現在位置:
ホーム > 沖縄地区税関 > 沖縄地区税関の動き【2021年】

沖縄地区税関の動き

令和3年11月18日(木曜日)

税関教室を実施(伊原間中学校)

 沖縄地区税関は、石垣市立伊原間中学校において、中学1〜3年生38名を対象に税関業務の概況の仕事内容や薬物乱用の恐ろしさなどを説明しました。講話説明後は、生徒達から多くの質問があり、税関の仕事について興味を持ってもらうとともに薬物の乱用防止に理解を深めてもらうことができました。

税関教室(伊原間中学校)

 

令和3年11月18日(木曜日)

税関教室を実施(石嶺小学校)

 沖縄地区税関は那覇市立石嶺小学校において、5,6年生288名に対し、税関の仕事の紹介や、学生にも広がりつつある薬物汚染、乱用の恐ろしさなどを説明するとともに、生徒たちからの質問にも答え薬物に対する注意喚起をお願いした。

石嶺小学校での講義の様子

 

令和3年11月17日(水曜日)

令和3年10月分の管内貿易概況(速報)を発表

 沖縄地区税関は、11月17日(水)管内貿易概況(速報)を発表した。
 令和3年10月分について、輸出は石油製品、パルプ及び古紙、肉類及び同調製品が増加し、42億99百万円(前年同月比:147.4%)、輸入は天然ガス及び製造ガス、石炭、その他の雑製品が増加し、140億5百万円(前年同月比:196.8%)となり、差引額は97億6百万円の入超となった。

  参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和2年10月分)

輸出入貿易額推移表

 

令和3年11月9日(火曜日)

神例税関長が石垣島で記者会見を実施

 11月9日(火)神例税関長が石垣港湾合同庁舎において、島内の報道機関に対し記者会見を行い、就任に際しての抱負を語った。

記者会見の様子

 

令和3年11月2日(火曜日)

税関教室を実施(鳩間小中学校)

 沖縄地区税関は、八重山郡竹富町立鳩間(はとま)小中学校において、小学生5名、中学5名を対象に税関の仕事内容や薬物乱用の恐ろしさなどを説明しました。説明後は、監視艇「さきしま」の船内も見学会も行いました。税関の仕事について興味を持ってもらうとともに薬物の乱用防止に理解を深めてもらうことができました。
※鳩間島は石垣島から約38qの距離にあり、監視艇で約1時間

税関教室の様子

 

令和3年10月29日(金曜日)

大学生へ講義を実施(琉球大学)

 沖縄地区税関は琉球大学において、「物流サービス論」を受講している学生47名を対象に「貿易統計から見る沖縄の輸出入動向」の講義をオンラインで行った。また「税関業務の概要」「薬物の危険性」についても説明し、税関業務を紹介するとともに薬物の乱用防止を訴えた。

講義中の講師

 

令和3年10月25日(月曜日)

麻薬探知犬ジニー号の紹介

 沖縄地区税関は、今年6月に配備された麻薬探知犬ジニー号の国際郵便物検査の様子をマスコミに公開しました。ジニー号は、千葉県にある麻薬探知犬訓練センターでの訓練終了後、沖縄県内での訓練を経て、今回から税関検査に本格投入することになりました。税関では、不正薬物が国内に密輸入されないよう、麻薬探知犬を使って水際での取締りを強化しています。

麻薬探知犬ジニー号の紹介

 

令和3年10月22日(金曜日)

沖縄地区税関発足50周年記念ロゴマーク・ポスターデザイン決定!

 沖縄地区税関は、令和4年5月15日に発足50周年を迎えます。「沖縄地区税関発足50周年記念事業」の一環として、「ロゴマーク」「ポスター」を作成しました。沖縄地区税関は、これからも安全、安心な社会の実現に向けて取り組んでいきます。

50周年記念ロゴ&ポスター

 

令和3年10月20日(水曜日)

令和3年9月分の管内貿易概況(速報)を発表

 沖縄地区税関は、10月20日(水)管内貿易概況(速報)を発表した。
 令和3年9月分について、輸出は再輸出品、鉄鋼、パルプ及び古紙が増加し、19億66百万円(前年同月比:162.2%)、輸入は天然ガス及び製造ガス、家具、輸送用機器が減少し、74億81百万円(前年同月比:89.0%)となり、差引額は55億15百万円の入超となった。

