全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 沖縄地区税関 > 沖縄地区税関の動き【平成25年(2013年)】

沖縄地区税関の動き


平成25年12月6日(金曜日)

 

沖縄地区税関はEPA(経済連携協定)利用支援セミナ−を開催

 沖縄地区税関は、那覇港湾合同庁舎5階会議室において、沖縄総合事務局財務部と共催でEPA(経済連携協定)利用支援セミナ−を開催し、輸出入関連企業、金融機関等から43名が参加した。本セミナ−は、EPAの利用促進及び日本企業の国際的な活動を側面から支援することを目的とし、田中財務省大臣官房参事官(国際協力担当)が「我が国の経済連携協定の概要」(PDF;2,532kb)、今川関税局関税課原産地規則専門官が「経済連携協定における原産地規則」(PDF;3,372kb)、甲斐田関税局業務課関税分類調査官が「関税分類」(PDF;1,305kb)の説明を行ったほか、沖縄総合事務局田中財務部長から「税と社会保障の一体改革について」の説明が行われました。
 本セミナーに関し、NHKなど報道機関から取材を受け県内において報道されました。            

EPA利用支援セミナーの概要説明

EPA利用支援セミナーの状況

右から田中大臣官房参事官、今川原産地規則専門官、甲斐田関税分類調査官、田中財務部長

森川業務・調査担当次長に対するNHKの取材状況

 

平成25年11月15日(金曜日)

 

沖縄地区税関密輸出入取締対策先島地区協議会開催

 石垣港湾合同庁舎において、那覇地方検察庁石垣・平良支部、八重山警察署及び石垣海上保安部など、関係6機関出席の下、平成25年度沖縄地区税関密輸出入取締対策先島地区協議会が開催された。同協議会において、今後とも関係取締機関がより一層の連携強化を図り、一丸となって先島地区の密輸出入取締りに当たっていくことを確認した。            

会議の様子1

会議の様子2

 

平成25年11月14日(木曜日)〜15日(金曜日)

 

沖縄大交易会プレ交易会のサポートブースに出展

 沖縄地区税関は、沖縄コンべンションセンターにおいて開催された「沖縄大交易会プレ交易会」のサポートブースに、輸出入通関手続きの相談コーナーを出展した。
 同交易会は、海外販路開拓・拡大を考えている県内外のサプライヤー企業と海外等のバイヤー企業を結びつける個別商談会で、商談を終えた多くのサプライヤー企業及びバイヤー企業等が、相談コーナーを訪れていた。            

相談ブースの様子

出展企業ブースの様子

 

平成25年11月12日(火曜日)

 

那覇港テロ対策合同訓練の実施に参加

 沖縄地区税関は、那覇港新港ふ頭9号岸壁において実施された平成25年度那覇港テロ対策合同訓練に参加した。同訓練には、港湾関係行政機関で構成される那覇港危機管理コアメンバー等が参加し、旅客船を見立てた巡視船内での不審物検索及び不審者の制圧、入国審査及び旅客携帯品検査中に逃走する不審者の制圧及び不審船舶の捕捉等実践さながらの訓練が実施された。            

訓練の様子1

訓練の様子2

 

平成25年11月8日(金曜日)

 

平成25年度沖縄地区税関密輸出入取締対策那覇地区協議会開催

 沖縄地区税関は、那覇港湾合同庁舎において「平成25年度沖縄地区税関密輸出入取締対策那覇地区協議会」を開催した。同協議会には、沖縄県内の密輸取締等関係機関が一堂に会し、水際における密輸取締りの一層の強化を図るため、各機関の取締実態についての情報交換及び取締方策等について協議が行われた。            

会議の様子1

会議の様子2

 

平成25年11月2日(土曜日)

 

