現在位置:
ホーム > 水際取締 > 水際取締対策 > 各税関の摘発事件発表(令和4年)

各税関の摘発事件発表(令和4年)



【犯則物件】

 

不正薬物 

【神戸税関】麻薬(MDMA)密輸入事件の告発について(令和4年5月11日発表)

 神戸税関坂出税関支署高松出張所は、麻薬(MDMA)密輸入事件について、香川県警察本部刑事部捜査第二課、香川県高松北警察署及び厚生労働省四国厚生支局麻薬取締部と共同調査(捜査)を実施し、令和4年5月9日、関税法違反で高松地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

麻薬(MDMA※1)を含有する錠剤 2,462錠(970.73グラム)
麻薬(MDMA)を含有する同錠剤破砕片 2.83グラム
(※1 N,α-ジメチル-3,4-(メチレンジオキシ)フェネチルアミン)

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、オランダ王国から国際小包郵便物1箱に隠匿した前記犯則物件を輸入しようとしたが、令和3年9月7日、大阪税関大阪外郵出張所職員が実施した輸入郵便物検査により発見されたものです。

犯則物件であるMDMAの写真

【東京税関】コカイン密輸入事件を摘発(令和4年5月10日発表)

   令和4年4月15日、東京税関成田税関支署と千葉県成田国際空港警察署は、アラブ首長国連邦からエチオピア連邦民主共和国を経由して成田国際空港に帰国した日本人女性が、大量のコカインを密輸入しようとしたところを発見・摘発して、関税法違反、麻薬及び向精神薬取締法で現行犯逮捕し、同月17日、身柄を千葉地方検察庁に送致した。

【犯則物件】
 コカイン 約2キログラム

   tokyo20220510_1.JPG   tokyo20220510_2.JPG 


【横浜税関】麻薬密輸入未遂事件の摘発について(令和4年5月9日発表)

 横浜税関は、令和4年1月8日及び同年2月1日、ドイツ連邦共和国来の国際郵便物からMDMAを発見し、摘発しました。

【犯則物件】
   第1 MDMA1,102錠(494.58グラム)
   第2 MDMA1,002錠(447.87グラム)

【事件の概要】
 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、ドイツ連邦共和国から国際郵便を利用して麻薬であるMDMAを輸入しようとしたが、令和4年1月8日及び同年2月1日、いずれも横浜税関川崎外郵出張所職員に発見され、その目的を遂げなかったものである。
  郵便物全量 隠匿状況(クッキーをくり抜いて隠匿) 隠匿状況(菓子袋内に隠匿)

【名古屋税関】国際郵便物を利用した麻薬(MDMA及びLSD)密輸入事件の犯則嫌疑者2名を告発(令和4年5月2日発表)

 名古屋税関は、愛知県警察本部薬物銃器対策課、東警察署及び千種警察署と共同で調査を実施し、麻薬を密輸入しようとした男性2名について、令和4年5月2日に関税法違反で名古屋地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

   (1)麻薬であるMDMAを含有する粉末  1,002.41グラム(正味重量)
   (2)麻薬であるLSDを含有する紙片  16.362グラム(正味重量)

2 事件の概要

 犯則嫌疑者らは、オランダ王国から国際航空小包郵便物を利用し、MDMAを含有する粉末及びLSDを含有する紙片を密輸入しようとしましたが、令和3年7月1日、名古屋税関中部外郵出張所職員による検査で発見されました。

会見時の様子@ 会見時の様子A

【横浜税関】麻薬密輸入未遂事件の摘発について(令和4年4月26日発表)

 横浜税関は、令和4年3月16日、ドイツ連邦共和国来の国際郵便物からMDMAを発見し、摘発しました。

【犯則物件】
   MDMA 900錠(377.74グラム)

【事件の概要】
 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、ドイツ連邦共和国から国際郵便を利用して麻薬である MDMAを輸入しようとしたが、令和4年3月16日、横浜税関川崎外郵出張所職員に発見され、 その目的を遂げなかったものである。

