全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 沖縄地区税関 > マカオ来日本人旅客等による金地金不正輸入事犯を告発

マカオ来日本人旅客等による金地金不正輸入事犯を告発

 

▼マカオ来日本人旅客等による金地金112Kg不正輸入事犯を告発

 (平成28年7月22日発表)

 沖縄地区税関は、平成27年12月16日、金地金を密輸入しようとした犯則嫌疑者6名について、平成28年6月28日、関税法違反で東京地方検察庁に告発した。
 また、本件の犯則嫌疑者1名について、別途、平成28年7月22日、関税法違反で東京地方検察庁に告発した。

犯則(押収)物件
   金地金  112塊(112キログラム)
   鑑定価格  4億7,572万6,706円

 犯則嫌疑者らは、平成27年12月16日、マカオから航空機を利用し那覇空港に到着・入国した際、同航空機に積まれていた金地金が隠匿されたスーツケースが残存する事実を申告せず、同スーツケースに対する税関検査を免れさせようとする一方、入国に伴う税関検査を受けるに際し、同スーツケースが同航空機内に残存している事実及び同スーツケース内に隠匿された金地金を輸入する事実を秘し、税関長の許可を受けることなく輸入しようとするとともに、これらに対する消費税及び地方消費税を免れようとしたが、那覇空港税関支署職員により発見され摘発されたもの。
(ほ脱税額  消費税:2千997万700円、地方消費税:808万7,300円)

 マカオ来日本人旅客等による金地金不正輸入事犯を告発_平成28年7月22日(金)発表

 

 マカオ来日本人旅客等による金地金不正輸入事犯を告発_平成7月22日(金)発表