全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 名古屋税関 > 名古屋税関の動き

名古屋税関の動き

  平成26年12月18日(木)名古屋税関、平成26年11月分の管内貿易概況(速報)を発表

  名古屋税関は、平成26年11月分の管内の貿易概況(速報)を発表した。輸出額は1兆4,752億円で3ヵ月連続の増加。輸入額は8,442億円で20ヵ月連続の増加。差引額は6,310億円(貿易黒字)で2ヵ月連続の増加となった。(報道発表資料はこちら

toukei
toukei
  平成26年12月17日(水)名古屋税関、静岡県立科学技術高等学校の薬物乱用防止教室で講演

  名古屋税関は、静岡県立科学技術高等学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約1,100名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬探知犬が麻薬の臭いの付いた箱に反応すると生徒から大きな拍手が湧き起こった。

koen
koen
  平成26年12月12日(金)、12月15日(月)名古屋税関、日豪EPA(経済連携協定)に係る説明会を開催

 名古屋税関は、日豪EPA(経済連携協定)に係る業務説明会を12月12日(金)に名古屋税関本関、12月15日(月)に清水税関支署において開催した。新たな原産地手続である自己申告制度や飼料用麦に係る承認工場制度について説明を行った。通関業者、輸出入者及び飼料製造業者等(名古屋会場194名、清水会場38名)多数の方が参加した。

平成26年12月12日(金)、12月15日(月)名古屋税関、日豪EPA(経済連携協定)に係る説明会を開催 平成26年12月12日(金)、12月15日(月)名古屋税関、日豪EPA(経済連携協定)に係る説明会を開催
  平成26年12月12日(金)名古屋税関、岐阜県各務原市立桜丘中学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜県各務原市立桜丘中学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約200名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬探知犬が麻薬の臭いの付いたバッグに反応すると生徒から大きな歓声が起こった。

名古屋税関、岐阜県各務原市立桜丘中学校の薬物乱用防止教室で講演 名古屋税関、岐阜県各務原市立桜丘中学校の薬物乱用防止教室で講演
  平成26年12月10日(水)名古屋税関、岐阜県立海津明誠高等学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜県立海津明誠高等学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約600名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬探知犬が麻薬の臭いの付いた箱に反応すると生徒から大きな歓声が起こった。

平成26年12月10日(水)名古屋税関、岐阜県立海津明誠高等学校の薬物乱用防止教室で講演 平成26年12月10日(水)名古屋税関、岐阜県立海津明誠高等学校の薬物乱用防止教室で講演
  平成26年12月10日(水)中部空港税関支署、不正薬物・銃器等密輸撲滅キャンペーンを実施

 名古屋税関中部空港税関支署は、年末特別警戒期間(12月8日〜17日)に併せて、出国検査場において出国旅客に対し年末特別警戒の周知を行うとともに、広報グッズを配布して運び屋にならないための注意喚起と密輸情報の提供を呼び掛けた。

koho
koho
  平成26年12月9日(火)清水税関支署静岡空港出張所、不正薬物・銃器等密輸撲滅キャンペーンを実施

 名古屋税関清水税関支署静岡空港出張所は、年末特別警戒期間(12月8日〜17日)に併せて、富士山静岡空港出国検査場内で不正薬物・銃器等密輸撲滅キャンペーンを実施し、国外へ出発する旅客に対してリーフレットの配布を行うとともに密輸撲滅及び密輸情報の提供を呼び掛けた。

shizuoka
shizuoka
  平成26年12月8日(月)名古屋税関、年末特別警戒出陣式を実施

 名古屋税関は、覚醒剤・拳銃等の水際取締りを一層強化するため、12月8日(月)から17日(水)まで年末特別警戒を実施。警戒期間の初日である本日、監視部稲永分室前で出陣式を執り行い、河上税関長の訓示の後、取締職員及び麻薬探知犬が取締現場へ出陣した。

平成26年12月8日(月)名古屋税関、年末特別警戒出陣式を実施 平成26年12月8日(月)名古屋税関、年末特別警戒出陣式を実施
  平成26年12月3日(水)名古屋税関経済連携協定(EPA)に関する講演を実施

 名古屋税関は、日本政策金融公庫岡崎支店及び日本貿易振興機構(ジェトロ)名古屋貿易情報センターと共催で、岡崎商工会議所において「EPA/FTAをご存じですか 〜これからの円滑な海外取引に向けて〜」と題して講演を行った。同講演では、業務部高見原産地調査官を講師とし、経済連携協定(EPA)を利用した場合のメリット等について説明した。【配布資料:日本の経済連携協定(EPA)の概要

平成26年12月3日(水)名古屋税関経済連携協定(EPA)に関する講演を実施 平成26年12月3日(水)名古屋税関経済連携協定(EPA)に関する講演を実施
  平成26年12月2日(火)河上名古屋税関長、衣浦地区懇談会において講演を実施

  河上名古屋税関長は、愛知県碧南市内で開催された公益財団法人日本関税協会名古屋支部主催の衣浦地区懇談会において、「世界貿易の動向と税関の課題」と題し、最近の貿易概況のほか、EPA(経済連携協定)をはじめとする貿易円滑化へ向けた取組み、社会悪物品や知的財産侵害物品に対する取締り及び摘発状況などについて講演を行った。

koen
koen
  平成26年12月2日(火)名古屋税関、名古屋税関、高年大学鯱城学園社会研究クラブの訪問を受入れ

 名古屋税関は、高年大学鯱城学園社会研究クラブの生徒46名の訪問を受入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品や管内の貿易統計等を通じて税関の役割や取組について説明した。

名古屋税関、名古屋税関、高年大学鯱城学園社会研究クラブの訪問を受入れ 名古屋税関、名古屋税関、高年大学鯱城学園社会研究クラブの訪問を受入れ
  平成26年12月2日(火)名古屋税関、岐阜県立岐南工業高等学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜県立岐南工業高等学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約900名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬探知犬が麻薬の臭いの付いた鞄に反応すると生徒から大きな歓声が起こった。

名古屋税関、岐阜県立岐南工業高等学校の薬物乱用防止教室で講演 名古屋税関、岐阜県立岐南工業高等学校の薬物乱用防止教室で講演
  平成26年11月27日(木)清水税関支署、名古屋税関密輸出入取締対策静岡地区協議会を開催

 名古屋税関清水税関支署は、清水港湾合同庁舎において名古屋税関密輸出入取締対策静岡地区協議会を開催した。当協議会には清水税関支署のほか、静岡地方検察庁、静岡県警察本部等、計7機関31名が参加し、河上税関長の挨拶の後、静岡県下の密輸出入の取締状況についての情報及び意見の交換を行い、各機関間の連携強化を図った。

清水税関支署、名古屋税関密輸出入取締対策静岡地区協議会を開催
  平成26年11月27日(木)名古屋税関、貿易関連企業の訪問を受入れ

 名古屋税関は、貿易関連企業の社員17名の訪問を受入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、管内の貿易統計及びAEO制度を通して税関の役割や取組みについて説明した。

  平成26年11月27日(木)名古屋税関、豊田合成株式会社に対し特定輸出者承認書を交付

 名古屋税関は、豊田合成(株)に対して特定輸出者承認書の交付式を行った。税関では、民間事業者の方々とのパートナーシップにより、セキュリティ確保と国際物流の円滑化の両立を図ることを目指している。

名古屋税関、豊田合成株式会社に対し特定輸出者承認書を交付 名古屋税関、豊田合成株式会社に対し特定輸出者承認書を交付
  平成26年11月27日(木)名古屋税関、本関周辺の清掃を実施

 名古屋税関では142周年税関記念日(H26.11.28)を前にその協賛行事の一環として、地域環境の美化を図ると共に近隣住民・事業者等に対する感謝の意を込めて、始業前に有志職員約140名と名古屋みなと振興財団、JETTYテナント会と合同で本関周辺の清掃活動を実施した。

名古屋税関、本関周辺等の清掃活動を実施 名古屋税関、本関周辺等の清掃活動を実施
  平成26年11月26日(水)中部空港税関支署、麻薬・覚醒剤乱用防止運動に伴う街頭キャンペーンに参加

 名古屋税関中部空港税関支署は、中部国際空港駅前において、愛知県知多地区薬物乱用防止推進協議会(事務局:知多保健所)が主催する麻薬・覚醒剤乱用防止運動街頭キャンペーンに参加し、空港利用客に広報グッズを配布して、薬物乱用防止及び密輸情報の提供を呼び掛けた。

中部空港税関支署、麻薬・覚醒剤乱用防止運動街頭キャンペーン 中部空港税関支署、麻薬・覚醒剤乱用防止運動街頭キャンペーン
  平成26年11月26日(水)清水税関支署、清水港テロ対策合同訓練に参加

 名古屋税関清水税関支署は、清水港危機管理メンバー及び清水港保安委員会による清水港テロ対策合同訓練に支署長以下総勢15名(車両3台、監視艇1隻)で参加した。訓練では、テロ事案発生時における関係機関相互の連携体制の確認を行い、事案対応能力の向上を図った。

清水港テロ対策合同訓練の様子 清水港テロ対策合同訓練の様子
  平成26年11月25日(火)名古屋税関、三重県法人会連合会の研修会で経済連携協定(EPA)に関する講演を実施

 名古屋税関は、三重県法人会連合会が開催した研修会において、「経済連携協定の利用支援セミナー〜日本の経済連携協定(EPA)の概要〜 」と題して講演を行った。同講演では、業務部高見原産地調査官を講師とし、経済連携協定(EPA)を利用した場合のメリット等について説明した。【配布資料:日本の経済連携協定(EPA)の概要

名古屋税関、三重県法人会連合会の研修会で経済連携協定(EPA)に関する講演を実施 名古屋税関、三重県法人会連合会の研修会で経済連携協定(EPA)に関する講演を実施
  平成26年11月25日(火)名古屋税関、中部職業能力開発促進センター名古屋港湾労働分所の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、中部職業能力開発促進センター名古屋港湾労働分所の訓練生等30名の訪問を受け入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

見学の様子 見学の様子
   平成261125日(火)清水税関支署、清水港物流視察会において講演

 名古屋税関清水税関支署は、清水港ポートセールス実行委員会主催の清水港物流視察会に講師を派遣し、清水マリンターミナルにおいて、荷主企業の物流担当者等200名に対し、「税関の業務」と題した講演を実施した。講演では、税関の役割や組織、関税局・税関における取組み等について説明をした。

