全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 門司税関 > 門司税関の歴史

門司税関の歴史

  門司税関は、明治22年(1889年)に門司港が石炭、米、麦、麦粉、硫黄の特別輸出港に指定されたことに伴い、長崎税関の出張所として設けられ、その後、税関支署に発展し、明治42年(1909年)11月、長崎税関から分離独立し、我が国7番目の税関として発足しました。

  税関は、昭和18年(1943年)、第2次世界大戦により一時閉鎖されましたが、昭和21年(1946年)6月、門司税関は、九州全県と山口県を管轄する税関として再開されました。

  昭和28年(1953年)、長崎税関を分離し現在の姿になり、今、門司税関はアジア太平洋地域との人と物の玄関口として大きく躍進しています。

  → 門司税関庁舎の歴史

  平成21年(2009年)、門司税関は長崎税関から分離独立して100周年を迎え、これまで以上に税関を広く国民の皆様に知ってもらい、税関業務への理解と協力を得ることを目的に100周年記念誌を作成しました。

  → 門司税関100周年記念誌は、こちらの「門司港と門司税関の軌跡」に掲載しております。

 

門司税関主要年表
明治 5年(1872年)11月運上所を「税関」に呼称統一
明治 8年(1875年) 8月下関税関監吏出張所設置
明治16年(1883年)12月厳原、博多税関出張所設置
明治22年(1889年)11月門司、唐津税関出張所設置
明治30年(1897年) 6月「税関出張所」を「税関支署」に改める
明治42年(1909年)11月門司税関、長崎税関から分離独立
大正11年(1922年) 2月徳山税関支署設置
昭和 2年(1927年)12月萩税関支署設置(昭和21年出張所へ)
昭和13年(1938年) 4月宇部税関支署設置
昭和18年(1943年)11月税関官制廃止
昭和21年(1946年) 6月門司税関再開(九州及び山口県を管轄、長崎、博多、徳山、唐津(平成14年出張所へ)、佐世保、厳原、三池、三角、鹿児島の各支署)
昭和22年(1947年) 5月若松税関支署設置(昭和46年出張所へ)
昭和22年(1947年) 9月岩国税関支署設置
昭和25年(1950年) 8月津久見税関支署設置(昭和46年出張所へ)
昭和26年(1951年) 6月細島税関支署設置
昭和27年(1952年) 6月岩国空港、税関空港に指定(昭和53年閉鎖)
昭和28年(1953年) 8月長崎税関、門司税関から分離独立(当関は、若松、博多、岩国、徳山、唐津、厳原、津久見、細島の各支署
昭和30年(1955年) 8月宇部、下関税関支署設置
昭和30年(1955年) 8月油津税関支署設置(昭和47年出張所へ)
昭和31年(1956年) 5月板付空港(現福岡空港)、税関空港に指定
昭和32年(1957年) 4月佐伯税関支署設置(平成11年出張所へ)
昭和46年(1971年) 4月戸畑、大分税関支署設置
昭和47年(1972年) 5月福岡空港税関支署設置
平成 2年(1990年) 3月麻薬探知犬導入
平成 4年(1992年) 4月大分空港、税関空港に指定
平成 7年(1995年) 2月通関情報処理システム(NACCS)導入(関門港、博多港、福岡空港)
平成11年(1999年)10月新海上貨物通関情報処理システム(Sea-NACCS)導入(全官署)
平成14年(2002年) 4月宮崎空港、税関空港に指定
平成14年(2002年) 7月伊万里税関支署設置
平成18年(2006年) 3月新北九州空港(現北九州空港)、税関空港に指定