いいな運天港いちゃり場まつりにおいて、麻犬の公開訓練等を実施

 沖縄地区税関は、今帰仁村の運天港緑地公園において開催された「いいな運天港いちゃり場まつり」のなかで、麻薬探知犬の公開訓練を実施した。
 併せて当日は、同まつり会場内に税関ブースを設け、密輸取締りへの協力依頼のチラシを配布し、不正薬物等社会悪物品の水際での取締状況をPRするとともに、密輸ダイヤル0120−461−961(シロイ クロイ)への密輸情報提供を呼びかけた。            

麻薬探知犬公開訓練の様子

税関ブースの様子

 

平成25年10月30日(水曜日)

 

第8回国際港湾施設総合訓練に参加

 沖縄地区税関 沖縄税関支署は、沖縄電力具志川火力発電所において実施された、第8回国際港湾施設総合訓練に参加した。今回の訓練を通して、中城海上保安部、うるま警察署及び、うるま市消防本部等の関係機関並びに、沖縄電力をはじめとする民間企業との連携を密にする事で、テロ等の特異事案が発生した際に、迅速・的確に対処できる事が確認できました。            

訓練の様子1

訓練の様子2

 

平成25年10月18日(金曜日)

 

平良出張所が街頭キャンペーン実施

 沖縄地区税関石垣税関支署平良出張所は、「薬物および銃器取締強化期間」に伴い、宮古島市内のサンエーショッピングタウン宮古衣料館前において街頭キャンペーンを実施した。一般の通行人に対しチラシを配布し、密輸情報の提供について協力を呼びかけた。            

協力依頼の呼びかけ1

協力依頼の呼びかけ2

 

平成25年10月11日(金曜日)

 

南ぬ島石垣空港国内線旅客ターミナルにてキャンペーン実施

 沖縄地区税関石垣税関支署は、「薬物及び銃器取締強化期間」に伴う、広報活動の一環として10月11日(金)、南ぬ島石垣空港国内線旅客ターミナルビル内到着ロビーにおいて、一般市民に対し、不正薬物・銃器に係る監視取締りの重要性をPRするとともに、密輸ダイヤル0120−461−961(シロイ クロイ)への密輸情報提供を呼びかけた。            

協力依頼の呼びかけ1

協力依頼の呼びかけ2

 

平成25年10月10日(木曜日)

 

石垣市立八島小学校において税関教室開催

 沖縄地区税関石垣税関支署は、石垣市立八島小学校において、10月期「薬物及び銃器取締強化期間」に伴う広報活動の一環として、生徒270名を対象とした税関教室を開催した。

説明を聞く児童の皆さん

麻薬探知犬によるデモ

 

沖縄通関業会との合同街頭キャンペーン実施

 沖縄地区税関は、「薬物および銃器取締強化期間」に伴い那覇市パレットくもじイベント広場で沖縄通関業会と合同による街頭キャンペーンを実施した。同広場を通行する県民の皆様に、協力依頼のチラシを配布し、不正薬物等社会悪物品の水際での取締状況をPRするとともに、密輸ダイヤル0120−461−961(シロイ クロイ)への密輸情報提供を呼びかけた。            

協力依頼の呼びかけ1

協力依頼の呼びかけ2

 

平成25年10月8日(火曜日)

 

那覇空港国際線旅客ターミナルにてキャンペーン実施

 沖縄地区税関那覇空港税関支署は、「薬物および銃器取締強化期間」に伴い那覇空港国際線旅客ターミナルビルにて、密輸情報提供依頼のチラシ配布を行うなどのキャンペーンを実施した。            

協力依頼の呼びかけ1

協力依頼の呼びかけ2

 

平成25年10月4日(金曜日)

 

沖縄市ミュージックタウン音市場にて街頭キャンペーン実施

 沖縄地区税関沖縄税関支署は、「薬物および銃器取締強化期間」に伴い沖縄市ミュージックタウン音市場にて街頭キャンペーンを実施した。通行する市民の方に、協力依頼のチラシを配布し、不正薬物等社会悪物品の水際での取締状況をPRするとともに、密輸ダイヤル0120−461−961(シロイ クロイ)への密輸情報提供を呼びかけた。            

協力依頼の呼びかけ1

協力依頼の呼びかけ2

 