  参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和2年9月分)

輸出入貿易額推移表

 

令和3年9月21日(月曜日)

令和3年上半期沖縄地区税関における関税法違反事件の取締り状況等を発表

  沖縄地区税関は、「令和3年上半期沖縄地区税関における関税法違反事件の取締り状況」を発表しました。
不正薬物の摘発件数は15件(前年同期比:6%減)、押収量は約5.4kg(前年同期比:約2.5倍)と摘発件数は減少しましたが、押収量については増加しました。 摘発件数の減少については、新型コロナウィルス感染症の影響により航空機やクルーズ船の運休が続いていることが要因の一つと考えられます。

  税関HPにリンク:令和3年上半期沖縄地区税関における関税法違反事件の取締り状況等PDFファイル【PDF;1223kb】

 

令和3年9月16日(木曜日)

令和3年8月分の管内貿易概況(速報)を発表

 沖縄地区税関は、9月16日(木)管内貿易概況(速報)を発表した。
 令和3年8月分については、輸出は一般機械、魚介及び同調製品、輸送用機器が減少し、17億20百万円(前年同月比:76.7%)、輸入は原粗油、石炭、肉類及び同調製品が増加し、233億80百万円(前年同月比:189.3%)となり、差引額は216億60百万円の入超となった。

  参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和2年8月分)

輸出入貿易額推移表

 

令和3年9月14日(火曜日)

税関教室を実施(うんな中学校)

 沖縄地区税関は、恩納村立うんな中学校において、全校生徒330名を対象に税関の仕事内容や薬物乱用の恐ろしさなどを説明しました。感染症対策のため、生徒達には各教室に設置された電子黒板を利用してオンラインで行いましたが、講師の話に熱心に耳を傾けてもらい、税関の仕事に興味を持ってもらうとともに、薬物乱用防止に理解を深めてもらうことができました。

うんな中学校での講義の様子

 

令和3年9月10日(金曜日)

令和3年上半期の沖縄地区税関における知的財産侵害疑義物品の差止状況を公表

  沖縄地区税関は、「令和3年上半期の知的財産侵害物品の差止状況」を公表しました。
輸入差止件数は53件で、差止点数は496点となりました。
差止件数は減少していますが、差止点数は増加しました。
仕出国別では、中国からの商標権侵害物品が依然として多く、差止件数全体の58.5%を占めました。
 品目別でみると、差止件数では、衣類、バッグ類、靴類で全体の67.7%を占め、点数では、Tシャツ等の衣類が188点で最多でした。

  リンク:令和3年上半期の沖縄地区税関における知的財産侵害疑義物品の差止状況PDFファイル【PDF;861kb】

差し止めされた物品

 

令和3年8月18日(水曜日)

特集「バナナの輸入」を発表

 沖縄地区税関は、「バナナの輸入」について発表した。
 コロナ禍の巣ごもり需要で、2020年の輸入数量は1万1千トン(前年比:104.9%)、輸入金額は12億35百万円(前年比:106.3%)と沖縄県の本土復帰以降、過去最高を記録した。輸入相手国はフィリピンとエクアドルだった。

  参考: 特集「バナナの輸入」PDFファイル【PDF;860kb】

 

令和3年8月18日(水曜日)

令和3年7月分の管内貿易概況(速報)を発表

 沖縄地区税関は、管内貿易概況(速報)を発表した。
 令和3年7月分については、輸出は再輸出品、精密機器類、輸送用機器が減少し、13億27百万円(前年同月比:81.1%)、輸入は原粗油、金属製品、輸送用機器が減少し、113億8百万円(前年同月比:94.0%)となり、差引額は99億82百万円の入超となった。

  参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和2年7月分)

輸出入貿易額推移表

 

令和3年7月29日(木曜日)

エール号退役

 沖縄地区税関の麻薬探知犬「エール号」が退役することになりました。
エール号は、平成26年から麻薬探知犬として活躍し、不正薬物の摘発、税関教室やイベントでの広報活動等、多岐に渡り活躍しました。
 退役後は、第二の犬生を新しい家族と一緒に、楽しくのんびりと過ごしてほしいと思います。

税関職員とエール号

 

令和3年7月21日(水曜日)