清水港物流視察会の様子 清水港物流視察会の様子
  平成26年11月21日(金)名古屋税関、愛知県立知立東高等学校の薬物乱用防止教室で講演

  名古屋税関は、愛知県立知立東高等学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約1,200名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬探知犬が麻薬の臭いの付いた鞄に反応すると生徒から大きな拍手と歓声が湧き起こった。

kouen
kouen
  平成26年11月21日(金)名古屋税関、平成26年10月分の管内貿易概況(速報)を発表

  名古屋税関は、平成26年10月分の管内貿易概況(速報)を発表した。輸出額は1兆6,414億円で2ヵ月連続の増加。輸入額は9,080億円で19ヵ月連続の増加。差引額は7,335億円(貿易黒字)で3ヵ月ぶりの増加となった。また、貿易統計特集として、平成25年の輸入金額が名古屋税関管内で過去最高となった「まぐろ缶・かつお缶」について紹介した。(報道発表資料はこちら

toukei
toukei
  平成26年11月20日(木)名古屋税関、貿易関連企業の訪問を受入れ

 名古屋税関は、貿易関連企業の社員10名の訪問を受入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品や管内の貿易統計等を通じて税関の役割や取組について説明した。

見学の様子 見学の様子
  平成26年11月19日(水)名古屋税関、静岡県法人会連合会の研修会で経済連携協定(EPA)に関する講演を実施

 名古屋税関は、静岡県法人会連合会が開催した研修会において、「経済連携協定の利用支援セミナー〜日本の経済連携協定(EPA)の概要〜 」と題して講演を行った。同講演では、業務部高見原産地調査官を講師とし、経済連携協定(EPA)を利用した場合のメリット等について説明した。【配布資料:日本の経済連携協定(EPA)の概要

名古屋税関、静岡県法人会連合会の研修会で経済連携協定(EPA)に関する講演を実施 名古屋税関、静岡県法人会連合会の研修会で経済連携協定(EPA)に関する講演を実施
  平成26年11月19日(水)四日市税関支署、名古屋税関密輸出入取締対策三重地区協議会を開催

 名古屋税関四日市税関支署は、四日市港湾合同庁舎において名古屋税関密輸出入取締対策三重地区協議会を開催した。当協議会には四日市税関支署のほか、津地方検察庁、三重県警察本部等、計8機関30名が参加し、河上税関長の挨拶の後、三重県下の密輸出入の取締状況についての情報及び意見の交換を行い、各機関間の連携強化を図った。

四日市税関支署、名古屋税関密輸出入取締対策三重地区協議会を開催
  平成26年11月18日(火)名古屋税関、山県市立高富中学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜県山県市立高富中学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約200名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬探知犬が麻薬の臭いの付いた箱に反応すると生徒から大きな歓声が起こった。

koen
koen
  平成26年11月18日(火)名古屋税関、名古屋市立西築地小学校の津波避難訓練を受入れ 

 名古屋税関では、名古屋港湾合同庁舎本館(名古屋市津波避難ビル指定)において、西築地小学校が実施する津波避難訓練を受入れた。この訓練は、西築地小学校の児童が学区内にある津波避難ビルを実際に利用した訓練を実施し、受入れ側との交流を通じて顔の見える関係づくりの機会として、有事の際スムーズな避難を可能とすることを目的として実施された。

名古屋市立西築地小学校生徒による津波避難訓練を受入れ 名古屋市立西築地小学校生徒による津波避難訓練を受入れ
  平成26年11月14日(金) 名古屋税関、名古屋港ポートビルにおいて税関展を開催

  名古屋税関は、11月14日(金)から12月12日(金)の期間中、名古屋港ポートビル1階においてパネルを展示し、名古屋港を訪れる多くの方に税関のことを紹介している。

panel
panel
  平成26年11月14日(金)名古屋税関、税関知的財産セミナーを開催

  名古屋税関は、名古屋港湾合同庁舎において知的財産の権利者や弁理士等を対象とした税関知的財産セミナーを開催しました。同セミナーでは、東京税関業務部総括知的財産調査官による輸入差止申立て制度についての説明が行われるとともに、差止申立て制度を活用している権利者による講演が行われました。

seminar
seminar
  平成26年11月14日(金)名古屋税関、岐阜県法人会連合会の研修会で「経済連携協定(EPA)」に関する講演を実施 

 名古屋税関は、岐阜県法人会連合会が開催した研修会において、「経済連携協定の利用支援セミナー〜日本の経済連携協定(EPA)の概要〜 」と題して講演を行った。同講演では、業務部高見原産地調査官を講師とし、経済連携協定(EPA)を利用した場合のメリット等について説明した。【配布資料:日本の経済連携協定(EPA)の概要

岐阜県法人会連合会においてEPAセミナーを開催 岐阜県法人会連合会においてEPAセミナーを開催
  平成26年11月13日(木)名古屋税関、岐阜市立芥見東小学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜市立芥見東小学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約100名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬探知犬が麻薬の臭いの付いた箱に反応すると生徒から大きな拍手が起こった。

薬物乱用防止教室の様子 薬物乱用防止教室の様子
  平成26年11月12日(水)名古屋税関、岡崎・豊田法人会の税務研修会で「経済連携協定(EPA)」に関する講演を実施 

 名古屋税関は、岡崎・豊田法人会が開催した税務研修会において、「経済連携協定の利用支援セミナー〜日本の経済連携協定(EPA)の概要〜 」と題して講演を行った。同講演では、業務部高見原産地調査官を講師とし、経済連携協定(EPA)を利用した場合のメリット等について説明した。【配布資料:日本の経済連携協定(EPA)の概要

EPAセミナーの様子 EPAセミナーの様子
  平成26年11月12日(水)名古屋税関密輸出入取締対策本関地区協議会を開催 

 名古屋税関は、平成26年度名古屋税関密輸出入取締対策本関地区協議会を開催した。昭和31年以降59回目となる今回は、税関をはじめ、検察庁、警察等13機関43名が一堂に会し、不正薬物、拳銃等の社会悪物品や知的財産侵害物品等の密輸出入の取締状況について情報交換を行うとともに、密輸出入の一層の摘発や連携強化策について協議を行った。

【名古屋税関】密輸出入取締対策本関地区協議会の様子 【名古屋税関】密輸出入取締対策本関地区協議会の様子
  平成26年11月12日(水)名古屋税関、岐阜県主催名古屋港現地見学会参加者の訪問を受入れ 

 名古屋税関は、岐阜県主催名古屋港現地見学会参加約40名の訪問を受入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品や管内の貿易統計等を通じて税関の役割や取組について説明した。

見学の様子 見学の様子
  平成26年11月12日(水)名古屋税関、貿易関連企業の訪問を受入れ

 名古屋税関は、貿易関連企業の社員9名の訪問を受入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品や管内の貿易統計等を通じて税関の役割や取組について説明した。

kengaku
kengaku
 平成26年11月9日(日) 名古屋税関、名古屋港開港祭フレンドリーポート2014において税関展を開催

 名古屋税関は、名古屋港ガーデンふ頭つどいの広場一帯で開催された名古屋港開港祭フレンドリーポート2014において税関展を開催し、税関が摘発した不正薬物の密輸手口、偽ブランド品、ワシントン条約該当物品等を展示し、来場者に税関の役割や取り組み等について紹介した。

tenji
tenji
  平成26年11月9日(日) 名古屋税関、「ソラモ」(浜松市ギャラリーモール)で密輸撲滅キャンペーンを実施

 名古屋税関清水税関支署及び浜松出張所は、(一社)浜松市薬剤師会主催の第8回くすりと健康フェスタにおいて密輸撲滅キャンペーンを実施した。会場では、清水税関支署浜松出張所長が挨拶を行った後、麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施するとともに、会場を訪れた一般市民に、密輸に関する情報提供を呼び掛けるリーフレット等の広報グッズを配布した。

hamamatsu
hamamatsu
 平成26年11月7日(金)名古屋税関、各務原保護区保護司会の訪問を受入れ

 名古屋税関は、各務原保護区保護司会の保護司26名の訪問を受入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品の取締状況等を通して税関の役割や取組みについて説明した。

見学の様子 見学の様子
 平成26年11月6日(木)清水税関支署、AEO認定企業の職場見学を受入れ

 名古屋税関清水税関支署は、AEO認定企業社員等16名の職場見学を受入れ、AEO制度の概要について紹介するとともに、密輸入の手口や偽ブランド品の展示物品を通して税関の役割や取組みについて説明した。

見学の様子 見学の様子
 平成26年11月6日(木)名古屋税関、桑名市立陵成中学校生徒の訪問を受入れ

 名古屋税関は、三重県桑名市立陵成中学校生徒6名の訪問を受入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品の取締状況や管内の貿易統計等を通して税関の役割や取組みについて説明した。

kengaku
kengaku
  平成26年11月5日(水)名古屋税関、揖斐川町立揖斐川中学校の薬物乱用防止教室で講演

  名古屋税関は、岐阜県揖斐郡揖斐川町立揖斐川中学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約150名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬探知犬が麻薬の臭いの付いた鞄に反応すると生徒から大きな拍手が起こった。

koen
koen
 平成26年11月4日(火)河上名古屋税関長、諏訪地区懇談会において講演

 河上名古屋税関長は、諏訪市内で開催された(公財)日本関税協会名古屋支部主催の諏訪地区懇談会において「世界貿易の動向と税関の課題」と題し、最近の貿易概況のほか、EPA(経済連携協定)をはじめとする貿易円滑化へ向けた取組み、社会悪物品や知的財産侵害物品に対する取締り及び摘発状況などについて講演を行った。

koen
koen
  平成26年11月3日(月・祝)名古屋税関、「港区区民まつりみなと遊友フェスタ2014」において税関展を開催

 名古屋税関は、名古屋港ガーデンふ頭つどいの広場一帯で開催された「港区区民まつり みなと遊友フェスタ2014」において税関展を開催し、不正薬物の密輸手口、偽ブランド品、ワシントン条約該当物品等を展示し、税関の役割や使命について説明した。

港区区民まつり みなと遊友フェスタ2014(名古屋市港区)において税関展を開催 港区区民まつり みなと遊友フェスタ2014(名古屋市港区)において税関展を開催
  平成26年11月2日(日)四日市税関支署、「ダメ。ゼッタイ!。薬物乱用防止 啓発キャンペーン 四日市大会」において税関展を開催

 名古屋税関四日市税関支署は、薬物乱用防止キャンペーン実行委員会が主催するダメ。ゼッタイ!。薬物乱用防止 啓発キャンペーン 四日市大会において税関展を開催した。不正薬物の密輸事例を再現した模型やパネルの展示及び麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施して、会場を訪れた来場者に対し、不正薬物の恐ろしさや密輸情報の提供を呼び掛けた。

四日市税関支署「ダメ。ゼッタイ!。薬物乱用防止 啓発キャンペーン 四日市大会」において税関展開催 四日市税関支署「ダメ。ゼッタイ!。薬物乱用防止 啓発キャンペーン 四日市大会」において税関展開催
  平成26年11月1日(土)西部出張所、「2014飛島ふるさとフェスタ」において不正薬物乱用防止の啓蒙活動を実施

