全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 新着情報〜お知らせ〜 > 「輸出入申告データを活用した共同研究」に関する御意見の募集について

「輸出入申告データを活用した共同研究」に関する御意見の募集について

令和3年6月30日
財務省関税局

 「経済財政運営と改革の基本方針2021」(令和3年6月18日閣議決定)等において、データの最大限の利活用を図ることとされていること等を踏まえ、財務省は、輸出入申告等に基づき税関が保有する輸出入申告データを、財務省の政策の検討に資するための学術研究に活用することとします。
 このため、輸出入申告データを用いて、財務省の所掌に係る政策その他の内外経済に関するテーマに関する統計的研究を、財務総合政策研究所と共同して実施する研究者を公募します(第1回の公募は令和3年11月頃を予定)。
 輸出入申告データは、個々の申告情報に基づくデータであり、輸出入者の秘密の保護が強く求められるものであることから、研究の実施に当たって輸出入申告データを利用する研究者には、財務総合政策研究所の非常勤研究官(任期付き)となっていただき、国家公務員法上の守秘義務が課されます。また、輸出入申告データの利用及び研究等の成果の公表に当たっては、個体の輸出入業者等の識別や個別の申告から得られる情報の取得が可能とならないよう、利用手続等を定め、利用者には利用規約を遵守していただきます。
 つきましては、財務省における今後の「輸出入申告データを活用した共同研究」に関する検討を進めるにあたり参考とさせていただきますので、別紙資料の内容について御意見がございましたら、下記の要領に従ってお寄せください。

1. 募集内容
 「輸出入申告データを活用した共同研究」に関してご意見をお寄せ下さい。

2. 募集期間
 令和3年6月30日(水)から令和3年7月30日(金)
 ※募集期限を過ぎて提出された御意見につきましては、受理できませんのであらかじめご了承ください。

3. 提出方法
 氏名、事業者(団体)名、住所、電話番号及びメールアドレスを御記入のうえ、e-gov上に設けられております意見入力画面より、ご提出ください。なお、提出していただく御意見は日本語に限らせていただきます。
 なお、お電話での御意見の提出には応じかねますので、あらかじめご了承ください。

4. その他の留意事項
 お寄せいただいた御意見等につきましては、氏名、事業者(団体)名を含めて公表させていただく場合があります。
 また、御意見に対して、個別には回答いたしませんのであらかじめ御了承ください。

 

 輸出入申告データを活用した共同研究について
 e-govでの意見提出はこちら

【問い合わせ先】
 財務省関税局関税課
 電話:03-3581-4111 (内線5564)