令和3年6月分及び令和3年上半期分の管内貿易概況(速報)を発表

 沖縄地区税関は、管内貿易概況(速報)を発表した。
 令和3年6月分については、輸出は一般機械、その他の化学製品、金属鉱及びくずが増加し、18億23百万円(前年同月比:162.7%)、輸入は天然ガス及び製造ガス、石炭、一般機械が減少し、78億91百万円(前年同月比:68.6%)となり、差引額は60億68百万円の入超となった。
  令和3年上半期分については、輸出は再輸出品、石油製品、金属鉱及びくずが増加し、279億59百万円(前年同期比:150.3%)、輸入は天然ガス及び製造ガス、原粗油、石油製品が減少し、462億38百万円(前年同期比:71.1%)となり、差引額は182億79百万円の入超となった。
  参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和3年6月分)

令和3年6月分輸出入貿易額推移表

  参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和3年上半期分)

令和3年上半期分輸出入貿易額推移表

 

令和3年7月16日(金曜日)

税関教室を実施(川平小中学校)

 沖縄地区税関は、石垣市立川平小中学校において、6年生9名、中学1〜2年生12名を対象に税関の仕事内容や薬物乱用の恐ろしさなどを説明しました。説明後は、生徒達から多くの質問があり、税関の仕事について興味を持ってもらうとともに薬物の乱用防止に理解を深めてもらうことができました。
※感染症対策を万全に行い実施しました。

川平小学校での授業の様子

 

令和3年7月13日(火曜日)

東京オリ・パラ大会前一斉テロ警戒重点期間出動式に参加

 沖縄地区税関は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会前一斉テロ警戒重点期間の出動式に参加しました。これは、金武中城湾危機管理コアメンバー※である中城海上保安部主導によるもので、関係機関と連携し、東京オリンピック・パラリンピック大会に向け水際対策を強化していきます。
  ※中城海上保安部、沖縄警察署、沖縄税関支署、福岡出入国在留管理局那覇支局嘉手納出張所 


   密輸情報提供はコチラ→税関密輸ダイヤル 0120 - 461 - 961
              税関密輸情報提供サイト
                                      http://www.customs.go.jp/mizugiwa/mitsuyu/mitsuyu-dial.htm

出動式の様子

 

令和3年7月5日(月曜日)

テロ対策取締強化を実施

 沖縄地区税関は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会に伴うテロ対策として、水際対策を強化しております。
  密輸情報提供はコチラ→税関密輸ダイヤル 0120 - 461 - 961
             税関密輸情報提供サイト
                                      http://www.customs.go.jp/mizugiwa/mitsuyu/mitsuyu-dial.htm

 

令和3年6月16日(水曜日)

特集「うこんの輸出」を発表

 沖縄地区税関は、「うこんの輸出」について特集し発表した。
 全国シェアは6年連続1位となり、2020年の輸出金額は2億26百万円(前年比:4.2倍)、輸出数量は18トン(前年比:4.0倍)と過去最高を記録した。コロナ禍で人々の健康志向が高まったことが要因としてあげられる。

  参考: 特集「うこんの輸出」PDFファイル【PDF;989kb】

 

令和3年6月16日(水曜日)

令和3年5月分の管内貿易概況(速報)を発表

 沖縄地区税関は、6月16日(水)管内貿易概況(速報)を発表した。
 令和3年5月分については、輸出は金属鉱及びくず、飲料、パルプ及び古紙が増加し、18億79百万円(前年同月比:2.2倍)、輸入は天然ガス及び製造ガス、穀物及び同調製品、その他の雑製品が増加し、99億46百万円(前年同月比:139.8%)となり、差引額は80億68百万円の入超となった。

  参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和2年5月分)

輸出入貿易額推移表

 

令和3年5月28日(金曜日)

税関教室を実施(上原小学校)

 沖縄地区税関は竹富町立上原小学校において、5、6年生32名(白浜小2名を含む)を対象に税関業務の概況や薬物乱用の恐ろしさなどを説明しました。今回は新型コロナ感染症対策として、各教室の電子黒板を利用したオンラインによる税関教室を実施しました。講話後は、生徒達から多くの質問も出て、税関の仕事について興味を持ってもらうとともに薬物の乱用防止に理解を深めてもらうことができました。

上原小学校での税関教室の様子

 