 名古屋税関西部出張所は、飛島村が主催する「2014飛島ふるさとフェスタ」に参加し、不正薬物の模造品や不正薬物の隠匿手口等を展示して、不正薬物に手を出さないよう啓蒙活動を行うとともに、リーフレットを配布して密輸情報の提供を呼び掛けた。

西部出張所「2014飛島村ふるさとフェスタ」税関展の様子 西部出張所「2014飛島村ふるさとフェスタ」税関展の様子
  平成26年10月29日(水)名古屋税関、熱田法人会主催の合同講演会・税務研修会で「経済連携協定(EPA)」に関する講演を実施

 名古屋税関は、熱田法人会が開催した「合同講演会・税務研修会」(於:熱田神宮会館)において、「経済連携協定の利用支援セミナー」〜日本の経済連携協定(EPA)の概要〜と題して講演を行った。同講演では、業務部高見原産地調査官を講師とし、経済連携協定(EPA)を利用した場合のメリット、EPA税率の適用を受けるための原産性の確認方法等について説明した。【配布資料:日本の経済連携協定(EPA)の概要

EPAセミナーの様子 EPAセミナーの様子
  平成26年10月28日(火)名古屋税関、愛知県立岡崎西高等学校生徒の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、愛知県立岡崎西高等学校生徒80名の訪問を受け入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品の取締状況や管内の貿易統計等を通して税関の役割や取組みについて説明した。

見学の様子 見学の様子
  平成26年10月28日(火) 四日市税関支署津出張所、津エアポートライン旅客船ターミナルにおいて街頭キャンペーンを実施

 名古屋税関四日市税関支署津出張所は、津港及び松阪港に所在する津エアポートライン旅客船ターミナルにおいて、薬物及び銃器取締強化期間にかかる街頭キャンペーンを実施し、中部国際空港行き高速船利用者に対し密輸情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

四日市税関支署津出張所「薬物及び銃器取締強化期間」にかかるキャンペーンの様子 四日市税関支署津出張所「薬物及び銃器取締強化期間」にかかるキャンペーンの様子
  平成26年10月24日(金)名古屋税関、日本関税協会主催の研修会参加者の訪問を受け入れ

  名古屋税関は、日本関税協会主催の研修会参加者24名の訪問を受け入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品や管内の貿易統計等を通じて税関の役割や取り組みについて説明した。

kengaku
kengaku
   平成26年10月24日(金)名古屋税関、三重県立四日市西高等学校の薬物乱用防止教室で講演

  名古屋税関は、三重県立四日市西高等学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約650名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬探知犬が麻薬の臭いの付いた箱に反応すると生徒から大きな歓声が湧き起こった。

koen
koen
  平成26年10月23日(木)名古屋税関、扶桑北中学校生徒の訪問を受け入れ

  名古屋税関は、愛知県丹羽郡扶桑町立扶桑北中学校生徒6名の訪問を受け入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組みについて説明した。

kengaku
kengaku
  平成26年10月22日(水)名古屋税関、大垣市立江並中学校の薬物乱用防止教室で講演

  名古屋税関は、岐阜県大垣市立江並中学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約120名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬の臭いの付いた鞄に麻薬探知犬が反応すると生徒から大きな拍手と歓声が上がった。

koen
koen
   平成26年10月21日(火)清水税関支署、奇六会(通関懇談会)において講演を実施

 名古屋税関清水税関支署は、税関行政についての研究討論を行う奇六会(通関懇談会)に講師を派遣し、ホテルサンルート清水において、静岡県所在の通関業者の責任者等24名に対し「中国の税関行政」と題した講演を実施した。講演では、日本と中国との税関行政の比較等について説明を行った。

清水税関支署、奇六会(通関懇談会)において講演を実施
   平成26年10月21日(火)名古屋税関、トライデント外国語・ホテル専門学校生の訪問を受け入れ

  名古屋税関は、トライデント外国語・ホテル専門学校生7名の訪問を受け入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

kengaku
kengaku
  平成26年10月21日(火)名古屋税関、富山県立滑川高校(海洋科)の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、富山県立滑川高校(海洋科)の生徒約40名の訪問を受け入れ、税関の業務や役割について紹介するとともに、出入国時の税関手続等について説明した。

kengaku
kengaku
  平成26年10月19日(日)清水税関支署、第14回清水港興津フェアにおいて税関展を開催

 名古屋税関清水税関支署は、清水港興津国際流通センター(静岡市清水区)で開催された第14回清水港興津フェアにおいて、広報ビデオの上映、不正薬物の密輸事例や広報パネル等を展示した税関展を実施した。また、来場者に対し、リーフレットや広報グッズの配布を行うとともに、密輸に関する情報の提供依頼及び薬物の乱用防止を呼び掛けた。

清水税関支署「第14回清水興津港フェア」において税関展を開催している様子 清水税関支署「第14回清水興津港フェア」において税関展を開催している様子
  平成26年10月17日(金)清水税関支署沼津出張所、不正薬物・銃器密輸撲滅キャンペーンを実施

  名古屋税関清水税関支署沼津出張所は、薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)に伴い、沼津みなと新鮮館イベント広場において不正薬物・銃器密輸撲滅キャンペーンを実施し、沼津魚市場の利用客に対して、リーフレット等の広報グッズの配布を行うとともに、密輸に関する情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

numazu
numazu
 平成26年10月16日(木)名古屋税関、岐阜県立各務原西高等学校の薬物乱用防止教室で講演

  名古屋税関は、岐阜県立各務原西高等学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約880名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬の臭いの付いた箱に反応する姿を見た生徒からの大きな拍手と驚きの声に会場が包まれた。

koen
koen
 平成26年10月16日(木)清水税関支署沼津出張所、熱海警察署と合同で不正薬物・銃器密輸撲滅キャンペーンを実施 

 名古屋税関清水税関支署沼津出張所は薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)に伴い、JR熱海駅で熱海警察署と合同で不正薬物・銃器密輸撲滅キャンペーンを実施し、駅の利用客に対して、リーフレット等の広報グッズの配布を行うとともに、密輸に関する情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。なお、キャンペーンには熱海温泉ホテル旅館協同組合のマスコットキャラクター「あつお」も協力参加し、キャンペーンを大いに盛り上げた。

JR熱海駅前「薬物及び銃器取締強化期間」街頭キャンペーン JR熱海駅前「薬物及び銃器取締強化期間」街頭キャンペーン
 平成26年10月15日(水)清水税関支署下田監視署、三機関合同で不正薬物・銃器密輸撲滅キャンペーンを実施 

 名古屋税関清水税関支署下田監視署は薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)に伴い、伊豆急下田駅で下田海上保安部及び下田警察署と合同で不正薬物・銃器密輸撲滅キャンペーンを実施し、伊豆急下田駅を利用する一般市民の方々に対して、リーフレット等の広報グッズの配布を行うとともに、密輸に関する情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

清水税関支署下田監視署「薬物及び銃器取締強化期間」キャンペーンの様子 清水税関支署下田監視署「薬物及び銃器取締強化期間」キャンペーンの様子
 平成26年10月15日(水)名古屋税関、岐阜県立池田高等学校の薬物乱用防止教室で講演 

 名古屋税関は、岐阜県立池田高等学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約450名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬の臭いの付いた箱に反応する姿を間近で見た生徒から大きな拍手が湧き起こった。

講演の様子 講演の様子
 平成26年10月10日(金)名古屋税関、アイシン精機(株)等の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、アイシン精機(株)等の社員約20名の訪問を受け入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

見学の様子 見学の様子
 平成26年10月9日(木)名古屋税関、岐阜市立梅林中学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜市立梅林中学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約140名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを実施し、麻薬の臭いの付いたバッグに反応する姿を間近で見た生徒から大きな拍手が湧き起こった。

薬物乱用防止教室の様子 薬物乱用防止教室の様子
 平成26年10月8日(水)稲永出張所、名古屋港湾労働者金城埠頭福祉センターにおいて、密輸撲滅キャンペーンを実施 

 名古屋税関稲永出張所は、監視部稲永分室取締部門と合同で薬物及び銃器取締強化期間に伴う広報活動の一環として、不正薬物・拳銃などの密輸撲滅キャンペーンを実施し、密輸に関する情報提供などを呼び掛けた。

稲永出張所「薬物及び銃器取締強化期間」キャンペーン 稲永出張所「薬物及び銃器取締強化期間」キャンペーン
 平成26年10月7日(火) 四日市税関支署、近鉄百貨店四日市店前広場(ふれあいモール)において街頭キャンペーンを実施 

 名古屋税関四日市税関支署は、近鉄百貨店四日市店前広場(ふれあいモール)において、四日市海上保安部、四日市南警察署、四日市市役所及び関係業界と合同で薬物及び銃器取締強化期間にかかる街頭キャンペーンを実施し、多数の市民に対し密輸情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

四日市税関支署「薬物及び銃器取締強化期間」キャンペーン 四日市税関支署「薬物及び銃器取締強化期間」キャンペーン
 平成26年10月7日(火)四日市市立港中学校生徒の職場見学受入れ

 名古屋税関四日市税関支署は、四日市市立港中学校1年生9名を同校が実施している総合学習の一環である「港地区調べ学習」のために受入れ、税関業務の説明を実施した。

見学の様子
 平成26年10月7日(火)名古屋税関、平成26事務年度第1回「税関モニターとの意見交換会」等を実施

 名古屋税関は、事務運営の改善や税関行政サービスの一層の向上を図るため、税関モニター(貿易・旅行業関係者や教育関係者等の有識者)との意見交換会及び税関施設を紹介した。

iken
iken
  平成26年10月7日(火)名古屋税関、名古屋市立桜丘中学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、名古屋市立桜丘中学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約100名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後の麻薬探知犬によるデモンストレーションでは、探知犬が麻薬の臭いが付いた箱を探し当てると生徒からは大きな歓声が上がった。

講演の様子 講演の様子
  平成26年10月5日(日)名古屋税関、名古屋港水族館前(JETTY前広場)で密輸撲滅キャンペーンを実施

 名古屋税関は、「薬物及び銃器取締強化期間」(10月1日〜31日)の実施に伴い、名古屋港水族館前(JETTY前広場)で、名古屋海上保安部、愛知県港警察署、名古屋通関業会及び名古屋保税会と合同で、不正薬物・拳銃などの密輸撲滅キャンペーンを実施し、密輸に関する情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

名古屋税関「薬物及び銃器取締強化月間キャンペーン」の様子 名古屋税関「薬物及び銃器取締強化月間キャンペーン」の様子
  平成26年10月3日(金)中部空港税関支署、中部国際空港駅前において、密輸撲滅キャンペーンを実施