MDMAの接写  郵便物の全体を撮影

【名古屋税関】ドイツ連邦共和国及びオランダ王国来郵便物による麻薬密輸入事犯を告発について(令和4年4月26日発表)

 名古屋税関中部空港税関支署は、愛知県警察本部薬物銃器対策課、西尾警察署と共同で調査を実施し、ケタミン及びMDMAを密輸入しようとしたベトナム人男性について、令和4年4月26日に関税法違反で名古屋地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

   (1)麻薬である2−(2−クロロフェニル)−2−(メチルアミノ)シクロヘキサノンの 塩酸塩(別名:ケタミン)  99.481グラム(正味重量)
     (2)@麻薬であるN・α-ジメチル-3・4-(メチレンジオキシ)フェネチルアミン(別名:MDMA)の塩酸塩を含有する錠剤  769.525グラム(正味重量)
      A麻薬である2−(2−クロロフェニル)−2−(メチルアミノ)シクロヘキサノンの塩酸塩(別名:ケタミン)  298.295グラム(正味重量)

2 事件の概要

   (1)犯則嫌疑者は、ドイツ連邦共和国から小包郵便を利用し、ケタミンを密輸入しようとしたが、令和3年11月29日、横浜税関川崎外郵出張所職員による検査で発見されたものである。
   (2)犯則嫌疑者は、オランダ王国から小包郵便を利用し、MDMA及びケタミンを密輸入しようとしたが、令和3年12月31日、名古屋税関中部外郵出張所職員による検査で発見されたものである。

中空麻薬@

中空麻薬A
中空会見

【名古屋税関】アメリカ来郵便物を利用した大麻密輸入事件を告発について(令和4年4月25日発表)

 名古屋税関清水税関支署は、静岡県警察本部刑事部組織犯罪対策局薬物銃器国際捜査課及び静岡県湖西警察署と共同で調査を実施し、大麻を密輸入しようとした男性1名について、4月25日、関税法違反で静岡地方検察庁浜松支部に告発しました。

1 犯則物件

    大麻 正味重量合計 8.07グラム

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、美容マスクに偽装して、大麻をアメリカ合衆国から国際郵便物を利用して密輸入しようとしましたが、令和4年1月1日、横浜税関川崎外郵出張所職員による郵便物検査で発見されました。

摘発発表@ 20220425_image2.jpg

【神戸税関】覚醒剤密輸入事件の告発について(令和4年4月22日発表)

 神戸税関は、ケニア共和国来国際宅配貨物を利用した覚醒剤密輸入事件について、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室と共同調査(捜査)を実施し、本日、関税法違反で神戸地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

覚醒剤であるフェニルメチルアミノプロパン塩酸塩  978.35グラム

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は氏名不詳者と共謀の上、覚醒剤を不正に輸入することを企て、ケニア共和国から国際宅配貨物1個に隠匿した前記犯則物件を輸入しようとしたが、令和4年2月14日、大阪税関関西空港税関支署職員が実施した輸入検査により発見されたものです。

犯則物件である覚醒剤の写真
犯則物件が隠匿されていたかご状のものの写真 犯則物件が隠匿されていた敷物状のものの写真

【東京税関】ケタミン密輸入事件を告発(令和4年3月29日発表)

   東京税関は、ベルギー王国及びオーストリア共和国来ケタミン密輸入事件について、関東信越厚生局麻薬取締部と共同調査し、犯則嫌疑者甲を本年1月20日及び同年3月1日に、犯則嫌疑者乙を同年3月18日に、それぞれ関税法違反で東京地方検察庁へ告発した。

【犯則物件】
 (1)ケタミン 約3,800グラム
 (2)ケタミン 約2,900グラム

   tokyo20220329.JPG 

【神戸税関】指定薬物密輸入事件の告発について(令和4年3月23日発表)