令和3年5月20日(木曜日)

令和3年4月分の管内貿易概況(速報)を発表

 沖縄地区税関は、5月20日(木)管内貿易概況(速報)を発表した。
 令和3年4月分については、輸出は再輸出品、生ゴム、パルプ及び古紙が増加し、169億31百万円(前年同月比:151.9%)、輸入は天然ガス及び製造ガス、穀物及び同調製品、織物用糸及び繊維製品が減少し、73億33百万円(前年同月比:64.4%)となり、差引額は95億98百万円の出超となった。貿易黒字額としては沖縄県の本土復帰(1972年)以降最大となった。

  参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和2年4月分)

輸出入貿易額推移表

 

令和3年4月23日(金曜日)

税関教室を開催(琉球大学)

 沖縄地区税関は琉球大学において、サプライチェーン・マネジメントを受講している大学3・4年生を対象に「貿易統計から見る沖縄の輸出入動向」の講義をオンラインで行った。また「税関業務の概要」「薬物の危険性」についても説明し、税関業務を紹介するとともに薬物の乱用防止を訴えた。

 

令和3年4月19日(月曜日)

令和3年3月分の管内貿易概況(速報)を発表

 沖縄地区税関は、4月19日(月)管内貿易概況(速報)を発表した。
 令和3年3月分については、輸出は石油製品、鉄鋼、金属鉱及びくずが増加し、44億72百万円(前年同月比:3.0倍)、輸入は原粗油、電気機器、金属製品が減少し、72億39百万円(前年同月比:54.2%)となり、差引額は27億67百万円の入超となった。

  参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和2年3月分)

輸出入貿易額推移表

 

令和3年4月14日(水曜日)

YouTube税関チャンネルに動画を掲載

 沖縄地区税関はYouTube税関チャンネルに「偽ブランド品の廃棄だワン!」を掲載しました。
税関が差止めた大量の偽ブランド品は、その後どうなるのか。カスタム君と知財官ヨギメンが廃棄の現場を見に行きました。
動画はコチラ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=-NY5pgLeVNk&t=14s

 

 

令和3年4月12日(月曜日)

税関検査場電子申告ゲートの公開

 沖縄地区税関は那覇空港税関支署において、4月1日より稼働を開始した税関検査場電子申告ゲート(Eゲート)を県内マスコミ各社に公開した。
  税関では同ゲートの導入により、入国旅客の円滑かつ厳格な手荷物通関を実現するとともに、人と人との接触を軽減し新型コロナウィルス感染症拡大防止対策の一つとしても活用できるものと考えている。
https://www.customs.go.jp/kaigairyoko/egate.htm

電子申告ゲートを通過する女性及び申告端末

 

令和3年3月17日(水曜日)

令和3年2月分の管内貿易概況(速報)を発表

 沖縄地区税関は、管内貿易概況(速報)を発表した。
 令和3年2月分については、輸出は一般機械、輸送用機器、魚介類及び同調製品が減少し、13億38百万円(前年同月比:44.3%)、輸入は石油製品、石炭、穀物及び同調製品が減少し、72億95百万円(前年同月比:86.6%)となり、差引額は59億56百万円の入超となった。

  参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和2年2月分)

輸出入貿易額推移表

 

令和3年3月16日(火曜日)

知的財産侵害物品の廃棄状況を公開

 沖縄地区税関は、産業廃棄物処理場において、沖縄地区税関で差し止めた知的財産侵害物品の焼却処分を行い、その様子を報道機関に公開した。業務担当次長から「「知的財産侵害物品を容認しない、購入しない」という意識を持っていただきたい」と広く県民に呼びかけた。

産業廃棄物処理場の様子

 

令和3年3月11日(木曜日)

通関業許可証交付式の実施

 沖縄地区税関は本関庁舎において、ロジスティーダジャパン株式会社に対し、酒井税関長より通関業許可証の交付を行った。管内では4年ぶりの新規の通関業許可となった。

 

令和3年3月5日(金曜日)

令和2年の沖縄地区税関における知的財産侵害物品の差止状況を公表

  沖縄地区税関は、「令和2年の知的財産侵害物品の差止状況」を公表した。
輸入差止件数は138件で、差止点数は996点となった。
 差止件数・点数ともに減少したものの、中国からの商標権侵害物品が依然として多く、件数全体の81.2%を占めた。差止件数で多かったのは、衣類、バッグ類、靴類で全体の68.2%を占め、品目別でみると、Tシャツ等の衣類が309点で最多であった。