 名古屋税関中部空港税関支署は、薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)の実施に伴い、中部国際空港駅(愛知県常滑市)前において、中部外郵出張所、中部空港海上保安航空基地、中部空港警察署、中部空港通関事務研究会及び保税会中部空港支部と合同で不正薬物・拳銃などの社会悪物品の密輸撲滅キャンペーンを実施し、密輸に関する情報の提供及び薬物乱用の防止を呼び掛けた。

中部空港税関支署「薬物及び銃器取締強化」キャンペーン 中部空港税関支署「薬物及び銃器取締強化」キャンペーン
  平成26年10月3日(金)清水税関支署、JR清水駅で密輸撲滅キャンペーンを実施 

 名古屋税関清水税関支署は、薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)の実施に伴い、JR清水駅東西自由通路で、清水海上保安部、名古屋通関業会清水支部及び清水女性倶楽部と合同で、不正薬物・拳銃などの密輸撲滅キャンペーンを実施し、密輸に関する情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

清水「薬物及び銃器取締強化期間」キャンペーンの様子 清水「薬物及び銃器取締強化期間」キャンペーンの様子
  平成26年10月2日(木)名古屋税関、岐阜県立羽島北高校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜県立羽島北高校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約950名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。

講演の様子 講演の様子
  平成26年10月2日(木)豊橋税関支署及び蒲郡出張所、蒲郡駅で街頭キャンペーンを実施

 名古屋税関豊橋税関支署及び蒲郡出張所は、薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)の実施に伴い、蒲郡駅において蒲郡警察署、三河海上保安署と合同で不正薬物・拳銃などの密輸撲滅キャンペーンを実施し、密輸に関する情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

豊橋税関支署「薬物及び銃器取締強化キャンペーン」 豊橋税関支署「薬物及び銃器取締強化キャンペーン」
  平成26年10月1日(水)名古屋税関、高年大学鯱城学園(国際学科)の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、本年9月26日(金)に続いて高年大学鯱城学園(国際学科)の生徒約40名の訪問を受け入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品の取締状況や管内の貿易統計等を通して税関の役割や取組みについて説明した。

見学の受け入れの様子 見学受入れの様子
  平成26年10月1日(水)豊橋税関支署、豊橋駅前で街頭キャンペーンを実施

 名古屋税関豊橋税関支署は、薬物及び銃器取締強化期間(10月1日〜31日)の実施に伴い、豊橋駅東口において豊橋警察署、三河海上保安署、豊友会と合同で不正薬物・拳銃などの密輸撲滅キャンペーンを実施し、密輸に関する情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

豊橋「薬物及び銃器取締強化期間」にかかるキャンペーンの様子 豊橋「薬物及び銃器取締強化期間」にかかるキャンペーンの様子
  平成26年9月26日(金)名古屋税関、高年大学鯱城学園(国際学科)の訪問を受け入れ

  名古屋税関は、高年大学鯱城学園(国際学科)の生徒約40名の訪問を受け入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品の取締状況や管内の貿易統計等を通して税関の役割や取組みについて説明した。

kengaku
kengaku
  平成26年9月25日(木)名古屋税関、麻薬探知犬の新規配備に伴う訓練の様子を公開

 名古屋税関は、中部国際空港島内に所在する麻薬探知犬管理センターにおいて、今年9月に新規配備となった麻薬探知犬(ラブラドール・レトリバー)2頭の訓練の様子を報道公開した。訓練では、「シェルハ号(黄色)」がベルトコンベア付近のスーツケース、「ミル号(黒色)」が旅客に扮した職員が持つバッグの麻薬の臭いを見事探し当て、ハンドラーと息の合った仕事ぶりを披露した。

新規に配備された麻薬探知犬の訓練の様子 新規に配備された麻薬探知犬の訓練の様子
  平成26年9月19日(金)名古屋税関、平成26年8月分の管内貿易概況(速報)を発表

  名古屋税関は、平成26年8月分の管内の貿易概況(速報)を発表した。輸出額は1兆3,372億円で2ヵ月ぶりの減少。輸入額は8,788億円で17ヵ月連続の増加。差引額は4,584億円(貿易黒字)で2ヵ月ぶりの減少となった。

(→発表資料はこちら

happyo happyo
  平成26年9月16日(火)名古屋税関、岐阜県主催のセミナーで「経済連携協定(EPA)」に関する講演を実施

 名古屋税関は、岐阜県が岐阜県シンクタンク庁舎で開催した「岐阜県物流セミナー」において、「経済連携協定(EPA)における原産地規則・手続編」と題して講演を行った。同セミナーでは、業務部高見原産地調査官を講師とし、経済連携協定(EPA)に基づく特恵税率の適用、貨物の原産性を証明する原産地証明書の記載内容等を織り交ぜた原産地証明書の有効性の確認、運送要件証明書の取扱いについて説明した。【配布資料「経済連携協定(EPA)における原産地規則・手続編」「EPA原産地規則の初歩」「事前教示のご案内」】この模様は地元新聞に掲載されるなど関心の高さが窺われた。

<講演内容>

 経済連携協定(EPA)における原産地規則 手続編

  ・原産地証明書の有効性の確認について

  ・運送要件証明書の取扱いについて

平成26年9月16日岐阜県EPAセミナー

平成26年9月16日岐阜県EPAセミナー

                           名古屋税関業務部 高見原産地調査官

  平成26年9月12日(金)名古屋税関、平成26年上半期分の名古屋税関における知的財産侵害物品の差止状況を発表

 名古屋税関は、平成26年上半期(1月〜6月)の管内における偽ブランド品等の知的財産侵害物品の差止状況を報道機関に発表した。輸入差止件数は2,763件と上半期分で前年分を上回り、過去最多を記録した。(⇒発表資料へ

平成26年上半期分の名古屋税関における知的財産侵害物品の差止状況発表の様子 平成26年上半期分の名古屋税関における知的財産侵害物品の差止状況発表の様子
  平成26年9月12日(金)清水税関支署、司法修習生に対する講義及び施設見学の受入れを実施

 名古屋税関清水税関支署は、静岡地方検察庁における司法修習生に対する実務修習の一環として、第67期司法修習生等16名に対し、清水税関支署及び清水コンテナ検査センターにおいて、講義及び施設見学を受入れた。講義では、税関の概要や不正薬物等の摘発状況について説明を行い、施設見学では、業務の概要説明や施設を案内した。

講義の様子 講義の様子
  平成26年9月9日(火)名古屋税関、三重県名張市立北中学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、三重県名張市立北中学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約170名を対象に講演を行った。講演では、税関の組織や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを行った。麻薬探知犬が活躍する一端を目にした生徒達からは、拍手とともに歓声が上がった。

nabari-1
nagari-2
  平成26年9月9日(火)清水税関支署、清水港物流視察会において講演

 名古屋税関清水税関支署は、清水港ポートセールス実行委員会主催の「清水港物流視察会」に講師を派遣し、清水マリンターミナルにおいて、静岡県西部地区の荷主企業の物流担当者等189名に対し、「税関の業務」と題した講演を実施した。講演では、税関の役割や組織、関税局・税関における取組み等について説明を行った。

講演1 講演2
   平成26年9月3日(水)名古屋税関、岐阜県立山県高校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜県立山県高校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約450名を対象に講演を行った。講演では、税関の使命や役割の他、薬物を乱用した際の身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを行った。麻薬探知犬の活動ぶりを間近で見た生徒達からは、大きな拍手と歓声が湧き起こった。

yamagata
yamagata
   平成26年9月2日(火)名古屋税関、名古屋港管理組合職員の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、本関及び西部出張所において名古屋港管理組合職員5名の訪問を受け入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

見学1 見学2

 

  平成26年8月29日(金)名古屋税関、岐阜県岐南町立岐南中学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜県岐南町立岐南中学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員等約240名を対象に講演を行った。講演では、薬物を乱用した際に身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明したほか、不正薬物等の密輸を取り締まる税関の役割と取り組みについて紹介した。また、講演後に麻薬探知犬によるデモンストレーションを行い、麻薬探知犬の日頃の活躍の一端を紹介すると生徒から大きな拍手と歓声が上がった。

koen1
koen2
  平成26年8月22日(金)清水税関支署、諏訪地区通関懇談会会員に対し概況説明を実施

 名古屋税関清水税関支署は、諏訪地区通関懇談会会員16名による清水港視察に際し、スライドを用いて清水港の概要及び清水税関支署の歴史と概況等についての説明を行った。

見学2 見学1
  平成26年8月21日(木)名古屋税関、平成26年7月分の管内貿易概況(速報)を発表

 名古屋税関は、平成26年7月分の管内の貿易概況(速報)を発表した。輸出額は1兆5,914億円で3ヵ月ぶりの増加。輸入額は9,380億円で16ヵ月連続の増加。差引額は6,534億円(貿易黒字)で3ヵ月ぶりの増加となった。名古屋港における輸出額は1兆227億円で35ヵ月連続全国第1位。(報道発表資料はこちら

発表1 発表2
  平成26年8月12日(火)名古屋税関、保管通貨・証券等を公開

  名古屋税関は、終戦後、外地からの引揚者の方からお預かりしている通貨・証券等を報道機関に公開し、広く返還を呼び掛けた。税関では、昭和28年以降、お預かりした通貨・証券等の返還を行っているが、未返還のものが多いため、報道機関等の協力を得て返還の促進を図っている。(→引揚者の皆様へリンク

hokan hokan-2
  平成26年8月12日(火)名古屋税関、トレーディア株式会社のインターンシップ研修生の訪問を受け入れ

  名古屋税関は、トレーディア株式会社のインターンシップ研修生の訪問を受け入れ、税関の業務について紹介するとともに、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

kengaku kengaku-2

 

  平成26年7月24日〜25日、8月1日、8月4〜5日、中部空港税関支署、セントレア親子サマースクールを受入れ

  名古屋税関中部空港税関支署は、中部国際空港知多地区連絡協議会が主催する「セントレア親子サマースクール」を受入れた。計5日間で、地元の5市5町(知多市や南知多町など)の小学生の親子約400人が参加し、税関の役割について説明を行った後、麻薬探知犬によるデモンストレーション及び空港内税関施設の見学を実施した

見学1 見学2

 

  平成26年8月3日(日)四日市税関支署、「四日市港まつり」において税関展を開催 

 名古屋税関四日市税関支署は、「四日市港まつり」(同実行委員会主催)において税関展を開催した。税関が摘発した不正薬物の密輸手口、偽ブランド品、ワシントン条約該当物品やパネルを展示して、会場を訪れた来場者に対し、不正薬物の恐ろしさを伝えるとともに、密輸情報の提供などを呼び掛けた。

  平成26年7月25日(金)名古屋税関、平成26年上半期分及び平成26年6月分の管内貿易概況(速報)を発表

 平成26年上半期分及び平成26年6月分の管内の貿易概況(速報)を発表した。平成26年上半期分の輸入額は5兆4,404億円で9期連続の増加となり過去最高を更新した。輸出額は8兆5,273億円で3期連続の増加。差引額は3兆869億円(貿易黒字)で3期ぶりの減少となった。名古屋港における輸出額は5兆4,500億円で6期連続全国第1位。(報道発表資料はこちら