平成25年10月1日(火曜日)

 

アジアビジネス実践講座において税関説明会実施

 沖縄地区税関は、沖縄県産業振興公社、内閣府沖縄総合事務局、中小企業基盤整備機構沖縄事務所主催のアジアビジネス実践講座(商談スキル実践セミナー)に講師を派遣し、「輸出に必要な手続きとは」と題した説明会を実施した。            

税関説明会の様子1

税関説明会の様子2

 

平成25年9月26日(木曜日)

 

沖縄地区税関名誉署長委嘱式を実施

 沖縄地区税関は、沖縄地区税関名誉署長(久米島地区)の委嘱式を実施し、久米島商工会会長で、FM久米島株式会社代表取締役の嘉手苅一氏に1期目の委嘱を行った。
 嘉手苅名誉署長から「地域住民との交流を深め、地域と税関との良きパイプ役として、微力ながら尽力してまいりたい。」とのコメントがあった。

委嘱式の様子1

委嘱式の様子2

 

浦添市立前田小学校で税関講演会実施

 沖縄地区税関は、浦添市立前田小学校において、同校6年生を対象とした税関講演会を実施した。
 当日は、不正薬物、けん銃、ワシントン条約該当物品及びコピー商品などの水際阻止に取り組む税関の役割や不正薬物の恐ろしさについて説明したほか、麻薬探知犬によるデモンストレーションを行った。            

説明を聞く児童の皆さん

麻薬探知犬によるデモ

 

平成25年9月5日(木曜日)

 

出港前報告制度に係る接続試験等説明会を実施

 沖縄地区税関は、那覇港湾合同庁舎において関税局監視課及びNACCSセンターの担当者を講師に、出港前報告制度に係る接続試験等の実施及び制度開始までのスケジュール等について理解を深めて頂くことを目的として関係業界に対し説明会を実施した。            

説明会の様子1

説明会の様子2

 

平成25年9月4日(水曜日)

 

平成25事務年度税関モニター委嘱状交付及び第一回税関業務説明会を実施

 沖縄地区税関は、平成25事務年度税関モニターに委嘱状を交付し、第一回税関モニター業務説明会を行った。税関モニターの方々へ業務説明を行った後、税関長及び幹部職員らと意見交換を実施した。

 業務説明及び意見交換の様子1

 業務説明及び意見交換の様子2

 

知的財産侵害物品差止状況の発表

 沖縄地区税関は、平成25年1月から6月までの沖縄地区税関における知的財産侵害物品の差止状況を発表した。沖縄地区税関における平成25年1月から6月までの知的財産侵害物品の輸入差止件数は244件で前年同期比34.8%の増加となった。(報道発表資料へリンク

 報道機関に対する差止状況発表の様子

 知的財産侵害物品の一部

 

平成25年9月3日(火曜日)

 

沖縄地区税関・沖縄県行政事務連絡会議を開催

 沖縄地区税関は、沖縄県及び那覇港管理組合と行政事務連絡会議を開催した。
 本会議は、沖縄県における税関行政に係る地域ニーズを把握すること及び沖縄県の諸施策について、当関と沖縄県、那覇港管理組合が情報・意見交換をすることで、貿易等に関する諸制度が円滑に運営されることを目的としており、今回で18回目の開催となります。            

会議の様子1

会議の様子2

 

平成25年8月14日(水曜日)

 

前田、松島、城北小学校生の税関見学会を実施

 沖縄地区税関は、浦添市立前田小学校、那覇市立松島及び城北小学校生を対象とした職場見学学習会を実施した。
 当日は、小学6年生11名と保護者5名を含めた総勢16名に対して、不正薬物、けん銃、コピー商品などの水際阻止に取り組む税関の役割や不正薬物の恐ろしさについて説明したほか、監視艇「しまかぜ」の見学及び那覇空港税関支署においてエックス線検査装置のデモンストレーションを行った。

 広報展示室前にて記念撮影

 監視艇「しまかぜ」見学の様子

 エックス線検査装置のデモンストレーション見学の様子

 