  令和2年の沖縄地区税関における知的財産侵害物品の差止状況PDFファイル【PDF;1784kb】

 

令和3年2月26日(金曜日)

税関教室を実施(金武小学校)

 沖縄地区税関は、金武町立金武小学校において、5〜6年生163名を対象に税関業務の概況や薬物乱用の恐ろしさなどを説明した。麻薬探知犬によるデモンストレーションを披露し、薬物の乱用防止を訴えた。

 

令和3年2月24日(水曜日)

税関業務説明を実施(警察学校研修生)

 沖縄地区税関は那覇空港税関支署において、沖縄県警察学校研修生35名に対して、税関業務の説明や麻薬探知犬によるデモンストレーションを行い、税関業務への理解を深めた。

 

令和3年2月18日(木曜日)

税関教室を実施(美里小学校)

 沖縄地区税関は2月18日(木)沖縄市立美里小学校において、6年生143名を対象に税関業務の概況や薬物乱用の恐ろしさなどを説明するとともに、麻薬探知犬によるデモンストレーションを披露し、税関の仕事について興味を持ってもらうとともに薬物の乱用防止に理解を図った。

 

令和3年2月17日(水曜日)

令和2年沖縄地区税関における関税法違反事件の取締り状況等を発表

 沖縄地区税関は、「令和2年沖縄地区税関における関税法違反事件の取締り状況」の報道発表を行いました。不正薬物全体の摘発件数・押収量は減少しましたが、大麻の摘発件数・押収量は増加しています。

  令和2年沖縄地区税関における関税法違反事件の取締り状況等

 

令和3年2月18日(木曜日)

令和3年1月分の管内貿易概況(速報)を発表

 沖縄地区税関は、管内貿易概況(速報)を発表した。
 令和3年1月分については、輸出は鉄鋼、電気機器、一般機械が増加し、15億16百万円(前年同月比:163.6%)、輸入は天然ガス及び製造ガス、石油製品、金属製品が減少し、65億43百万円(前年同月比:49.4%)となり、差引額は50億27百万円の入超となった。

  参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和3年1月分)

輸出入貿易額推移表

 

令和3年2月9日(火曜日)

税関教室を実施(具志川商業高校)

 沖縄地区税関は2月9日(火)沖縄県立具志川商業高校において、全校生徒約600名を対象に校内放送を使用して税関業務の概況や薬物乱用の恐ろしさなどを説明した。生徒達からの質問にも答えるなど税関の仕事について興味を持ってもらうとともに、薬物乱用防止への理解を図った。

 

令和3年1月28日(木曜日)

職業講話「若鷲ゼミ」に講師を派遣(八重山高校)

 沖縄地区税関は1月28日(木)沖縄県立八重山高校において開催された職業講話(若鷲ゼミ)に講師として参加した。高校1、2年生36名を対象に、職員から税関業務についての説明を行い、生徒たちに税関業務に興味を持ってもらうとともに理解を図った。

 

令和3年1月21日(木曜日)

令和2年12月分及び令和2年分の管内貿易概況(速報)を発表

 沖縄地区税関は、1月21日(木)管内貿易概況(速報)を発表した。
 令和2年12月分については、輸出は一般機械、飲料、再輸出品が減少し、10億25百万円(前年同月比:68.1%)、輸入は原粗油、石炭、金属製品が減少し、95億11百万円(前年同月比:43.5%)となり、差引額は84億86百万円の入超となった。 また、令和2元年分については、輸出は再輸出品、輸送用機器、精油・香料及び化粧品類が減少し、300億63百万円(前年比:96.6%)、輸入は石炭、原粗油、輸送用機器が減少し、1,207億99百万円(前年比:81.2%)となり、差引額は907億36百万円の入超となった。

 参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和2年12月分)

 参考: 沖縄地区税関貿易概況(令和2年分)

令和2年12月分輸出入貿易額推移
令和2年12月分 輸出入貿易額推移

令和2年分輸出入貿易額推移
令和2年分 輸出入貿易額推移

 

 

 

 

                                        ▲ページトップへ▲

ページトップに戻る
トップへ