全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 東京税関 > 東京税関相談コーナー > 税番(関税分類)・税率に関する相談・お問合せ

税番(関税分類)・税率に関する相談・お問合せ

 輸出入される物品の分類は、関税率表に基づいて行われます。その物品を関税率表上に適切に当てはめる作業を関税分類(HS分類)と呼び、分類した箇所のHS番号及び細分番号を税表番号(税番)と呼びます。輸入商品の関税率は、この税番に対応して決定されます。(詳しくはこちらをクリック)
 なお、我が国では輸出には関税はかかりません。

1. 文書による照会(正確な税番を知りたい方)

文書による照会
 税関様式により照会することで、輸入申告の際に3年間尊重される文書による回答を得られます。関税分類に関する税関の公式意見であり、この方法による照会をお勧めいたします。
 〉〉〉 照会方法はこちらをクリック
 
※規定の書式(税関様式)により照会してください(提出先:東京税関 業務部 首席関税鑑査官)


2. 電子メール、窓口または電話による照会(参考情報として税番を知りたい方)

 貨物情報が不確定でも、参考情報として考えられる税番を回答します。ただし、参考意見であるため、輸入申告の際に回答内容と異なる税番・税率になる場合がございますので御了承ください。

 電子メールによる照会
 下記の照会フォームに入力後、電子メールに添付のうえ送付先アドレスまでご照会ください。
 〉〉〉 照会フォーム、記載要領及び記載例はこちらをクリック(EXCEL:133KB)
      (送付先)tyo-gyomu-info@customs.go.jp 又は tyo-gyomu-bunrui@customs.go.jp

 照会にあたって

○ 製法、性状、成分割合、用途等について正確に把握した上で、照会するようにお願いいたします。照会貨物の情報が不足している等の場合には、税番を決めるために質問をさせていただくこともありますので、なるべく詳しい情報のご入力をお願いいたします。

○ 見本(サンプル)が必要な物品の照会は、メールによる回答は出来ません。サンプル等をご持参の上、税関窓口にて直接照会していただくか、文書による事前教示をお勧めします。

回答について

○ 極力早期の回答に努めておりますが、ご照会の際に開封確認の設定をしていただきますと、メールが送信されたことの確認が出来ますので、設定をおすすめします。

○ 回答は、原則メールにて、照会日の翌開庁日までの出来るだけ早期の送信に努めております。電話にてお早目の回答を希望される場合は、その旨をメール本文に追記してください。メールの送信による回答に代わりまして、お電話にて回答いたします。

税関からの回答例はこちらをクリック(EXCEL:42KB)

 

 窓口・電話による照会
担当部署
(窓口・電話)

東京税関 業務部 首席関税鑑査官
 (住所)〒135-8615 東京都江東区青海2-7-11
              東京港湾合同庁舎(東京税関本関)3階
 (電話)03-3529-0700 ※ 業務部相談官より担当者をご案内いたします

受付時間
(窓口・電話)

平日(月〜金)9:00〜12:00、13:00〜17:00
※ 祝祭日及び年末年始を除く

 照会にあたって

○ 窓口にてご照会の方は、サンプル等ご持参の上、お問合せください。
○ 電話にてご照会の方は、貨物内容についてご説明ください。

 回答について

○ 基本的に照会日にご回答できるよう努めております。


【過去の文書による事前教示の回答事例】
 参考情報として、類似商品の文書による照会例を検索されたい方  〉〉〉  (こちらをクリック)
 過去の文書による事前教示の回答事例を、一般的な商品名、貨物概要、税番等から検索することが出来ます。
 下記の参考資料と併せて検索されますと、より効果的です。

  参考資料(実行関税率表・輸出統計品目表・関税率表解説・関税分類例規集等)

【税関手続きQ&A(よくある質問)】
 
よくある質問を「税関手続きQ&A(よくある質問)」に掲載しておりますのでご利用ください。