  平成26年7月23日(水)名古屋税関、東陽倉庫株式会社等の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、東陽倉庫株式会社等の社員19名の訪問を受け入れ、名古屋税関管内の貿易概況や不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

  平成26年7月21日(月・祝)豊橋税関支署、豊橋みなとフェスティバル2014において税関展を開催

 豊橋税関支署は、豊橋みなとフェスティバル2014(豊橋みなとフェスティバル主催)において税関展を開催した。密輸の手口や知的財産侵害物品、保管証券(見本)などを展示し、来場者に対して税関の役割を伝えるとともに、密輸情報の提供を呼び掛けた。

  平成26年7月17日(木)名古屋税関、岐阜県本巣市立本巣中学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜県本巣市立本巣中学校で薬物乱用防止教室を開催し、生徒及び教職員約200名を対象に講演を行った。講演では、薬物を乱用した際に身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明したほか、不正薬物等の密輸を取り締まる税関の役割と取り組みについて紹介した。

  平成26年7月16日(水)名古屋税関、(株)ニチレイ・ロジスティクス東海の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、(株)ニチレイ・ロジスティクス東海の社員7名の訪問を受け入れ、スライドや不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

  平成26年7月14日(月)名古屋税関、名城大学経営学部の学生の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、名城大学経営学部の学生等23名の訪問を受け入れ、スライドや不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

  平成26年7月10日(木)名古屋税関、河上名古屋税関長の着任記者会見

 7月4日付人事異動により就任した河上洋右(かわかみ ようすけ)名古屋税関長が本日、着任会見を行った。税関長は、報道各社に対し、税関の3つの使命を果たすため、警察や海上保安庁などの関係取締機関との連携を一層密にし、水際取締りを強化するとともに、AEO制度の利用拡大やEPA制度の利用促進等に取り組み、セキュリティを確保しつつ貿易円滑化の推進に努めていきたいなどと抱負を述べた。

  平成26年7月8日(火)名古屋税関、河上名古屋税関長が初登庁

 7月4日付人事異動により就任した河上洋右(かわかみ ようすけ)名古屋税関長が職員に迎えられ本日初登庁し、税関の使命である「安全・安心な社会の実現」「適正かつ公平な関税等の徴収」「人・モノの移動の円滑化」について職員と共に全力で取り組むとともに、国民へ向けた「積極的な広報活動」や災害時等における「危機管理の重要性」など訓示を述べた。

  平成26年6月25日(水)名古屋税関、長野県伊那地区防犯協会の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、長野県伊那地区防犯協会会員等19名の訪問を受け入れ、スライドや不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

見学1 見学2
  平成26年6月24日(火)名古屋税関、法務局・地方法務局職員中等科研修生の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、法務局・地方法務局職員中等科研修生等42名の訪問を受け入れ、スライドや不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

見学1 見学2

 

  平成26年6月23日(月)名古屋税関、岐阜県笠松町立笠松中学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜県笠松町立笠松中学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約740名を対象に講演を行った。講演では、薬物を乱用した際に身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明したほか、不正薬物等の密輸を取り締まる税関の役割と取り組みについて紹介した。また、講演後の麻薬探知犬によるデモンストレーションでは、麻薬探知犬が不正薬物の匂いが付いた箱を探し当てると生徒から大きな歓声が上がった。

講演1 講演2
  平成26年6月22日(日)名古屋税関監視部及び岐阜政令派出事務所、JR岐阜駅前において、街頭キャンペーンを実施

名古屋税関監視部及び岐阜政令派出事務所は、岐阜県が実施した「ダメ。ゼッタイ。」普及運動6・26ヤング街頭キャンペーンに併せて、JR岐阜駅前において、岐阜インランド・デポ協議会と合同で不正薬物・けん銃などの密輸防止キャンペーンを実施し、密輸防止及び密輸に関する情報の提供を呼び掛けた。

キャンペーン1

  平成26年6月19日(木)名古屋税関、平成26年5月分の管内貿易概況(速報)を発表 

 名古屋税関は平成26年5月分の管内貿易概況(速報)を発表した。輸出額は1兆3,249億円で17ヵ月ぶりの減少。輸入額は8,973億円で14ヵ月連続の増加。差引額は4,276億円(貿易黒字)。 (報道発表資料はこちら

統計1 統計2

 

  平成26年6月19日(木)名古屋税関、愛知県立春日井西高等学校の薬物乱用防止教室で講演 

 名古屋税関は、愛知県立春日井西高等学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約850名を対象に講演を行った。講演では、薬物を乱用した際に身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明したほか、不正薬物等の密輸を取り締まる税関の役割と取り組みについて紹介した。また、講演後の麻薬探知犬によるデモンストレーションでは、麻薬探知犬が不正薬物の匂いが付いた鞄を探し当てると生徒から大きな歓声が上がった。

講演1 講演2
  平成26年6月19日(木)名古屋税関、鈴与株式会社及び鈴与通関株式会社に認定通関業者認定書を交付 

 井川名古屋税関長は、認定通関業者(AEO事業者)として認定した鈴与株式会社及び鈴与通関株式会社に対し、名古屋港湾合同庁舎において認定書を交付した。

  平成26年6月17日(火)名古屋税関、名古屋市立滝の水中学校の訪問を受け入れ

  名古屋税関は、名古屋市立滝の水中学校の生徒(2年生)24名の訪問を受け入れ、スライドや不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

     

 平成26年6月16日(月)名古屋税関、岐阜県海津市立城南中学校の薬物乱用防止教室で講演

 名古屋税関は、岐阜県海津市立城南中学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約270名を対象に講演を行った。講演では、薬物を乱用した際に身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明したほか、不正薬物等の密輸を取り締まる税関の役割と取り組みについて紹介した。また、講演後の麻薬探知犬によるデモンストレーションでは、麻薬探知犬が不正薬物の匂いが付いた鞄を探し当てると生徒から大きな歓声が上がった。

講演1 講演2
 平成26年6月12日(木)名古屋税関、岐阜県・名古屋税関行政連絡会を開催 

 名古屋税関は、岐阜県庁において、岐阜県・名古屋税関行政連絡会を開催した。同連絡会は、経済のグローバル化の進展、貿易の拡大を踏まえ、地域経済の活性化・国際化を一層推進していくことを目的として開催したもので、岐阜県の物流概況をはじめ、岐阜県内企業の海外展開、貿易円滑化への取り組み等について、活発な意見交換が行われた。

連絡会1 連絡会2
 平成26年6月11日(水)名古屋税関、大垣市立西部中学校の薬物乱用防止教室で講演 

 名古屋税関は、大垣市立西部中学校で開催された薬物乱用防止教室で、生徒及び教職員約280名を対象に講演を行った。講演では、薬物を乱用した際に身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明したほか、不正薬物等の密輸を取り締まる税関の役割と取り組みについて紹介した。また、講演後の麻薬探知犬によるデモンストレーションでは、麻薬探知犬が不正薬物の匂いが付いた箱を探し当てると生徒から大きな歓声が上がった。

 平成26年6月9日(月)名古屋税関、長野県・名古屋税関行政連絡会を開催 

 名古屋税関は、松本空港ターミナルビルにおいて、長野県・名古屋税関行政連絡会を開催した。同連絡会は、経済のグローバル化の進展、貿易の拡大を踏まえ地域経済の活性化・国際化を一層推進していくことを目的として開催したもので、信州まつもと空港の状況、長野県内企業の海外展開、貿易円滑化への取り組み等について活発な意見交換が行われた。

  平成26年6月6日(金)四日市税関支署、三重県立四日市工業高等学校で「薬物乱用防止教室」を実施

 名古屋税関四日市税関支署は、三重県立四日市工業高等学校において「薬物乱用防止教室〜薬物乱用と税関の取締〜」と題して、生徒及び教員約1,000名を対象に講演を行った。講演では、薬物を乱用した際に身体や社会へ及ぼす影響などについて説明したほか、不正薬物等の密輸を取り締まる税関の役割と取り組みについて紹介すると、生徒たちは熱心に耳を傾けていた。また、講演後の麻薬探知犬によるデモンストレーションでは、麻薬探知犬が薬物の臭いが付いた手提げ袋を探し当てると生徒から歓声が上がった。

講演1 講演2
  平成26年6月5日(木)名古屋税関、検察事務官初等科研修研修員の訪問を受け入れ 

 名古屋税関は、検察事務官初等科研修研修員39名の訪問を受け入れ、税関の役割や取り組み等について説明するとともに、不正薬物や知的財産侵害物品等の密輸手口等を紹介した。

見学1 見学2
  平成26年5月30日(金)名古屋税関、岐阜市立岐阜商業高等学校の「薬物乱用防止教室」で講演 

 名古屋税関は、岐阜市立岐阜商業高等学校で開催された「薬物乱用防止教室」で、生徒及び教職員約490名を対象に講演を行った。講演では、薬物を乱用した際に身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明したほか、不正薬物等の密輸を取り締まる税関の役割と取り組みについて紹介した。また、講演後の麻薬探知犬によるデモンストレーションでは、麻薬探知犬が不正薬物の匂いが付いた鞄を探し当てると生徒から大きな歓声が上がった。

講演1 講演2
  平成26年5月28日(水)名古屋税関、愛知県立中川商業高等学校の訪問を受け入れ 

 名古屋税関は、愛知県立中川商業高等学校(3年生)約70名の訪問を受け入れ、スライドや不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を通じて税関の役割や取り組み等について説明した。

見学1 見学2
  平成26年5月27日(火)名古屋税関、東海財務局と「大規模災害発生時における代替災害対策本部の設置に関する覚書」を締結

 名古屋税関は、東海財務局と南海トラフの巨大地震等による大規模災害に際し状況に応じて、相互に両機関の代替災害対策本部の設置を許可する等、円滑かつ迅速な災害応急対策の実施に向けた連携を図ることを目的に、「大規模災害発生時における代替災害対策本部の設置に関する覚書」を締結した。

  平成26年5月24日(土)・25日(日)清水税関支署、清水港フラワーショー&インポートバザールで税関展を開催 

 名古屋税関清水税関支署は、5月24日(土)・25日(日)の2日間、清水マリンターミナルにおける「清水港フラワーショー&インポートバザール」で税関展を開催した。広報用DVDを上映したほか、税関業務を紹介したパネル、不正薬物の密輸事例及び偽ブランド品等を展示した。また、リーフレットを来場者に配布し密輸に関する情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

