全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 輸出入手続 > AEO制度 > よくある質問 >  > Q4 内部監査に関するもの

Q4 内部監査に関するもの

Q4-1 既存の監査手順書に基づく内部監査では不十分でしょうか?

Q4-2 事業部門に対する監査だけでは不十分でしょうか?

Q4-1 既存の監査手順書に基づく内部監査では不十分でしょうか?

 A4-1

 既存の内部監査が、会計監査や内部統制監査を目的とした内部監査となっている場合は、AEO制度が求めている必要な監査項目が含まれていない可能性がありますので、既存の監査手順書を検討・確認をしてください。

 その上で、不足している項目があれば、その監査項目を手順書に追加する必要があります。

【参考】内部監査チェックシート

Q4-2 事業部門に対する監査だけでは不十分でしょうか?

 A4-2

 内部監査は、関係する各部門が法令遵守規則や業務手順書等に基づいた適正な業務運営が行われているかを確認するための重要な社内チェック機能を担っています。

 したがって、内部監査は、AEO事業者として、法令遵守体制が維持されているかなどを確認するために総括管理部門をはじめ関係各部門に対して実施する必要があります。