 神戸税関広島税関支署は、指定薬物密輸入事件について、広島税関支署呉出張所、広島県警察本部刑事部薬物銃器対策課及び広島県東広島警察署と共同調査(捜査)を実施し、本日、関税法違反で広島地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

(1)指定薬物である2-(メチルアミノ)-1-(チオフェン-2-イル)プロパン-1-オン塩酸塩を含有する白色粉末 149.28グラム
(2)指定薬物であるエチル=2-(4-フルオロフェニル)-2-(ピペリジン-2-イル)アセテート塩酸塩を含有する白色粉末 94.08グラム

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、中華人民共和国から国際eパケットライト郵便物1個に隠匿された前記犯則物件を輸入しようとしたが、令和3年10月5日、大阪税関大阪外郵出張所職員が実施した輸入郵便物検査において発見されたものです。

犯則物件の指定薬物を含有する白色粉末の写真

【神戸税関】指定薬物密輸入事件の告発について(令和4年3月16日発表)

 神戸税関坂出税関支署高松出張所は、指定薬物密輸入事件について、香川県警察本部刑事部組織犯罪対策課、香川県高松北警察署及び厚生労働省四国厚生支局麻薬取締部と共同調査(捜査)を実施し、本日、関税法違反で高松地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

指定薬物である亜硝酸イソペンチルを含有する液状物 3本 合計20.80グラム

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、スロベニア共和国から通常郵便物1通に隠匿した前記犯則物件を輸入しようとしたが、令和3年11月8日、横浜税関川崎外郵出張所職員が実施した輸入郵便物検査により発見されたものです。

犯則物件が入ったボトルの画像

【神戸税関】大麻密輸入事件の告発について(令和4年3月11日発表)

 神戸税関広島税関支署は、大麻密輸入事件について、広島県警察本部刑事部薬物銃器対策課及び広島県安佐北警察署と共同調査(捜査)を実施し、本日、関税法違反で広島地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

大麻草  224.7グラム

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、アメリカ合衆国から国際eパケットライト郵便物1個に隠匿された前記犯則物件を輸入しようとしたが、令和4年1月11日、大阪税関大阪外郵出張所職員が実施した輸入郵便物検査において発見されたものです。

犯則物件の大麻草の写真 大麻草の接写写真

【神戸税関】指定薬物密輸入事件の告発について(令和4年3月11日発表)

 神戸税関水島税関支署は、指定薬物密輸入事件について、岡山県岡山西警察署及び岡山県警察本部刑事部組織犯罪対策第二課と共同調査を実施し、本日、関税法違反で岡山地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

(1) 指定薬物であるメチル=3・3−ジメチル−2−[1−(ペンタ−4−エン−1−イル)−1H−インダゾール−3−カルボキサミド]ブタノアート(通称等:MDMB−4en−PINACA)又はその塩類を含有する茶色乾燥植物片 8.35グラム(タバコ状のもの 10本)
(2)  同植物片 8.27グラム(タバコ状のもの 10本)
(3) 指定薬物であるN−(1−アミノ−3・3−ジメチル−1−オキソブタン−2−イル)−1−ブチル−1H−インダゾール−3−カルボキサミド(通称等:ADB−BUTINACA)又はその塩類を含有する茶色乾燥植物片 1.02グラム (タバコ状のもの 1本)
(4)  同植物片 0.89グラム(タバコ状のもの 1本)
(5)  同植物片 0.87グラム(タバコ状のもの 1本)
(6)  同植物片 1.94グラム(タバコ状のもの 2本)
(7)  同植物片 0.98グラム(タバコ状のもの 1本)
(8)  同植物片 1.73グラム(タバコ状のもの 2本)
(9)  同植物片 0.91グラム(タバコ状のもの 1本)
(10) 同植物片 1.95グラム(タバコ状のもの 2本)
(11) 同植物片 0.90グラム(タバコ状のもの 1本)
 ※未鑑定分を含めると(1)から(11)までの総数 2,124本