税関展1 税関展2
  平成26年5月23日(金)名古屋税関、愛知県半田保健所における「薬物乱用防止推進協議会」で講演

 名古屋税関は、愛知県半田保健所において開催された「薬物乱用防止推進協議会」で「最近における主な不正薬物の密輸動向について」と題し、出席者約40名を対象に講演を行った。講演では、薬物を乱用した際に身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明したほか、不正薬物等の密輸を取り締まる税関の役割と取り組みについて紹介した。

  平成26年5月23日(金)名古屋税関、多気町立勢和中学校の訪問を受け入れ 

 名古屋税関は、多気町立勢和中学校の生徒(2年生)6名の訪問を受け入れた。スライドによる業務説明や、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を紹介し、税関の役割や取り組み等について説明した。

見学1 見学2
  平成26年5月23日(金) 愛知学院大学において講演

  名古屋税関は、愛知学院大学において中部経済論を受講している学生約200名を対象に「税関行政〜税関の役割と重要性〜」と題して講演を行い、税関の3つの使命や、世界貿易の構造変化と我が国の貿易動向などについて説明した。

 

 平成26年5月23日(金) 中京大学において講演

  名古屋税関は、中京大学において経済学特殊講義を受講している学生約120名を対象に「税関行政〜税関の役割と重要性〜」と題して講演を行い、税関の3つの使命や、世界貿易の構造変化と我が国の貿易動向などについて説明した。

  

 平成26年5月22日(木)名古屋税関、平成26年4月分の管内貿易概況(速報)を発表

 名古屋税関は平成26年4月分の管内の貿易概況(速報)を発表した。輸出額は1兆5,480億円で16ヵ月連続の増加。輸入額は8,707億円で13ヵ月連続の増加。差引額は6,773億円(貿易黒字)。(報道発表資料はこちら

 

   平成26年5月22日(木)井川名古屋税関長「第5回東海・東南海・南海地震対策中部圏戦略会議」に出席

  井川名古屋税関長は、名古屋市港区で開催された「第5回東海・東南海・南海地震対策中部圏戦略会議」に出席し、発災後における税関の責務について紹介したこの会議は、中部圏の国の出先機関、地方公共団体、地元経済界、ライフライン関係企業等95機関から構成され、来るべき巨大地震に備え、中部圏の地震防災基本戦略等の検討を行うものである。

会議1 会議2
   平成26年5月22日(木)愛知大学において講演

 名古屋税関は、愛知大学において日本経済特殊講義を受講している学生約60名を対象に講演を行い、税関の役割と重要性について説明した。

講義1 講義2
   平成26年5月21日(水)清水税関支署下田監視署、三機関合同で「不正薬物・銃器密輸撲滅キャンペーン」を実施

 名古屋税関清水税関支署下田監視署は、伊豆急行下田駅周辺において下田警察署及び下田海上保安部と合同で「不正薬物・銃器密輸撲滅キャンペーン」を実施し、駅を利用する一般市民の方々に対して、リーフレットの配布を行うとともに、密輸撲滅及び情報提供の協力を呼び掛けた。

キャンペーン1 キャンペーン2
   平成26年5月20日(火)名古屋税関、桑名市立陽和中学校の訪問を受け入れ 

 名古屋税関は、桑名市立陽和中学校の生徒(2年生)5名の訪問を受け入れた。スライドによる業務説明や、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を紹介し、税関の役割や取り組み等について説明した。

見学1
   平成26年5月19日(月)名古屋税関、愛知海運株式会社の訪問を受け入れ 

 名古屋税関は、愛知海運株式会社の社員9名の訪問を受け入れた。スライドによる業務説明や、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を紹介し、税関の役割や取り組み等について説明した。

見学1 見学2
   平成26年5月16日(金)豊橋税関支署、JR豊橋駅周辺において街頭キャンペーンを実施 

 名古屋税関豊橋税関支署は、JR豊橋駅周辺において、豊橋警察署、三河海上保安署、豊友会と合同で薬物及び銃器取締強化期間にかかる街頭キャンペーンを実施し、多数の市民に対し密輸に関する情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

キャンペーン1 キャンペーン2
   平成26年5月15日(木)名古屋税関三重県吉田山会館において、三重県・名古屋税関行政連絡会を開催

 名古屋税関は、三重県吉田山会館において、三重県・名古屋税関行政連絡会を開催した。同連絡会は、経済のグローバル化の進展、貿易の拡大を踏まえ、地域経済の活性化・国際化を一層推進していくことを目的として開催したもので、三重県内の貿易動向をはじめ、三重県内企業の国際展開、貿易円滑化への取り組み等について、活発な意見交換が行われた。

   平成26年5月15日(木)名古屋税関、浜松啓陽高等学校の「薬物乱用防止教室」で講演

 名古屋税関は、静岡県浜松啓陽高等学校で開催された「薬物乱用防止教室」で、生徒及び教職員約500名を対象に講演を行った。講演では、薬物を乱用した際に身体や社会へ及ぼす悪影響などについて説明したほか、不正薬物等の密輸を取り締まる税関の役割と取り組みについて紹介した。また、講演後の麻薬探知犬によるデモンストレーションでは、麻薬探知犬が不正薬物の匂いが付いた箱を探し当てると生徒から大きな歓声が上がった。

講演1 講演2
   平成26年5月14日(水)名古屋税関、中部職業能力開発促進センター名古屋港湾労働分所の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、中部職業能力開発促進センター名古屋港湾労働分所の訓練生等32名の訪問を受け入れた。スライドによる業務説明や、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品を紹介し、税関の役割や取り組み等について説明した。

見学1 見学2

 

   平成26年5月14日(水)中部空港税関支署、薬物及び銃器取締強化期間に伴う街頭キャンペーンを実施

 名古屋税関中部空港税関支署は、5月7日からの「薬物及び銃器取締強化期間」の実施に伴い、中部国際空港駅前において、中部空港警察署、中部空港海上保安航空基地、中部空港通関事務研究会及び名古屋税関保税会中部空港支部と合同で不正薬物・けん銃などの社会悪物品の密輸撲滅キャンペーンを実施し、密輸に関する情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

キャンペーン1 キャンペーン2
   平成26年5月14日(水)名古屋税関、EPA(経済連携協定)利用支援セミナーを開催
 名古屋税関は、清水マリンビルにおいて、静岡財務事務所、静岡商工会議所及びジェトロ静岡と共催で「EPA利用支援セミナー」を開催した。本セミナーは、EPAの利用促進、企業の国際的な活動を側面から支援することを目的に開催したもので、静岡県内の企業を中心とした参加者約100名に対し、尾本業務部長、三宅原産地調査官からEPA概要[講演資料]及び原産地規則[講演資料]について、日本商工会議所国際部龍谷主査から特定原産地証明書の取得[講演資料1] [講演資料2]について講演を行った。また、村木静岡財務事務所長からの「社会保障と税の一体改革」と題した講演では、改革の趣旨の他、企業のアジア各国への進出支援に向けた地域金融機関の取組み[講演資料]についても説明があり、参加者は適時な話題として熱心に耳を傾け活発な質疑応答が行われた。

セミナー1 セミナー2 セミナー3
 

  平成26年5月14日(水) 四日市税関支署、近鉄百貨店四日市店前広場(ふれあいモール)において街頭キャンペーンを実施

 名古屋税関四日市税関支署は、近鉄百貨店四日市店前広場(ふれあいモール)において、四日市海上保安部、四日市南警察署、四日市保健所、四日市市役所及び関係業界と合同で薬物及び銃器取締強化期間にかかる街頭キャンペーンを実施し、多くの市民に対し密輸情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。 

   平成26年5月14日(水) 津出張所、津エアポートライン旅客船ターミナルにおいて街頭キャンペーンを実施

名古屋税関四日市税関支署津出張所は、津港及び松阪港に所在する津エアポートライン旅客船ターミナルにおいて、薬物及び銃器取締強化期間にかかる街頭キャンペーンを実施し、中部国際空港行き高速船利用者に対し密輸情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

  平成26年5月10日(土)名古屋税関、イオンモール名古屋みなとにおいてキャンペーンを実施

 名古屋税関は、「薬物及び銃器取締強化期間」(5/7〜5/31)にあわせて、イオンモール名古屋みなとにおいて、名古屋海上保安部、愛知県港警察署及び関係業会と合同で「不正薬物・銃器密輸撲滅キャンペーン」を実施し、来店者に対してリーフレット及び密輸防止啓発グッズの配布を行い、密輸撲滅及び情報提供を呼び掛けた。

キャンペーン1 キャンペーン2

 

  平成26年5月9日(金)沼津出張所、サンウェルぬまづにおいて「税関パネル展」を開催 

 名古屋税関清水税関支署沼津出張所は、5月9日から5月15日まで、サンウェルぬまづ1階展示ギャラリーにおいて「税関パネル展」を開催し、税関の歴史や役割、密輸手口等を紹介したパネルやポスター等を展示している。

税関展1 税関展2
  平成26年5月9日(金)清水税関支署、JR清水駅周辺において街頭キャンペーンを実施

 名古屋税関清水税関支署は、JR清水駅周辺において、清水海上保安部、名古屋通関業会清水支部及び国際ソロプチミスト清水と合同で薬物及び銃器取締強化期間にかかる街頭キャンペーンを実施し、多数の市民に対し密輸情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

  平成26年5月8日(木)沼津出張所、JR沼津駅南口において街頭キャンペーンを実施

 名古屋税関清水税関支署沼津出張所は、「薬物及び銃器取締強化期間」(5/7〜5/31)にあわせて、JR沼津駅南口において「不正薬物・銃器密輸撲滅キャンペーン」を実施し、一般市民の方々に対してリーフレット及び密輸防止啓発グッズの配布を行い、密輸撲滅及び情報提供を呼び掛けた。

キャンペーン1 キャンペーン2
  平成26年5月7日(水)清水税関支署、伊東マリンタウンにおいて街頭キャンペーンを実施

 名古屋税関清水税関支署は、伊東マリンタウンにおいて、名古屋税関東伊豆地区名誉署長(海野伊東商工会議所会頭)、伊東警察署及び下田海上保安部と合同で薬物及び銃器取締強化期間にかかる街頭キャンペーンを実施し、多数の市民に対し密輸情報の提供及び薬物乱用防止を呼び掛けた。

  平成26年5月7日(水)稲永出張所及び監視部稲永分室、名古屋港湾労働者福祉センターにおいて街頭キャンペーンを実施

 名古屋税関稲永出張所及び監視部稲永分室は、5月7日に名古屋港湾労働者福祉センターにおいて薬物及び銃器取締強化期間にかかる街頭キャンペーンを実施し、港湾労働者に対しリーフレット及び密輸防止啓発グッズを配布して、密輸情報の提供依頼を行った。

