全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 新着情報〜お知らせ〜 > 通関関係書類の電子化・ペーパーレス化への取組みについて(最終更新 平成27年12月25日)

通関関係書類の電子化・ペーパーレス化への取組みについて

通関関係書類の電子化・ペーパーレス化に係る促進策の実施について

 通関関係書類の電子化・ペーパーレス化に関して、新たに促進策を策定しました。



通関関係書類の電磁的記録による提出について(平成25年10月13日実施)

 平成25年10月13日より、輸出入通関に際して、税関に提出する必要がある通関関係書類をPDF等の電磁的記録により提出することが可能となります。
 通関関係書類については、これまで書面(紙)により提出することしかできませんでしたが、これにより、電磁的記録により提出することも可能となるため、書類の提出方法の選択肢が広がることとなります。
 税関においては、輸出入申告された内容と電磁的記録により提出された通関関係書類により審査を行ったうえで、書面(紙)による確認が不要と判断した場合については許可することとしています。なお、提出された通関関係書類に原本性の確認が必要な書類や通関数量等の裏落しを必要とする書類等が含まれている場合については、輸出入の許可の日から3日以内に原本を書面により提出又は提示する必要があります。
 また、関税法第70条に基づく他法令確認書類のうち一部の書類については、輸出入の審査の際に原本を書面により提出又は提示する必要があります。
 この取扱いの詳細については「通関関係書類の電磁的記録による提出に係るQ&A」の項目番号50に記載しておりますのでご確認ください。

  • 通関関係書類の電磁的記録による提出について(Q&A)
  1. 通関関係書類の電磁的記録による提出に係るQ&APDFファイル[pdf;157kb](H27.3.12更新)

  2. 【別紙】「輸出入の許可の日から3日以内に原本を書面により提出又は提示する必要があるもの」及び「輸出入の審査の際に原本を書面により提出又は提示する必要があるもの」の取扱いについて(Q&A No.50関係)PDFファイル[pdf;193kb])(H27.1.15更新)

    ≪H28.1.1より実施≫
    【別紙】「輸出入の許可の日から3日以内に原本を書面により提出又は提示する必要があるもの」及び「輸出入の審査の際に原本を書面により提出又は提示する必要があるもの」の取扱いについて(Q&A No.50関係)PDFファイル
    [pdf;227kb])(H27.12.25更新)

  3. 【別紙】NACCS業務の対象となっていない減免戻し税関係手続一覧(Q&A No.64-1関係)PDFファイル[pdf;14kb]


通関関係書類の電子化・ペーパーレス化の利用を促進するためのリーフレットの作成について

 平成29年の次期NACCS稼働時に『通関手続に係る電子手続の原則化』を実現することとしており、これを見据えた事前準備を進めて頂くことを目的として、通関業者及び輸出入者の皆様に対して、通関関係書類の電子化・ペーパーレス化に積極的に取り組んでいただくよう、メリット等を記載したリーフレットを作成しました。



通関関係書類の電子化・ペーパーレス化に向けた取組みの全体像等及び通関関係書類のPDF等の電磁的記録による提出状況の公表について(平成26年11月12日公表)

 通関関係書類の電子化・ペーパーレス化に向けた取組みの全体像及び工程表の見直しを行うとともに通関関係書類のPDF等の電磁的記録による提出状況をまとめましたのでお知らせします。
 また、平成26年11月25日より、NACCSの新規業務として「医薬品等輸出入手続オンラインシステム」の利用が開始されますので、併せてお知らせします。

  1. 通関関係書類の電子化・ペーパーレス化に向けた取組みの全体像及び工程表 PDFファイル[pdf;148kb]

  2. 通関関係書類のPDF等の電磁的記録による提出状況 (平成27年11月分まで)PDFファイル[pdf;210kb]

  3. 医薬品等輸出入手続オンラインシステムの利用開始PDFファイル[pdf;136kb]


通関関係書類の電磁的記録による提出に係るアンケート結果について(平成26年4月24日公表)

 平成26年1月27日〜2月7日にかけて、通関関係書類のPDF等の電磁的記録による提出に係るアンケート調査を行いましたので、その結果についてお知らせいたします。



通関関係書類の電磁的記録による提出に関する原本提出等の識別コードの新設について(平成26年3月16日実施)

 平成26年3月16日より、通関係書類に原本を書面により提出又は提示する必要がある書類が含まれる申告については、輸出入申告等控、輸出入許可通知書等の審査区分欄の1桁目に新たな識別コードが表示されます。
 これにより通関関係書類を電磁的記録により提出した場合に、原本を書面により提出又は提示する必要がある書類が含まれるか否かが容易に判別できるようになります。

  1. 通関関係書類の電磁的記録による提出に関する原本提出等の識別コードの新設についてPDFファイル[pdf;67kb](H27.3.12更新)

  2. 「G」表示パターン表【輸入】【輸出】PDFファイル[pdf;48kb]】(H27.1.15更新)


通関関係書類の電子化・ペーパーレス化への取組み

 関税局・税関では、更なる貿易円滑化の観点から、「通関関係書類の電子化・ペーパーレス化を促進すること」、「NACCSにおける貿易手続全般に係る国際物流情報プラットフォームとしての機能強化を図ること」を目標として掲げ、通関関係書類の電子化・ペーパーレス化に向けて取組んでいます。
 その一環として、電子化・ペーパーレス化の推進及びリードタイム短縮・コスト削減の観点から、平成25年10月より、通関関係書類をPDF等の電磁的記録により提出することを可能とします。
 この取組みについて、関税局と輸出入・港湾関連情報処理センター(株)は共同して、全国の主要都市において通関関係事業者の皆様を対象とした業界説明会を2回開催しました。

  • 通関関係書類の電子化・ペーパーレス化への取組みに係る説明会(1回目:平成25年2月〜3月開催)
  1. 関税局説明資料PDFファイル[pdf;295kb]

  2. 輸出入・港湾関連情報処理センター(株)説明資料PDFファイル[pdf;925kb]


  • 通関関係書類の電磁的記録による提出に係る説明会(2回目:平成25年7月〜8月開催)
  1. 関税局説明資料PDFファイル[pdf;218kb]

  2. 輸出入・港湾関連情報処理センター(株)説明資料PDFファイル[pdf;1,951kb]



(最終更新 平成27年12月25日)