現在位置:
原産地規則ポータル > EPA/GSPでの原産性に係る非違事例

EPA/GSPでの原産性に係る非違事例

注意:このページのリンクにはPDFデータへのリンクがあります。

EPAやGSPに基づく特恵税率を適用して輸入申告されたものについて、税関が行った事後確認等により、特恵税率の適用対象となる原産品ではないことが明らかになったもののうち、輸入者の方々に参考となるものを掲載しています。

輸出国側が発給した原産地証明書を入手した場合であっても、当該産品が原産地規則を満たす産品であるか自ら御確認いただく等、輸入者の皆さまのコンプライアンスを一層確保いただく観点から公表するものです。ぜひ積極的にご参照ください。

※事例の見方

【事例一覧】
HS番号産品名協定名等
第2005.20号ばれいしよの調製品日マレーシア協定
第20.06項砂糖により調製した果実日タイ協定
第2008.92号果実の調製品(混合したもの)日フィリピン協定
第2009.41号パイナップルジュース日EU協定
第2009.90号混合ジュース日タイ協定
第2204.21号ワイン日EU協定
第2710.19号潤滑油日タイ協定
第2933.69号農薬原体日インド協定
第57.02項床用敷物GSP(一般特恵)定
第61.10項衣類日EU協定
第62.11項衣類日アセアン包括協定(ベトナム)
第63.02項タオルGSP(一般特恵)
第63.07項編物製品日EU協定