
令和6年1月19日(金)、名古屋税関中部空港税関支署は愛知県立愛知商業高等学校の見学を受け入れました
 名古屋税関中部空港税関支署は、愛知県立愛知商業高等学校(10名)の見学を受け入れ、不正薬物の模型などを用いて税関業務について説明したほか、施設見学を行いました。
業務説明の様子
令和6年1月19日(金)、名古屋税関は岐阜市立境川中学校において薬物乱用防止教室を行いました
 名古屋税関は、岐阜市立境川中学校で開催された薬物乱用防止教室において、生徒及び教職員約300名を対象に講演を行いました。講演では、税関の使命や役割のほか、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明しました。また、麻薬探知犬のデモンストレーションも行いました。
講演の様子
令和6年1月18日(木)、名古屋税関中部空港税関支署は豊明市民生委員児童委員沓掛地区会の見学を受け入れました
 名古屋税関中部空港税関支署は、豊明市民生委員児童委員沓掛地区会(28名)の見学を受け入れ、不正薬物の模型などを用いて税関業務について説明したほか、施設見学を行いました。
20240118_1.jpg
令和6年1月17日(水)、名古屋税関は半田港運株式会社に対し認定通関業者認定書を交付しました
 名古屋税関は、名古屋税関本関において、半田港運株式会社に対して認定通関業者認定書の交付を行いました。これで、名古屋税関管内の認定通関業者は31者目となります。税関では、民間事業者の方々とのパートナーシップにより、セキュリティ確保と国際物流の円滑化の両立を図ることを目指して、AEO制度を進めています。
交付の様子
令和6年1月16日(火)、名古屋税関清水税関支署はエフエムラジオ:マリンパルを通じて情報提供を依頼しました
 名古屋税関清水税関支署は、職員がエフエムラジオ:マリンパルが放送するモーニングパル(番組名)に出演して不正薬物等の密輸情報の提供を呼び掛けました。
ラジオ出演の様子@ ラジオ出演の様子A
令和6年1月15日(月)、名古屋税関中部空港税関支署は豊明市保護司会・更生保護女性会の見学を受け入れました
 名古屋税関中部空港税関支署は、豊明市保護司会・更生保護女性会(30名)の見学を受け入れ、不正薬物の模型などを用いて税関業務について説明したほか、施設見学を行いました。
見学の様子
令和6年1月15日(月)、名古屋税関中部空港税関支署はクラーク記念国際高等学校C-SMART名古屋キャンパスの見学を受け入れました
 名古屋税関中部空港税関支署は、クラーク記念国際高等学校C-SMART名古屋キャンパス(17名)の見学を受け入れ、不正薬物の模型などを用いて税関業務について説明したほか、施設見学を行いました。
見学の様子
令和6年1月15日(月)、名古屋税関は大府市立大府南中学校において薬物乱用防止教室を行いました
 名古屋税関は、大府市立大府南中学校で開催された薬物乱用防止教室において、生徒及び教職員約120名を対象に講演を行いました。講演では、税関の使命や役割のほか、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明しました。また、麻薬探知犬のデモンストレーションも行いました。
講演の様子 麻薬探知犬デモンストレーションの様子
令和6年1月12日(金)、名古屋税関は岐阜県山県市立高富中学校において薬物乱用防止教室を行いました
 名古屋税関は、岐阜県山県市立高富中学校で開催された薬物乱用防止教室において、生徒及び教職員約150名を対象に講演を行いました。講演では、税関の使命や役割のほか、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明しました。また、麻薬探知犬のデモンストレーションも行いました。
講演の様子

 


 

過去の名古屋税関の動き

令和5年 名古屋税関の動き

令和4年 名古屋税関の動き

令和3年 名古屋税関の動き

令和2年 名古屋税関の動き

令和元年 名古屋税関の動き

平成30年 名古屋税関の動き

平成29年 名古屋税関の動き

平成28年 名古屋税関の動き

平成27年 名古屋税関の動き

平成26年 名古屋税関の動き

平成25年 名古屋税関の動き

平成24年 名古屋税関の動き

平成23年 名古屋税関の動き

ページトップに戻る
トップへ