全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 海外旅行の手続 > 出国時の税関手続

出国時の税関手続

1.出国時の手続

日本から海外へ出国する時の各手続の流れは以下のとおりです。


各手続の流れ
チェックイン 次に
保安検査
次に
税関検査
次に
出国審査
次に 出国

2.税関への申告(届出)

外国製品を持出しされる方、現金を持出しされる方などは、次の様式に必要事項を記入して税関に提出することにより手続を行ってください。


主な税関手続と申請書等
主な税関手続様式等通数参考
1 腕時計等の外国製品を持出す方 外国製品持出し届 1通 外国製品の持出し(カスタムスアンサー)
2 100万円相当額の現金等を持出す方 支払手段等の携帯輸出・輸入申告書 1通 支払手段等の携帯輸出入の手続について
3 輸出免税物品を持出す方 輸出証明申請書 2通 消費税(輸出と輸入)(タックスアンサー)
(クリックすると新規ウィンドウが開きます)
(参考)日本から出国する場合

ポイント

  • 「外国製品持出し届」及び「支払手段等の携帯輸出・輸入申告書」は、空港などの税関検査場に用意しております。
  • 外国製品、輸出免税物品を持出す方は、出国の際に、税関の確認を受ける必要があります。これらの物を機内預けとする場合には、航空会社に預ける前に税関で確認を受けてください。
  • 「輸出証明申請書」については、税関の証明がないと、後日、購入店から税金相当額の請求を受けることになります。
  • 商業貨物や高額な品物等を持ち出す場合には、一般の貿易貨物と同様の輸出手続が必要となる場合があります。

 

税関手続等に関する相談は、お近くの税関相談官までお気軽にどうぞ。