現在位置:
ホーム > 大阪税関 > 漁業関係者の皆様へ(密輸情報提供のお願い)

漁業関係者の皆様へ 〜密輸情報提供のお願い〜

  

  税関では、国民生活の安全・安心を脅かす麻薬・覚醒剤等の不正薬物、金、銃砲、

 テロ関連物資等が国内に流入しないよう、水際で阻止することを最重要課題と位置

 付けて、積極的な取締りを実施しています。

 しかし、我が国への不正薬物の流入は引き続き拡大傾向にあり、特に覚醒剤の

税関による摘発は2019年に史上初めて“4年連続の1トン超え”となる等、極めて

深刻な状況となっています。

 

 また近年、漁船やプレジャーボートを用いて、沖合の海上で洋上取引をして、

覚醒剤等を大量に密輸入する事案が相次いでいます。近隣住民の方からの「不審な船が

来ている」との通報が摘発の端緒となった事例もあります

 不審な船舶や怪しい人物に気づかれた場合は、税関密輸ダイヤル又は最寄りの税関

までご連絡をお願いいたします。

    

mitsuyudial_20200311.jpg   

 インターネットからの情報提供はこちら → 密輸情報提供サイト

 最寄りの税関の連絡先はこちら     → 大阪税関所在地一覧

 

 

漁船等を利用した最近の密輸事例

 

日付 場所 摘発されたもの 数量
R元年12月 熊本県 覚醒剤 約580キログラム
R元年6月 静岡県 覚醒剤 約1トン
H29年8月 茨城県 覚醒剤 約480キログラム
H29年5月 佐賀県 金塊 約200キログラム
H28年5月 沖縄県 覚醒剤 約600キログラム
H28年2月 鹿児島県 覚醒剤 約100キログラム

 

【最近の事例】

  税関は、関係機関と協力して、令和元年6月、静岡県南伊豆町の漁港付近でプレジャー

 ボートから陸揚げされようとしていた覚醒剤約1トン(末端価格約600億円)を摘発し、

 中国人の男ら7名を検挙しました。

     jirei_20200311-1.jpg jirei_20200311-2.jpg

 

情報提供依頼リーフレット

 

mitsuyu_kowan_2022.jpg  
PDF版(1,365KB)parts-file-pdf.gif  

      

参考動画(YouTube「税関チャンネル」より)

youtube_gyogyou_20200401.jpg

覚醒剤1トン 密輸の現場(1分46秒)

 

 

 

ページトップに戻る
トップへ