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、上記の指定薬物を、11個の郵便物に分散隠匿し、ベトナム社会主義共和国及び中華人民共和国から国際郵便物を利用して輸入しようとしたが、(1)(2)令和3年5月3日、(3)(4)令和3年9月28日、(5)(6)(7)令和3年9月29日、(8)(9)令和3年9月30日、(10)令和3年10月1日、(11)令和3年10月6日にそれぞれ大阪税関大阪外郵出張所職員の検査で発見され、その目的を遂げなかったものです。

犯則物件のタバコ状のものの写真 犯則物件が多数並べられた写真

【横浜税関】麻薬密輸入未遂事件の告発について(令和4年3月9日発表)

 横浜税関は、神奈川県警察本部薬物銃器対策課、神奈川県大和警察署と共同調査中の麻薬密輸入未遂事件について、令和4年3月9日、犯則嫌疑者を関税法違反事実で横浜地方検察庁に告発しました。

【犯則物件】
   @麻薬である2−(2−クロロフェニル)−2−(メチルアミノ)シクロヘキサノン(別名ケタミン)の塩類と認められる白色粉状物 4.9506グラム
   A麻薬である2−(2−クロロフェニル)−2−(メチルアミノ)シクロヘキサノン(別名ケタミン)及びリゼルギン酸ジエチルアミド(別名リゼルギド)を含有する物と認められる 紙片1枚(0.3994グラム)

【事件の概要】
 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、麻薬を輸入しようと企て、ドイツ連邦共和国所在の郵便局から、上記麻薬を隠匿した国際郵便物を犯則嫌疑者宅に発送させたが、令和3年10月22日、横浜税関川崎外郵出張所職員に発見され、その目的を遂げなかったものである。

@                        A表               A裏
20220309_bukken1.png  20220309_bukken2_omote.png  20220309_bukken2_ura.png


【大阪税関】ドイツ連邦共和国からの国際郵便路線を利用したMDMA密輸入事件を告発(令和4年3月1日発表)

 大阪税関は、ドイツ連邦共和国からの国際郵便路線を利用したMDMA密輸入事件について、近畿厚生局麻薬取締部と共同調査を実施し、令和4年2月24日、犯則嫌疑者を関税法違反で大阪地方検察庁に告発した。

【犯則物件】
    ・MDMAを含有する青色錠剤 合計966錠(431.97グラム)
  発表の様子 物件

  隠匿の様子 隠匿の様子

【名古屋税関】ドイツ来郵便物を利用したMDMA密輸入事件を告発(令和4年2月21日発表)

   名古屋税関清水税関支署は、静岡県警察本部刑事部組織犯罪対策局薬物銃器対策課及び静岡県静岡南警察署と共同で調査を実施し、MDMAを密輸入しようとした男性1名について、2月21日、関税法違反で静岡地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

    麻薬であるN, α−ジメチル−3,4−(メチレンジオキシ)

    フェネチルアミン(別名MDMA)の塩酸塩を含有する錠剤
 
     4,007錠 (1,784.253グラム)(正味重量)

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、ドイツ連邦共和国から小包郵便物を利用し、MDMAを密輸入しようとしましたが、令和4年1月11日、横浜税関川崎外郵出張所職員による税関検査で発見されました。

摘発発表時の様子@ 摘発発表時の様子A

【名古屋税関】欧州来国際郵便物を利用した6件の大麻等密輸入事件を告発(令和4年2月14日発表)

   名古屋税関は、東海北陸厚生局麻薬取締部と共同で調査を実施し、大麻等を密輸入しようとした男性2名を、関税法違反で名古屋地方検察庁に告発をしました。

1 犯則物件

    大麻    合計 191.366グラム(正味重量)

    MDMA    1.04グラム(正味重量)

2 事件の概要

 犯則嫌疑者らは、「オランダ王国」、「ポルトガル共和国」及び「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」から国際郵便物を利用し、大麻を5回、MDMAを1回密輸入しようとしましたが、横浜税関職員及び名古屋税関職員により発見されました。