キャンペーン1 キャンペーン2
  平成26年5月2日(金)名古屋税関、長島輪中図書館において税関展を開催 

 名古屋税関は、本年5月2日から6月21日まで、長島輪中図書館(三重県桑名市)と税関展を共催し、税関広報パネル約60点や麻薬探知犬の特大ポスターを展示するとともに、貿易や不正薬物関係の税関関連図書の閲覧展示と貸出を行っている。なお、5月20日(火)には麻薬探知犬のデモンストレーションを行う予定である。

税関展1 税関展2
  平成26年4月25日(金)中部空港税関支署、愛知県立岩倉総合高等学校の訪問を受入れ

 名古屋税関中部空港税関支署は、愛知県立岩倉総合高等学校の生徒(1年生)40名を受け入れた。これは、同校が企画した校外学習カリキュラムであり、ビデオやスライドを使って税関の仕事を紹介した後、麻薬探知犬によるデモンストレーション及び空港内税関施設の見学を実施した。

見学1 見学2
  平成26年4月24日(木)清水税関支署、袋井市立袋井南中学校の訪問を受け入れ

 名古屋税関清水税関支署は、袋井市立袋井南中学校の生徒(2年生)3名の訪問を受け入れ、税関業務説明や不正薬物の密輸手口、コピー商品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

見学1 見学2
  平成26年4月22日(火)名古屋税関、平成25年度分及び平成26年3月分の管内貿易概況(速報)を発表 

 名古屋税関は平成25年度分及び平成26年3月分の管内貿易概況(速報)を発表した。平成25年度の輸出額は17兆4,556億円で2年連続の増加。輸入額は10兆4,669億円で4年連続の増加。なお、年度単位で輸入額が10兆円を超えるのは初めてのことである。また、平成26年3月の輸出額は1兆4,880億円で15カ月連続の増加。輸入額は9,505億円で12カ月連続の増加。(報道発表資料はこちら

1 2

 

  平成26年4月21日(月)名古屋税関、旭運輸株式会社の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、旭運輸株式会社の社員6名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

見学1 2
  平成26年4月16日(水)名古屋税関、全国税関外国語弁論大会(英語の部)出場者選考会を開催 

 名古屋税関は、第18回全国税関外国語弁論大会(英語の部)出場者選考会を開催し、総勢9名の職員が「初級の部」「中級の部」「上級の部」の3クラスに分かれて出場した。職員は日頃の自己研鑽や英語研修の成果を如何なく発揮し、審査の結果、各クラスで優勝した3名が税関研修所において開催される本大会に名古屋税関代表として出場する。

1 2

 

  平成26年4月9日(水)名古屋税関、三協株式会社の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、三協株式会社の社員7名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

見学1 見学2
  平成26年4月8日(火)名古屋税関、名鉄観光サービス株式会社の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、名鉄観光サービス株式会社の社員18名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

見学1 見学2
 平成26年4月7日(月)名古屋税関、伊勢湾海運株式会社の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、伊勢湾海運株式会社社員39名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や、税関の役割や取り組み等について紹介した。

見学1 見学2
 平成26年4月3日(木)名古屋税関、「春休み親子税関見学会」を開催

 名古屋税関は、中部国際空港において、小・中学生とその保護者(18組50名)を対象とした春休み親子税関見学会を開催した。同見学会は、不正薬物、けん銃、知的財産侵害物品などの水際阻止に全力を挙げる税関の姿(役割)や不正薬物の恐ろしさなどを知ってもらうことを目的に開催したもので、参加者は税関の役割や密輸事例の説明を受けた後、税関の出国・入国検査場や麻薬探知犬のデモンストレーションなどを見学した。

見学会1 見学会2
 平成26年3月26日(水)名古屋税関、EPA(経済連携協定)利用支援セミナーを開催

 名古屋税関は、中部空港税関支署において中部国際空港島内に所在するフォワーダー事業者向けに「EPA(経済連携協定)利用支援セミナー」を開催した。本セミナーは、EPAの利用促進、企業の国際的な活動を側面から支援することを目的に、日本の経済連携協定の概要経済連携協定における原産地規則について講演を行った。会場となった会議室は約70名の参加者で満員となり、業界各社の関心の高さが伺えた。

【リーフレット資料】EPA税率の一例(メキシコ向け輸出マレーシア向け輸出タイ向け輸出インドネシア向け輸出ベトナム向け輸出

 平成26年3月25日(火)名古屋税関、平成25事務年度第2回「税関モニターとの意見交換会」等を実施

 名古屋税関は、事務運営の改善や税関行政サービスの一層の向上を図るため、税関モニター(貿易・旅行業関係者や教育関係者等の有識者)との意見交換会及び税関関連施設の視察を行った。

モニター1 モニター2

 平成26年3月20日(木)名古屋税関、平成26年2月分の管内貿易概況(速報)を発表
 名古屋税関は平成26年2月分の管内の貿易概況(速報)を発表した。平成26年2月分の輸出額は1兆4,452億円で14ヵ月連続の増加。輸入額は8,553億円で11ヵ月連続の増加。差引額は5,899億円(貿易黒字)。 (→資料へ)

発表の様子1 発表の様子2

 平成26年3月14日(金)名古屋税関、平成25年の管内における知的財産侵害物品の輸入差止状況を発表

 名古屋税関は、平成25年の管内における偽ブランド品等の知的財産侵害物品の輸入差止状況を報道機関に発表した。差止件数は前年に比べ3割増加の約2,500件と過去最高を記録した。( 資料へ

発表の様子1 発表の様子2

 

 平成26年3月5日(水)名古屋税関名誉署長(東伊豆地区)を委嘱

 井川名古屋税関長は伊東商工会議所において、同商工会議所会頭の海野英夫氏に対し、2期目となる東伊豆地区名誉署長を委嘱した。伊豆半島は東西及び南方向を海に囲まれ、複雑に入り組んだ海岸線に大小30以上の港が点在しているなど地域住民からの情報提供が必要不可欠であることから、海野名誉署長には税関と地域との橋渡し役として密輸情報のほか、税関行政に関わる地域社会の実情・要望等の伝達、地域社会の活性化・国際化を図る上での税関行政への提言等を行っていただくこととしている。

委嘱式1 委嘱式2
 平成26年3月5日(水)名古屋税関、麻薬探知犬の新規配備に伴う訓練の様子を公開

 名古屋税関は、中部国際空港に所在する麻薬探知犬管理センターにおいて、今年2月に新規配備となった「麻薬探知犬ビーム号」の訓練の様子を報道公開した。訓練では、ビーム号がベルトコンベアの上を回るスーツケースの中から麻薬の臭いの付いたカバンを見事探し当て、今後の活躍を期待させるものとなった。 

報道公開1 報道公開2 報道公開3
 平成26年3月4日(火)井川名古屋税関長、日本関税協会清水地区懇談会において講演を実施

 井川名古屋税関長は、静岡市清水区で開催された公益財団法人日本関税協会名古屋支部主催の清水地区懇談会において、「税関の3つの使命〜企業の海外活動支援と貿易円滑化〜」と題し、最近の貿易概況のほか、EPA(経済連携協定)をはじめとする貿易円滑化へ向けた取組み、社会悪物品や知的財産侵害物品に対する取締り及び摘発状況などについて講演を行った。

講演の様子1 講演の様子2

 

 平成26年3月3日(月)名古屋税関、名古屋港友会で講演 

 名古屋税関安井総務部長は、名古屋市港区で開催された名古屋港友会において、「最近の税関行政〜3つの使命と名古屋港貿易統計〜」と題して約150名に対して講演を行い、税関の水際における社会悪物品等の取締状況やEPA(経済連携協定)の利用拡大に向けた取組みのほか、名古屋港における貿易動向などについての説明を行った。

講演の様子
 平成26年3月3日(月)名古屋税関、商標権侵害物品の密輸入事件を告発

 名古屋税関は、商標権を侵害する携帯電話用ケース等970点を密輸入しようとした韓国人女性を関税法違反で本年2月27日に名古屋地方検察庁半田支部に告発。3月3日事件概要等を報道機関に発表するとともに、押収物件を公開した。(→ 資料へ

報道発表の様子1 報道発表の様子2
 平成26年2月28日(金)名古屋税関、麻薬探知犬のハンドラーへの密着取材に協力
名古屋税関は、港まちづくり協議会による麻薬探知犬のハンドラーへの密着取材に協力し、麻薬探知犬の訓練風景などハンドラーの1日について公開した。この模様は、「ぶらり港まち新聞」(フリーペーパー)の中の「港まちピープル」という名古屋港近隣で働く人を特集するコーナーに掲載されるもので、3月下旬発行予定である。

取材協力1 取材協力2

 平成26年2月26日(水)衣浦出張所、関係機関とテロ対策合同訓練を実施

 名古屋税関豊橋税関支署衣浦出張所は、衣浦港において名古屋海上保安部などの関係機関と合同で陸海空一体となったテロ対策訓練を実施した。同訓練は、テロ事案発生時における関係機関相互の連携・対応状況を確認し、関係機関の連携をより一層推進するとともに、事案対応能力の向上を図ることを目的として実施したもので、9機関の職員約70名が参加。船舶で衣浦港に入港したテロリストが国内の協力者に爆発物等を受け渡すのを阻止する想定で訓練は行われた。

   

     

 平成26年2月25日(火)四日市税関支署、関係機関とテロ対策合同訓練を実施

 名古屋税関四日市税関支署は、四日市港霞ケ浦南ふ頭において四日市海上保安部などの関係機関と合同で陸海空一体となったテロ対策訓練を実施した。同訓練は、テロ事案発生時における関係機関の連携強化や対応能力の向上を図る目的で実施したもので、7機関の職員約70名が参加。船舶で四日市港に入港したテロリストが、自ら起こした船舶火災に乗じて逃走を図るのを阻止し、港内に設置された爆発物を回収、処理、搬送する想定で訓練は行われた。

四日市1 四日市2
 平成26年2月21日(金)名古屋税関、平成26年1月分の管内貿易概況(速報)を発表

名古屋税関は、平成26年1月分の管内の貿易概況(速報)を発表した。平成26年1月分の輸出額は1兆3,110億円で13ヵ月連続の増加。輸入額は1兆0,169億円で10ヵ月連続の増加。差引額は2,941億円(貿易黒字)。

(報道発表資料はこちら)

  平成26年2月20日(木)名古屋税関、関係機関とテロ対策合同訓練を実施

  名古屋税関は、名古屋港ガーデンふ頭において名古屋海上保安部などの関係機関と合同で陸海空一体となったテロ対策訓練を実施した。同訓練は、テロ事案発生時における関係機関の連携強化や対応能力の向上を図る目的で実施したもので、8機関の職員約120名が参加。船舶で名古屋港に入港したテロリストが国内の協力者に爆発物等を受け渡すのを阻止する想定で訓練は行われた。

   

