全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 東京税関 > 東京税関の歴史

東京税関の歴史

税関の歴史、それは鎖国の終りで始まった

 鎖国政策を続けた江戸時代には、長崎の出島が、日本と外国を結ぶ唯一の港でしたが、幕末の安政元年(1854年)に結ばれた日米和親条約を皮切りに、我が国は諸外国に対し、次々に港を開きました。
安政6年(1859年)、長崎、神奈川及び箱館(函館)の港に「運上所」が設けられ、運上事務及び外交事務を取り行うことになりました。これが税関の前身です。
その後、明治5年(1872年)11月28日、運上所は「税関」と呼称統一され、ここに税関は正式に発足しました。したがって、税関では毎年11月28日を「税関記念日」としています。

東京税関のあゆみ

 東京港における税関の歴史は、慶応3年(1867年)10月に幕府により、江戸築地鉄砲洲(現在の中央区明石町)に設けられた東京運上所までさかのぼることができます。一方、現在の東京税関は、昭和28年8月それまでの横浜税関東京税関支署を廃止して、首都東京を管轄区域とする税関として独立したのが始まりです。
その後、埼玉、群馬、山梨、新潟、山形の5県が管轄区域として加わりました。
なお、新潟港は明治元年(1868年)に開港しました。当時の新潟税関庁舎が同所に現存しており、現在は重要文化財に指定され、新潟郷土資料館として一般公開されています。

写真:東京運上所(錦絵「東都名所 鉄砲洲明石橋之景」)写真:旧新潟運上所(後の新潟税関支署)現郷土資料館

 

東京税関主要年表

慶応3年(1867)

10月

幕府、江戸築地鉄砲洲に運上所を開設

明治5年(1872)

11月

全国の運上所が「税関」と呼称統一される

昭和28年(1953)

8月

東京税関開設(横浜税関から独立)、東京都を管轄区域とする

9月

東京外郵出張所、立川出張所開設

30年(1955)

8月

管轄区域に埼玉、群馬、山梨、新潟、山形の5県が加わり、横浜税関から新潟税関支署及び酒田税関支署が移管される。

10月

芝浦出張所開設

39年(1964)

3月

本関庁舎が品川埠頭に完成

41年(1966)

4月

晴海出張所開設

44年(1969)

4月

前橋出張所開設

45年(1970)

3月

貿易センタービル出張所開設

47年(1972)

3月

大井出張所開設

49年(1974)

4月

東京航空貨物出張所開設

53年(1978)

5月

成田税関支署開設(羽田税関支署廃止)羽田出張所開設

8月

輸入航空貨物通関業務の電算処理開始(NACCS稼働)

54年(1979)

6月

麻薬探知犬導入

60年(1985)

1月

輸出航空貨物通関業務の電算処理開始(NACCS輸出入統合システムとして稼働)

62年(1987)

10月

東京税関麻薬探知犬訓練センター開所

平成2年(1990)

6月

山梨政令派出所開設

7月

酒田税関支署山形出張所開設(山形派出所廃止)

3年(1991)

10月

海上貨物通関業務の電算処理開始(Sea-NACCS稼動)

5年(1993)

3月

新潟税関支署三条・燕政令派出所開設

7月

成田空港に場内犬(パッシブ・ドッグ)導入

8年(1996)

4月

埼玉方面事務所開設

10年(1998)

7月

成田航空貨物出張所開設

12年(2000)

9月

本関庁舎、江東区青海に移転(現庁舎)

14年(2002)

4月

前橋出張所太田派出所開設

15年(2003)

3月

税関手続申請システム(CuPES)稼動

3月

東京税関コンテナ検査センター開設

16年(2004)

3月

東京税関新潟コンテナ検査センター開設

7月

成田南部航空貨物出張所開設

17年(2005)

1月

事前旅客情報システム(APIS)導入

10月

東京外郵出張所、江東区新砂に移転

18年(2006)

 3月

東京税関城南島コンテナ検査センター開設 

21年(2009)

 7月

佐渡監視署開設

22年(2010)

 6月

晴海出張所廃止

 7月

羽田出張所廃止、羽田税関支署開設