全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 東京税関 > 報道発表資料  > 報道発表(H25)

密輸事件報道発表(平成25年)

 

バングラデシュ来覚醒剤密輸入事犯を摘発

東京税関成田税関支署と千葉県警察本部薬物銃器対策課及び千葉県成田国際空港警察署は、平成25年11月6日、バングラデシュ国ダッカ国際空港から入国したドイツ人男性が覚醒剤を密輸入しようとしたところを発見・摘発して関税法違反並びに覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕し、同月8日、身柄を千葉地方検察庁に送致した。
被疑者は、成田国際空港に到着した際、

覚醒剤  3、627.4グラム

を携行スーツケースに隠匿して密輸入しようとしたが、税関検査において、発見・摘発されたものである。

  

(平成25年11月27日 成田税関支署発表)

 

偽造ラルフローレン等(シャツ等)の密輸入事犯を告発

東京税関は、中華人民共和国籍の男女3名及び日本人の男性1名が、中華人民共和国から商標権を侵害するシャツ、靴、ベルト等を密輸入しようとしたところを、発見・摘発し、警視庁と共同調査の上、平成25年10月30日、東京地方検察庁に告発した。
嫌疑者らは、本年8月10日から9月6日の間、中華人民共和国から前後25回にわたり、国際スピード郵便物25個内に、

ザ ポロ/ローレン カンパニー リミテッド パートナーシップ等が所有する商標権を侵害するシャツ、靴、ベルト等   計110点

を収納して密輸入しようとしたが、税関検査において、発見・摘発されたものである。

 

(平成25年10月30日 東京税関発表)

インド来覚醒剤原料密輸入事犯を摘発

東京税関成田税関支署と千葉県警察本部薬物銃器対策課及び千葉県成田国際空港警察署は、平成25年10月6日、インドからアラブ首長国連邦ドバイ国際空港を経由し入国した南アフリカ人女性が覚醒剤原料を密輸入しようとしたところを発見・摘発して関税法違反並びに覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕し、同月8日、身柄を千葉地方検察庁に送致した。
被疑者は、成田国際空港に到着した際、

覚醒剤原料(一般名 エフェドリン)  907.26グラム

をクリケット用パッド及びサンダルに工作隠匿して密輸入しようとしたが、税関検査において、発見・摘発されたものである。

  

(平成25年10月25日 成田税関支署発表)

 

ドイツ連邦共和国来覚醒剤密輸入事犯を摘発

東京税関成田税関支署と千葉県警察本部薬物銃器対策課及び千葉県成田国際空港警察署は、平成25年9月19日、ドイツ連邦共和国から入国したスペイン人男女が覚醒剤を密輸入しようとしたところを発見・摘発して関税法違反並びに覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕し、同月20日、身柄を千葉地方検察庁に送致した。
被疑者両名は、成田国際空港に到着した際、

覚醒剤  2,121.75グラム

を隠匿携行して密輸入しようとしたが、税関検査において、発見・摘発されたものである。

 

(平成25年10月9日 成田税関支署発表)

 

インド来覚醒剤密輸入事犯を摘発

東京税関成田税関支署と千葉県警察本部薬物銃器対策課及び千葉県成田国際空港警察署は、平成25年8月10日、インドから入国したアメリカ人男性が覚醒剤を密輸入しようとしたところを発見・摘発して関税法違反並びに覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕し、同月12日、身柄を千葉地方検察庁に送致した。
被疑者は、成田国際空港に到着した際、

覚醒剤  6,710.42グラム

を紅茶パック81包に小分けし隠匿携行して密輸入しようとしたが、税関検査において、発見・摘発されたものである。

 

(平成25年8月30日 成田税関支署発表)

 

南アフリカ共和国来ヘロイン密輸入事犯を告発 

東京税関成田税関支署は、平成25年7月3日、南アフリカ共和国からカタール国を経由して到着した南アフリカ人男性がヘロインを密輸入しようとしたところを発見・摘発して関税法違反並びに麻薬及び向精神薬取締法違反で通常逮捕し、千葉県警察本部薬物銃器対策課及び千葉県成田国際空港警察署と共同調査を実施し、同月21日、千葉地方検察庁に告発した。
被疑者は、成田国際空港に到着した際、

ヘロイン 708.31グラム

を自己の体内に嚥下隠匿して密輸入しようとしたが、税関検査において、発見・摘発されたものである。

体内に隠匿されていたヘロイン ヘロイン

(平成25年8月9日 成田税関支署発表)