平成25年7月31日(水曜日)

 

通関関係書類の電磁的記録による提出に係る説明会を実施

 7月31日(水)、那覇港湾合同庁舎において関税局業務課及びNACCSセンターの各担当者を講師に、通関関係書類の電子化・ペーパーレス化への取組みについて関係業者を対象に説明会を行った。            

説明会の様子1

説明会の様子2

 

平成25年6月19日(水曜日)

 

米国空軍特別捜査局沖縄624分遣隊長へ感謝状贈呈

 米国空軍特別捜査局沖縄624分遣隊の隊長ジョセフ ラヴィール氏が退官されるにあたり、同氏の在任中における功績に対して、濱岡税関長から感謝状の贈呈が行われた。            

記念撮影1

記念撮影2

 

平成25年5月28日(火曜日)

 

在日米海軍犯罪捜査局沖縄事務所長ら3氏へ感謝状贈呈

 在日米海軍犯罪捜査局沖縄事務所の所長クリフトン J エバートン三世氏、副所長マイケル C コーティー氏、同じく副所長ケネス W ウィーラー二世氏が6月から7月に離任するにあたり、同氏らの在任中における功績に対して、濱岡税関長から感謝状の贈呈が行われた。            

 記念撮影

 

平成25年5月22日(水曜日)

 

那覇空港国際線旅客ターミナルにてキャンペーン実施

 沖縄地区税関那覇空港税関支署は、「薬物および銃器取締強化期間」に伴い那覇空港国際線ターミナルビルにて、密輸情報提供依頼のチラシ配布を行うなどのキャンペーンを実施した。

 協力依頼の呼びかけ1(那覇空港国際線旅客ターミナル)

 協力依頼の呼びかけ2(那覇空港国際線旅客ターミナル)

 

波照間小中学校において税関教室実施

 沖縄地区税関石垣税関支署は、竹富町波照間島にある波照間小中学校において5月期「薬物及び銃器取締強化期間」に伴う広報活動の一環として中学生9名及び教員6名参加の下、総合学習の時間を利用して税関教室を実施した。

 税関教室の様子1

 税関教室の様子2

 

平成25年5月17日(金曜日)

 

濱岡沖縄地区税関長、講演会を実施

 濱岡税関長が、那覇市内のホテルで開催された(財)日本関税協会沖縄支部主催の講演会において、「最近の税関行政について」と題し沖縄の経済活動と貿易関連、税関をめぐる諸情勢と税関の対応等について講演会を行った。

 講演会の様子1

 講演会の様子2

 

平成25年5月14日(火曜日)

 

沖縄通関業会との合同街頭キャンペーン実施

 沖縄地区税関は、「薬物および銃器取締強化期間」に伴い那覇市パレットくもじイベント広場で沖縄通関業会と合同による街頭キャンペーンを実施した。同広場を通行する県民の方に、協力依頼のチラシを配布し、不正薬物等社会悪物品の水際での取締状況をPRするとともに、密輸ダイヤル0120−461−961(シロイ クロイ)への密輸情報提供を呼びかけた。

 沖縄通関業会との合同街頭キャンペーン(那覇市パレットくもじイベント広場)

 沖縄通関業会との合同街頭キャンペーン (那覇市パレットくもじイベント広場)

 

平成25年5月10日(金曜日)

 

沖縄市ミュージックタウン音市場にて街頭キャンペーン実施

 沖縄地区税関沖縄税関支署は、「薬物および銃器取締強化期間」に伴い沖縄市ミュージックタウン音市場にて街頭キャンペーンを実施した。通行する市民の方に、協力依頼のチラシを配布し、不正薬物等社会悪物品の水際での取締状況をPRするとともに、密輸ダイヤル0120−461−961(シロイ クロイ)への密輸情報提供を呼びかけた。

薬物及び銃器取締強化期間キャンペーン(沖縄市ミュージックタウン音市場)

薬物及び銃器取締強化期間キャンペーン(沖縄市ミュージックタウン音市場)

