現在位置:
ホーム > EPA等交渉の状況

EPA等交渉の状況(2022年1月現在)

経済連携の推進について

1.発効済・署名済  → 21

シンガポール、メキシコ、マレーシア、チリ、タイ、インドネシア、ブルネイ、ASEAN、フィリピン、スイス、ベトナム、インド、ペルー、豪州、モンゴル、TPP11(CPTPP)、EU、米国、英国、RCEP(発効済)

TPP12(署名済)

2.交渉中  → 3

トルコ、コロンビア、日中韓

3.その他(交渉中断中)  → 3

GCC、韓国、カナダ


(注1)TPP12(環太平洋パートナーシップ協定):カナダ、豪州、シンガポール、チリ、日本、ニュージーランド、ブルネイ、米国、ベトナム、ペルー、マレーシア、メキシコの計12か国が交渉に参加。

(注2)TPP11(包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定)(CPTPP):カナダ、豪州、シンガポール、チリ、日本、ニュージーランド、ブルネイ、ベトナム、ペルー、マレーシア、メキシコの計11か国が交渉に参加。現時点(2021年9月)における締約国は、日本以外にシンガポール、豪州、ニュージーランド、カナダ、メキシコ、ベトナム、ペルー。

(注3)RCEP(地域的な包括的経済連携):ASEAN10か国(インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス)、日本、中国、韓国、豪州、ニュージーランドの計15か国が交渉に参加。現時点(2022年1月)における締約国は、日本以外にブルネイ、カンボジア、ラオス、シンガポール、タイ、ベトナム、中国、豪州及びニュージーランド。また、韓国については2022年2月1日に発効。

ページトップに戻る
トップへ