偽造トリーバーチ等(財布、バッグ)の密輸入事犯を告発 

東京税関は、中華人民共和国から商標権を侵害する財布、バッグを密輸入しようとした事犯を発見・摘発して、警視庁等と共同捜査を実施し、平成25年6月6日、関税法違反で嫌疑者2名を東京地方検察庁に告発した。
嫌疑者らは、平成25年1月29日から4月22日までの間、前後55回にわたり中華人民共和国から郵便等で

リヴァー ライト ヴィ リミテッド パートナーシップの所有するトリーバーチの商標権 及び
伊藤忠商事の所有するヴィヴィアン ウエストウッドの商標権 を侵害する財布計91点、バッグ計74点

を密輸入しようとしたが、税関検査において発見・摘発されたものである。

物件の一部

(平成25年6月7日 東京税関発表)

中華人民共和国来「偽造スレンダートーン」の密輸入事犯を告発

東京税関は、中華人民共和国の男性2名が中華人民共和国から瘦身用マッサージ器を密輸入しようとしたところを発見・摘発して、警視庁と共同調査を実施し、関税法違反で東京地方検察庁に告発した。
嫌疑者2名は、平成24年7月から9月までの間、中華人民共和国から複数の郵便物で

バイオーメディカル リサーチ リミテッドの商標権を侵害する瘦身用マッサージ器(商品名:スレンダートーン) 合計128式

を密輸入しようとしたが、税関検査において発見・摘発されたものである。

摘発した物件

(平成25年4月22日 東京税関発表)

ドイツ連邦共和国来覚醒剤密輸入事犯を告発

東京税関成田税関支署は、平成25年3月25日、ドイツ連邦共和国から到着したドイツ人女性が覚醒剤を密輸入しようとしたところを発見・摘発して関税法違反並びに覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕し、千葉県警察本部薬物銃器対策課及び千葉県成田国際空港警察署と共同調査を実施し、関税法違反で千葉地方検察庁に告発した。
被疑者は、成田国際空港に到着した際、

覚醒剤 4,217.51グラム

を木製置物2個に分散隠匿し、スーツケース2個それぞれに収納のうえ密輸入しようとしたが、税関検査において、発見・摘発されたものである。

覚醒剤が隠匿されていた木製置物2個  隠匿の様子

(平成25年4月15日 成田税関支署発表)

メキシコ合衆国来覚醒剤密輸入事犯を告発

東京税関成田税関支署は、平成25年2月13日、メキシコ合衆国からフランス共和国を経由して入国した米国人女性が覚醒剤を密輸入しようとしたところを発見・摘発して関税法違反並びに覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕し、千葉県警察本部薬物銃器対策課及び千葉県成田国際空港警察署と共同調査を実施し、関税法違反で千葉地方検察庁に告発した。
被疑者は、成田国際空港に到着した際、

覚醒剤 4,545.5グラム

を携行スーツケース2個の底部に分散隠匿して密輸入しようとしたが、税関検査において、発見・摘発されたものである。

使用されたスーツケース  隠匿の様子

(平成25年3月5日 成田税関支署発表)

輸入冷凍豚肉に係る関税ほ脱事件を告発

東京税関は、東京地方検察庁との共同調査により、冷凍豚肉に係る差額関税制度を悪用して不正に関税を免れていた事件について、元豚肉輸入販売業者の男を関税法違反の疑いで同検察庁に告発した。
嫌疑者は、平成22年11月4日から平成24年6月15日までの間、カナダ又はフランスから冷凍豚肉を輸入する際に、偽って作成したインボイス等を税関に提出して関税額を過少に申告し、

関税額合計 6億900万円

を免れたものである。

(平成25年2月12日 東京税関発表)

グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国来覚醒剤密輸入事犯を告発

東京税関成田税関支署は、平成25年1月5日、グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国から到着した英国人男性が覚醒剤を密輸入しようとしたところを発見・摘発して関税法違反並びに覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕し、千葉県警察本部薬物銃器対策課及び千葉県成田国際空港警察署と共同調査を実施し、関税法違反で千葉地方検察庁に告発した。
被疑者は、成田国際空港に到着した際、

覚醒剤 1,977.9グラム

を携行スーツケース側面型枠部分に隠匿のうえ密輸入しようとしたが、税関検査において、発見・摘発されたものである。

使用されたスーツケース 隠匿の様子

(平成25年1月25日 成田税関支署発表)