現在位置:
トップページ > 侵害物品の処分

侵害物品の処分

 
知的財産侵害物品は「輸入してはならない貨物」であり、国内に持ち込めません。
知的財産侵害物品は、殆んどの場合、滅却(廃棄・焼却)等の処分となります。

 

1.侵害品の数々

写真

2.ホッパーにより粉砕装置へ

写真

3.粉々に粉砕された侵害物品

写真

4.粉々に粉砕された侵害物品

写真

 

税関では、関税法第69条の11第2項の規定に基づいて没収した知的財産権侵害物品は、処分場において、裁断、焼却等を行います。