  平成26年2月20日(木)名古屋税関、EPA(経済連携協定)利用支援セミナーを開催

 名古屋税関は、岐阜商工会議所において東海財務局岐阜財務事務所、岐阜商工会議所と共催で「EPA(経済連携協定)の利用支援セミナー」を開催し、岐阜県内の製造業者、金融機関を中心に約60名が参加した。本セミナーは、EPAの利用促進、企業の国際的な活動を側面から支援することを目的に、EPAの概要原産地規則及び関税分類に関する講演を行い、竹村岐阜財務事務所長から「社会保障と税の一体改革」と題して講演があり、参加者は、適時な話題として熱心に耳を傾けていた。

セミナーの様子1 セミナーの様子2

 

  平成26年2月14日(金)中部空港税関支署、セントレア社会見学(名古屋市立砂田橋小学校)を受入れ

 名古屋税関中部空港税関支署は、中部国際空港鰍ェ主催する「セントレア社会見学」を受入れた。参加した名古屋市立砂田橋小学校の4年生約50人にビデオやスライドを使って税関の仕事を紹介した後、麻薬探知犬によるデモンストレーション及び空港内税関施設の見学を実施した。

社会見学の様子1 社会見学の様子2
  平成26年2月14日(金)名古屋税関、常滑高等学校生徒へ税関ポスター制作の感謝状を贈呈

  名古屋税関は、税関ポスターを制作した愛知県立常滑高等学校クリエイティブデザイン科3年生の生徒15名に感謝状を贈呈した。これは、国民の税関行政への認知度向上等を図るとともに、制作を通して生徒に税関への理解を深めてもらうために当関が制作を依頼したもので、生徒の作品15点は中部国際空港の税関展示室や各地で開催される税関展等において展示される。

 平成26年2月12日(水)名古屋税関、清水税関支署において静岡県・名古屋税関行政連絡会を開催

 名古屋税関は、清水税関支署において、静岡県・名古屋税関行政連絡会を開催した。同連絡会は、経済のグローバル化の進展、貿易の拡大を踏まえ、地域経済の活性化・国際化を一層推進していくことを目的として開催したもので、静岡県内の貿易動向をはじめ、富士山静岡空港及び清水港の状況、静岡県内企業の海外展開状況、貿易円滑化への取り組み等について、活発な意見交換が行われた。

行政連絡会1 行政連絡会2
 平成26年2月6日(木)名古屋税関、名古屋市立桜田中学校の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、名古屋市立桜田中学校の生徒(1年生)7名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

  平成26年2月5日(水)名古屋税関、名古屋市立豊正中学校の訪問を受け入れ

  名古屋税関は、名古屋市立豊正中学校の生徒(1年生)6名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

       

  平成26年2月4日(火)井川名古屋税関長、日本関税協会四日市地区懇談会において講演を実施

  井川名古屋税関長は、日本関税協会名古屋支部主催の四日市地区懇談会において「税関の3つの使命〜企業の海外活動支援と貿易円滑化〜」と題し、最近の貿易概況のほか、EPA(経済連携協定)をはじめとする貿易円滑化へ向けた取組み、不正薬物や知的財産侵害物品に対する取締り及び摘発状況などについて講演を行った。

   

  平成26年2月4日(火)清水税関支署、「フェルケール博物館友の会」の職場見学を受入れ

  名古屋税関清水税関支署は、「フェルケール博物館友の会」会員22名を職場見学として受入れた。スライドによる税関業務説明をした後、広報展示室の見学を行い、不正薬物等の密輸入における隠匿事例、ワシントン条約該当物品、コピー商品等の説明を行った。

 

   平成26年1月30日(木)名古屋税関、名古屋市立東稜中学校の訪問を受け入れ 

 名古屋税関は、名古屋市立東稜中学校の生徒(1年生)12名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

見学の様子
   平成26年1月30日(木)名古屋税関、三重県いなべ市立藤原中学校の訪問を受け入れ  

 名古屋税関は、三重県いなべ市立藤原中学校の生徒(2年生)9名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

訪問の受入れ
 平成26年1月29日(水) 名古屋税関、報道機関との懇談会を実施 

 名古屋税関は、報道機関の記者を対象に懇談会を実施した。当懇談会は、報道記者との一層の相互理解及び税関への関心を高めていただくことを目的として行った。                                                                                    当日は税関広報ビデオの上映、麻薬探知犬によるデモンストレーションを行い、税関幹部による税関業務説明等を行った。

懇談会の様子
平成26年1月29日(水)四日市税関支署、四日市市立桜中学校の職場体験学習を受入れ

 名古屋税関四日市税関支署は、1月27日から29日までの3日間、「職場体験学習」として四日市市立桜中学校2年生2名を受入れた。生徒たちは、税関の役割について説明を受けた後、外国貿易船等の監視取締、貨物検査、通関審査、保税取締などを体験し税関業務について学習した。

体験学習の様子
平成26年1月28日(火) 名古屋税関、平成25年分の管内貿易概況(速報)を発表
 平成25年分及び平成2512月分の管内の貿易概況(速報)を発表した。平成25年分の輸出額は171,746億円で2年連続の増加。輸入額は9兆9,947億円で4年連続の増加。差引額は7兆1799億円(貿易黒字)。 名古屋港における輸出額は、2年連続全国第1位となった。

(報道発表資料はこちら)

                                                                                 

発表の様子1 発表の様子2
  
 平成26年1月28日(火) 名古屋税関、繊維製品EPA特定原産地証明書活用セミナーを開催

 名古屋税関は、名古屋商工会議所と共催で「繊維製品EPA特定原産地証明書活用セミナー」を開催した。EPAの利用促進、繊維に携わる輸出者及び生産者の国際的な活動を側面から支援することを目的に、当関業務部原産地調査官から「EPAにおける原産地規則」に関する講演を行った。その他、日本商工会議所から「EPAの概要と特定原産地証明書取得までの流れ」、「繊維製品の品目別規則と具体的な申請手続きについて」、日本繊維産業連盟から「繊維産業のEPA活用について」と題して講演を行い、参加した繊維関係業者約30名は熱心に耳を傾けていた。

セミナーの様子1 セミナーの様子2
  平成26年1月24日(金) 名古屋税関、名古屋市立山田中学校の訪問を受け入れ
 名古屋税関は、名古屋市立山田中学校の生徒(1年生)13名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

見学の様子1 見学の様子2

 平成26年1月23日(木)名古屋税関、愛知県・名古屋税関行政連絡会を開催

 名古屋税関は、愛知県自治センター(名古屋市中区)において、愛知県・名古屋税関行政連絡会を開催した。同連絡会は地域社会により密着した行政施策を効果的に展開し、両行政機関の意思疎通を図ることを目的として開催したもので、「農林水産物・食品の輸出拡大に向けた環境整備」及び「EPA(経済連携協定)の利用促進」をテーマとして情報共有並びに活発な意見交換が行われた。

連絡会の様子1 連絡会の様子2
 平成26年1月22日(水)名古屋税関、名古屋市立御田中学校の訪問を受け入れ

名古屋税関は、名古屋市立御田中学校の生徒(1年生)4名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

 平成26年1月22日(水)名古屋税関、ミャンマー税関職員に対し受入研修を実施 

  名古屋税関は、1月20日から22日までの3日間、ミャンマー税関職員12名を受け入れ、通関及び分類実務の視察や、品目分類に関する事例研究等の研修を行った。これはODA(政府開発援助)の一環で税関分野における専門知識・技術移転を行う関税技術協力事業として行われたものである。

 平成26年1月21日(火)四日市税関支署、伊勢学園高等学校の「薬物乱用防止教室」で講演

 名古屋税関四日市税関支署は、伊勢学園高等学校で開催された「薬物乱用防止教室」で、生徒及び教員約240名を対象に講演を行った。講演では、薬物を乱用した際に身体や社会へ及ぼす影響などについて説明したほか、不正薬物等の密輸を取り締まる税関の役割と取り組みについて紹介した。また、講演後の麻薬探知犬によるデモンストレーションでは、探知犬が薬物の臭いが付いた手提げ袋を探し当てると生徒から歓声が上がった。

講演の様子1 講演の様子2
平成26年1月21日(火)井川名古屋税関長、日本関税協会豊橋地区懇談会において講演を実施

 井川名古屋税関長は、愛知県豊橋市で開催された公益財団法人日本関税協会名古屋支部主催の豊橋地区懇談会において、「税関の3つの使命〜企業の海外活動支援と貿易円滑化〜」と題し、最近の貿易概況のほかEPA(経済連携協定)をはじめとする貿易円滑化へ向けた取組み、社会悪物品や知的財産侵害物品に対する取締り及び摘発状況などについて講演を行った。

講演の様子1 講演の様子2
 平成26年1月17日(金)  名古屋税関、田原青色申告会会員の訪問を受け入れ

  名古屋税関は、田原青色申告会会員19名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

平成26年1月16日(木) 名古屋税関、三菱東京UFJ銀行社員に対し業務説明会を実施

 名古屋税関は、名古屋港湾合同庁舎において三菱東京UFJ銀行の外為担当社員12名に対し業務説明会を実施した。説明会では、@物流における税関の役割(税関の3つの使命、EPA利用促進のためのセミナーの実施、通関関係書類電子化・ペーパーレス化に向けた取り組み等)、A保税制度、B輸出入通関について、約1時間半の説明及び質疑応答を行った。

見学の様子1 見学の様子2
平成26年1月16日(木) 名古屋税関、名古屋市立一柳中学校の訪問を受け入れ

 名古屋税関は、名古屋市立一柳中学校の生徒(1年生)12名の訪問を受け入れ、スライドによる業務説明や、不正薬物の密輸手口、知的財産侵害物品等の展示物品の見学等を通じて、税関の役割や取り組み等について紹介した。

受入れの様子1 受入れの様子2

 

平成26年1月12日(日) 名古屋税関、「名古屋市消防出初式」において税関展を開催

 名古屋税関は、名古屋港ガーデンふ頭で行われた「名古屋市消防出初式」において税関展を開催し、税関が摘発した不正薬物の密輸手口、偽ブランド品、ワシントン条約該当物品等を展示して来場者に税関の役割や取り組みなどについて紹介した。

平成26年1月7日(火) 井川名古屋税関長が年頭挨拶

 井川裕昌名古屋税関長は、名古屋港湾合同庁舎において職員に対し年頭挨拶を行い、税関の使命である「安全・安心な社会の実現」「適正かつ公平な関税等の徴収」「貿易の円滑化の推進」について全力で取り組むとともに、これらを達成するため「情報の発信・受信」「人材育成」について重点的に取り組むよう述べた。

挨拶1 挨拶2

 


過去の名古屋税関の動き

平成25年 名古屋税関の動き

平成24年 名古屋税関の動き

平成23年 名古屋税関の動き

平成22年 名古屋税関の動き

平成21年 名古屋税関の動き

平成20年 名古屋税関の動き