全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 海外旅行の手続 > 税関検査場電子申告ゲートの運用を開始

税関検査場電子申告ゲートの運用を開始

2019年4月15日(月)から、成田空港第3ターミナルにおいて税関検査場電子申告ゲートの運用を開始しました。

税関検査場電子申告ゲートを利用すると、ターンテーブルに手荷物が出てくるまでの待ち時間を利用して、「携帯品・別送品申告書」を電子的に提出することができ、手荷物を受取った後、電子申告ゲートへ進むと立ち止まることなく、スムーズにゲートを通過することができます。

成田空港第3ターミナルを利用して日本に入国する際は、ぜひ電子申告ゲートをご利用ください。

導入の目的

税関検査場電子申告ゲートは、増加し続ける入国旅客の円滑な入国と待ち時間の短縮、税関検査場の混雑の緩和を図るために導入するものです。

今回、成田空港第3ターミナルに先行導入しますが、順次、利用できる空港・ターミナルを拡大していく予定です。

税関検査場電子申告ゲートの概要

1. 税関申告アプリ

電子申告アプリ

税関申告アプリをダウンロードして、案内に従って入力すると「携帯品・別送品申告書」の情報が含まれたQRコードを作成することができます。

※税関申告アプリは以下のQRコードからダウンロードしてください。

App StoreGoogle Play
AppStoreQRコードGooglePlayQRコード
https://itunes.apple.com/jp/app/id1454991621https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.customs.EGateMobile

2. 電子申告端末

電子申告端末

電子申告端末は、成田空港第3ターミナルの税関検査場に設置されています。税関申告アプリで作成したQRコードとIC旅券(パスポート)を読み取らせ、案内に従って手続きを進めることにより「携帯品・別送品申告書」の提出手続きが完了します。また、端末で手続きをする間に顔写真を撮影して、旅券(パスポート)のICチップに搭載された顔画像と照合して本人確認を行います。
※撮影した顔写真は、本人確認のための照合及びゲート通過時の顔認証に使用し、使用後は速やかに削除されます。

3. 電子申告ゲート

電子申告ゲート

電子申告端末での手続きを完了させ、電子申告ゲートに進むと歩きながら顔写真を撮影し顔認証が行われるため、スムーズに通過することができます。
※撮影した顔写真は、ゲート通過時の顔認証に使用し、使用後は速やかに削除されます。

 

利用方法

利用方法

利用にあたっての留意事項

  • 運用開始当初は、利用対象者を、日本国旅券を利用する旅客に限定しますが、一定期間が経過し、安定的な稼働が確認できた時点で、利用対象旅客を拡大します。拡大の時期はあらためてお知らせします。
  • 機器の都合上、身長が100p以上の方のご利用に限らせていただきます。
  • 電子申告端末での申告手続きと電子申告ゲートの通過の際に顔認証のための顔写真の撮影を行いますので、マスクやサングラス等の顔を覆うものは外してください。
  • 電子申告ゲートを通過する際は、正面を向いてゆっくりと歩いてください。
  • 家族でも1人ずつ手続きを行う必要があります。
  • 電子申告端末で手続きを行った場合でも、免税範囲を超えた携帯品や別送品の申告等がある方は、有人の検査台に案内されます。
  • 税関職員による質問、検査を受ける場合があります。

 

リーフレット

プロモーション動画

スムーズで快適な旅を
〜税関検査場電子申告ゲート〜label-icon-youtube.gif
スムーズで快適な旅を
〜税関検査場電子申告ゲート〜15秒verlabel-icon-youtube.gif
税関検査場電子申告ゲートプロモーション動画税関検査場電子申告ゲートプロモーション動画15秒バージョン

Q&A