 

石垣空港国内線旅客ターミナルにてキャンペーン実施

 沖縄地区税関石垣税関支署は、「薬物および銃器取締強化期間」に伴い石垣空港国内線旅客ターミナルビルにてキャンペーンを実施した。同施設利用者に、協力依頼のチラシを配布し、不正薬物等社会悪物品の水際での取締状況をPRするとともに、密輸ダイヤル0120−461−961(シロイ クロイ)への密輸情報提供を呼びかけた。

薬物及び銃器取締強化期間キャンペーン(石垣空港国内線旅客ターミナル)

薬物及び銃器取締強化期間キャンペーン(石垣空港国内線旅客ターミナル)

 

沖縄地区税関保税事務連絡協議会主催の保税業務研修会に講師派遣

 沖縄地区税関は、沖縄地区税関保税事務連絡協議会が主催する保税業務研修会に講師を派遣し、会員約80名に対し保税地域における貨物管理等について説明を行った。

保税業務研修会に講師派遣(主催:沖縄地区税関保税事務連絡協議会)

保税業務研修会に講師派遣(主催:沖縄地区税関保税事務連絡協議会)

 

平成25年度関税定率法等改正に係る概要説明会を開催

 沖縄地区税関は、那覇港湾合同庁舎において関税局業務課、関税課の担当者を講師に、関税改正に伴う説明会を実施し、通関業務に携わる貿易関係者23社24名が参加した。

 平成25年度関税定率法等改正に係る概要説明会

 平成25年度関税定率法等改正に係る概要説明会

 

平成25年5月8日(水曜日)

 

在日米国海兵隊統合郵便局業務部長へ感謝状贈呈

 在日米国海兵隊統合郵便局(CPS)の業務部長エリック A グレンボウイック氏が5月に離任するにあたり、同氏の在任中における功績に対して、川野監視担当次長から感謝状の贈呈が行われた。            

 在日米国海兵隊統合郵便局業務部長へ感謝状贈呈

 

平成25年5月7日(火曜日)

 

税関業務説明会を実施

 沖縄地区税関沖縄税関支署は、「薬物及び銃器取締強化月間」の一貫として、外国籍ヨットが多数入港する宜野湾マリーナ職員に対する税関業務説明会を実施するとともに、外国籍ヨット等が入港した場合の連絡体制等について協力依頼を行いました。            

 税関業務説明会(沖縄税関支署)

 

平成25年4月11日(木曜日)

 

平成25年度第1回通関連絡会を開催

 那覇港湾合同庁舎において、平成25年度第1回通関連絡会が開催された。税関から沖縄通関業会に対し業務説明及び指示事項の伝達が行われた。

 平成25年度第1回通関連絡会

 平成25年度第1回通関連絡会

 

平成25年3月28日(木曜日)

 

平成25年度関税定率法等改正説明会を開催

 沖縄地区税関は、那覇港湾合同庁舎において、通関業務に携わる業界関係者等27社35名に対し、平成25年度関税定率法等の改正に係る概要説明会を開催した。

 平成25年度関税定率法等改正説明会

 平成25年度関税定率法等改正説明会

 

平成25年3月19日(火曜日)

 

平成24事務年度第3回税関モニター職場見学及び意見交換会を開催

 沖縄地区税関は、平成24事務年度第3回税関モニター職場見学及び意見交換会を開催した。税関モニターの方々に那覇外郵出張所において国際郵便物の検査状況やコピー商品などの知的財産侵害物品の差止め状況などを見学していただいた後、税関長及び幹部職員らと意見交換を実施した。

 平成24事務年度第3回税関モニター職場見学及び意見交換会

 平成24事務年度第3回税関モニター職場見学及び意見交換会

 

平成25年3月6日(水曜日)

 

通関関係書類の電子化・ペーパーレス化への取組みに係る説明会を実施

 沖縄地区税関は、那覇港湾合同庁舎において関税局業務課の担当者を講師に、通関関係書類の電子化・ペーパーレス化への取組みについて説明会を実施した。説明会には、貿易関係者23社26名が参加し、担当者からの説明後質疑応答も行われた。

