現在位置:

原産地認定

●原産地認定(事前教示について)
 原産地認定についての事前教示の方法や様式等についてはこちらをご参照ください。
 

 

 輸入通関をスムーズに行い、一層の正確性、予見可能性を高めるためには、
 「文書による事前教示(原産地)」をお勧めします。(パンフレットにリンク

   事前教示照会書の品目別記載例

     ・ 靴(関税分類変更基準の事例(GSP))
     ・ エビの調製品(関税分類変更基準の事例(EPA))
     ・ 男性用シャツ(関税分類変更基準の事例(EPA))
     ・ バスソルト(付加価値基準の事例(EPA))
     ・ 二酸化チタン(加工工程基準の事例(EPA))

 

●「原産地規則ポータル」のサイトへ

ページトップに戻る
トップへ