全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 東京税関 > 税関手続きのご案内 > 税関手続きに関する相談

税関手続きに関する相談

 税関手続きに関する相談は税関相談官でお受けいたします。
 なお、「
品目分類(税番・税率)」「評価申告(課税価格)」「原産地認定」「知的財産(認定手続)」については、各個別相談先をご覧ください。

 1.相談の前にご確認いただきたいこと
●カスタムスアンサー
 税関手続のよくあるご質問につきましては「
カスタムスアンサー」をご利用ください。
注意事項
[自社または個人で貨物の通関を検討されている方へ]
 「輸出入通関の税関手続きは原則として、貨物を蔵置している倉庫等を管轄する税関官署で行う必要があります。倉庫等を確認の上、管轄する税関官署にお問い合わせ下さい。
(倉庫及び管轄税関官署につきましては、貨物の到着通知のあった業者にお問い合わせいただくか、お手持ちの関係書類(到着通知(ARRIVAL NOTICE等))に記載されている保税地域コードをご参照下さい。)
 → 東京税関保税蔵置場一覧(PDF248KB)

[最近、税関相談官室には、「海外に注文した品物が届かない」、「税関が長期間貨物を留め置いている」といった問合せが多く寄せられています。]
 外国から貨物を輸入する場合には、原則として、輸入される方が税関へ輸入(納税)申告を行い、税関の検査が必要とされる貨物については検査を受けた後、関税、消費税等を納付して輸入の許可を受けることになります。輸入(納税)申告等によって税関手続きが開始されますが、それ以前の貨物の状況等については税関では把握できません。税関手続きが開始されているか否かについてご確認していただき、税関手続開始前であれば物流会社等にお問合せをいただくようお願いいたします。
 どのような運送手段で輸入するかによって、輸入通関の流れ(税関手続の開始時点)は異なります。詳細は以下をご参照ください。
 → 留意事項(国際宅配便/国際郵便物)(PDF91KB)


2.窓口、電話相談(※電子メールによる相談も受け付けています。)
 ・受付時間:平日(月〜金曜日)9時〜17時
         ※1の官署は 8時30分〜17時(12時15分〜13時を除く)
         ※2の官署は 土曜日9時〜12時
         ※3の官署は (12時15分〜13時を除く)
         も受け付けております。


※下記の官署以外に申告される方又は通関手続き全般については、東京税関(本関)までお問い合わせ下さい。


 ・官署名をクリックすると所在地図もご覧になれます。

 

相談受付官署

電話番号

Eメールアドレス

東京税関(本関) 03-3529-0700tyo-gyomu-sodankan@customs.go.jp
大井出張所 ※303-3790-6803
東京外郵出張所 ※203-5665-3755
成田税関支署(旅客担当) ※10476-34-2128 又は2129
成田航空貨物出張所(貨物担当) ※10476-32-6020
羽田税関支署(旅客担当) ※3050-5533-6962
羽田税関支署(貨物担当) ※3050-5533-6988

(注)電子メールによる相談については、こちらから相談内容を確認する場合もありますので、氏名に加え、差し支えなければ電話番号をご記載ください。(半角カタカナ、特殊文字等は文字化けの原因になりますので使用しないでください。)