記者会見時の様子 摘発された大麻

【東京税関】在日ブラジル人によるコカイン密輸入事件を告発(令和4年1月31日発表)

   東京税関羽田税関支署は、令和3年11月3日、ブラジル連邦共和国所在のグアルーニョス国際空港から東京国際空港に到着したブラジル連邦共和国国籍の旅客が、コカインを密輸入しようとしたところを発見・摘発し、警視庁組織犯罪対策第五課及び東京空港警察署と共同で調査を実施し、令和4年1月21日までに犯則嫌疑者らを関税法違反で東京地方検察庁に告発した。

【犯則物件】
 麻薬であるコカイン 1,942.31グラム

   20220131_tokyo1.JPG 20220131_tokyo2.JPG

【沖縄地区税関】大麻密輸入事件を告発(令和4年1月17日発表)

 沖縄地区税関は、国際郵便物を利用した大麻密輸入事件について、九州厚生局沖縄麻薬取締支所と共同調査を実施し、令和4年1月17日、下記犯則嫌疑者を関税法違反で那覇地方検察庁に告発しました。

【犯則物件】
 大麻である液状物 2.28グラム

【事件の概要】
 犯則嫌疑者は、大麻を本邦に密輸入しようと企て、アメリカ合衆国所在の郵便局から、大麻である液状物2.28グラムを隠匿した国際郵便物1通を発送したが、令和3年6月28日、川崎東郵便局税関検査場において、横浜税関職員の郵便物輸入通関検査で発見されたため、その目的を遂げなかったものである。 

写真1 大麻である液状物2.28g(4本)

大麻密輸入事件_1

大麻密輸入事件_2

  

【神戸税関】麻薬密輸入事件の告発について(令和4年1月14日発表)

 神戸税関は、麻薬密輸入事件について、兵庫県警察本部刑事部組織犯罪対策局薬物銃器対策課、兵庫県長田警察署及び兵庫県生田警察署と共同調査(捜査)を実施し、令和4年1月14日までに、関税法違反で神戸地方検察庁に告発しました。

1 犯則物件

(第1事実)MDMA 187錠(84.11グラム)

(第2事実)MDMA 約100錠(約34グラム)

(第3事実)MDMA 201錠(69.31グラム)

2 事件の概要

(第1事実)
 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、ベトナム社会主義共和国から国際郵便物1個に隠匿した前記犯則物件を輸入しようとしたが、令和3年5月24日、大阪税関大阪外郵出張所職員が実施した輸入郵便物検査により発見されたものです。

(第2事実)
 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、ベトナム社会主義共和国から令和3年6月14日、国際郵便物1個に隠匿した前記犯則物件を埼玉県富士見市内に配達させ不正に輸入したものです。

(第3事実)
 犯則嫌疑者は、氏名不詳者と共謀の上、ベトナム社会主義共和国から令和3年7月5日、国際郵便物1個に隠匿した前記犯則物件を東京都足立区内に配達させ不正に輸入したものです。

 犯則物件の写真
犯則物件

知的財産

【神戸税関】商標権侵害物品密輸入事件の告発について(令和4年4月6日発表)

 神戸税関広島税関支署呉出張所は、商標権侵害物品の密輸入事件について、広島税関支署、神戸税関調査部、広島県呉警察署、広島県広警察署及び広島県警察本部生活安全部生活環境課と共同調査(捜査)を実施し、令和4年3月29日、関税法違反で広島地方検察庁呉支部に告発しました。

1 犯則物件

「ルイ ヴィトン マルチエ」等の商標権を侵害する腕時計等 85点

2 事件の概要

 犯則嫌疑者は、フィリピン共和国から国際スピード郵便物1個に収納した前記犯則物件を輸入しようとしたが、令和3年7月30日、大阪税関大阪外郵出張所職員が実施した郵便物検査において発見されたものです。

犯則物件の腕時計やアクセサリーの写真

その他


ページトップに戻る
トップへ