 通関関係書類の電子化・ペーパーレス化への取組みに係る説明会

 通関関係書類の電子化・ペーパーレス化への取組みに係る説明会

 

平成25年3月4日(月曜日)

 

知的財産侵害物品差止め状況の発表

 沖縄地区税関は、平成24年の沖縄地区税関における知的財産侵害物品の差止状況を発表するとともに、これらコピー商品の廃棄処分風景についても報道機関に公開した。沖縄地区税関における平成24年の知的財産侵害物品の輸入差止件数は410件で前年比83.9%の増加となった。
(報道発表資料へリンク)

 知的財産侵害物品差止め状況発表

 知的財産侵害物品差止め状況発表

 

平成25年2月18日(月曜日)

 

沖縄地区税関平成24年関税法違反事件取締状況を発表

 沖縄地区税関は2月18日、那覇港湾合同庁舎において平成24年の関税法違反事件の取締状況について記者発表を行った。不正薬物等の密輸動向とともに、管内における主な摘発事例について事件概要を説明した。
(平成24年関税法違反事件取締状況へリンク)

 平成24年関税法違反事件取締状況発表(沖縄地区税関)

 平成24年関税法違反事件取締状況発表(沖縄地区税関)

 

平成25年2月12日(火曜日)

 

専門学校生に対する税関業務説明会実施

 沖縄地区税関は、那覇空港税関支署において専門学校那覇日経ビジネス公務員ビジネス科の生徒ら20名に対し、税関広報ビデオ、X線貨物検査装置のデモンストレーション及び同支署通関部門における輸入通関の概要説明などを披露することにより、税関の仕事を理解してもらうとともに密輸情報の提供について協力をお願いした。

 専門学校生に対する税関業務説明会

 専門学校生に対する税関業務説明会

 

平成25年2月8日(金曜日)

 

専門学校生に対する税関業務説明会実施

 沖縄地区税関は、那覇空港税関支署において沖縄ペットワールド専門学校の生徒ら16名に対し、税関広報ビデオや麻薬探知犬による公開訓練を披露することにより、税関の仕事を理解してもらうとともに密輸情報の提供について協力をお願いした。

 専門学校生に対する税関業務説明会

 専門学校生に対する税関業務説明会

 

平成25年2月1日(金曜日)

 

沖縄三越前で街頭キャンペーン実施

 沖縄地区税関は「情報収集強化月間」に伴い、那覇市国際通り沖縄三越前において街頭キャンペーンを実施した。観光客や一般の通行人に対しチラシを配布し、不正薬物等社会悪物品の水際での取締りなど、税関の取り組み状況をPRするとともに、密輸情報の積極的な提供について協力を呼び掛けた。

 沖縄三越前で街頭キャンペーン

 沖縄三越前で街頭キャンペーン

 

平成25年1月23日(水曜日)

 

平成24年度第4回通関連絡会を開催

 沖縄地区税関は、那覇港湾合同庁舎において、平成24年度第4回通関連絡会を開催した。税関側から沖縄通関業会に対し業務説明及び指示事項の伝達等が行われた。

 平成24年度第4回通関連絡会

 平成24年度第4回通関連絡会

 

平成25年1月18日(金曜日)

 

沖縄県警職員へ業務説明会実施

 沖縄地区税関は、那覇港湾合同庁舎及び那覇空港税関支署において沖縄県警察本部が実施する研修の一環として、警察官研修生17名を対象に税関業務説明会を行った。
 同説明会では、最近の密輸摘発事例等の説明の他、税関輸出入貨物検査場において貨物検査装置の実機を稼働させてのデモンストレーション、那覇空港税関支署における麻薬探知犬模擬訓練の見学等を行うなど税関業務の理解をさらに深め、今後の両者の円滑な協力関係の構築を図った。

 沖縄県警職員へ業務説明会

 

 


 

                                        ▲ページトップへ▲