現在位置:
ホーム > 輸出入手続 > カスタムスアンサー(税関手続FAQ) > 7101 携帯品の税関への申告手続(カスタムスアンサー)

7101 携帯品の税関への申告手続(カスタムスアンサー)


 
 税関では、空港などの税関検査場において、海外から本邦に入国(帰国)される皆様に、輸入が規制されている物品の有無、免税範囲を超える物品の有無等について、法令の規定に基づき確認をしています。このため、税関へ申告する事項について、あらかじめ「携帯品・別送品申告書」(税関様式C-5360)のA面にチェックを記入していただき、税関検査の際に提出していただく必要があります。なお、別送品がある方(渡航先から荷物を送る方)は「携帯品・別送品申告書」が2通必要となります。
 スムーズな税関手続き及び新型コロナウイルス感染症対策の観点から、税関では入国(帰国)する皆様に「税関申告アプリ」等を利用した電子申告を推奨しております。
 また、税関では、氏名等を確認する必要があることから、法令の規定に基づき、旅券又は航空券等の関係書類の提示を受けることがあります。

 「携帯品・別送品申告書」は、機内や船内のほか、空港などの税関検査場に用意しております。
 なお、商業貨物や高額な品物などを輸入する場合には、一般の貿易貨物と同様の輸入手続が必要となる場合があります。

 入国(帰国)時における「携帯品・別送品申告書」の提出について
 
(関税法第6条の2、第8条、第67条、第105条、関税法施行令第59条、関税定率法施行令第14条、関税法基本通達67−4−10)

税関手続等に関するご相談はお近くの税関相談官までお気軽にどうぞ。 お問い合わせ先は9301番をご覧下さい。
ページトップに戻る
トップへ