全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 東京税関 > 税関広報広聴室  > 東京税関なう!(平成28年)

東京税関なう!

東京税関なう!平成27年へ

 

平成28年5月26日

成田税関支署 株式会社JTBの見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、デルタ航空と旅行代理店JTBの社員33名の見学を受け入れた。旅具検査場で麻薬探知犬の検査状況等税関の水際取締を紹介した後、成田税関支署の概況や成田空港における不正薬物の密輸動向等に関する説明を行った。

 20160526_1.JPG 20160526_2.JPG

平成28年5月18日

東京税関 東海運株式会社を認定通関業者として認定

東京税関は、東海運株式会社に対し、「認定通関業者認定書」を交付した。

 20160518.JPG

平成28年5月16日

東京税関 セイノースーパーエクスプレス株式会社を特定保税承認者として承認 

東京税関は、セイノースーパーエクスプレス株式会社に対し、「特定保税承認者承認書」を交付した。

 20160516.JPG

平成28年5月11日

成田税関支署 成田航空貨物出張所 密輸撲滅キャンペーンに参加 

東京税関成田税関支署と成田航空貨物出張所は、東京通関業会成田支部が主催する「密輸撲滅キャンペーン」に参加し、朝の通勤者や出発客で賑わう空港第2ビル駅改札出口コンコースでキャンペーングッズとチラシを配布し、税関検査に対する理解と密輸に関する情報提供を呼びかけた。

20160511_1.JPG 20160511_2.JPG

平成28年4月28日

成田税関支署 密輸防止キャンペーンを実施 

東京税関成田税関支署は、出発旅客で賑わう成田国際空港第2旅客ターミナル出発ロビーにおいて、千葉県、千葉県警察と合同で「密輸防止キャンペーン」を実施した。GWで海外へ出かける旅客にチラシ等を配布し、甘い言葉に誘われて運び屋になってしまわないよう注意を呼びかけた。

20160428_1.JPG 20160428_2.JPG

平成28年4月27日

羽田税関支署 羽田空港CIQ合同キャンペーンを実施

東京税関羽田税関支署は、羽田空港国際線ターミナルにおいて、東京入国管理局羽田空港支局、東京検疫所東京空港検疫所支所、動物検疫所羽田空港支所、横浜植物防疫所羽田空港支所と合同で、「羽田空港CIQ合同キャンペーン」を実施した。来場者の方々にキャンペーングッズを配布し、出入国手続きについてPRを行った。

20160427_1.JPG 20160427_2.JPG

 

平成28年4月26日

東京税関 岡本物流株式会社を特定保税承認者として承認

東京税関は、岡本物流株式会社に対し、「特定保税承認者承認書」を交付した。

20160426_2.JPG 

 

平成28年4月26日

東京税関 エスアイアイ・セミコンダクタ株式会社を特定輸出者として承認

東京税関は、エスアイアイ・セミコンダクタ株式会社に対し、「特定輸出者承認書」を交付した。

20160426.JPG

 

平成28年4月22日

東京税関 日野自動車株式会社を特例輸入者として承認

東京税関は、日野自動車株式会社に対し、「特例輸入者承認書」を交付した。

20160422.JPG

 

平成28年4月21日

東京税関 2017HS品目表改正に関するWCOアジア大洋州地域ワークショップ参加者を受け入れ

東京税関は、2017HS品目表改正に関するWCO(世界税関機構)アジア大洋州地域ワークショップ参加者(WCOのアジア大洋州地域加入国を中心とする税関当局等の職員)38名を受け入れた。本関において分類センター業務概況について担当部署が説明を行うとともに、分類センター事務室、通関事務室等の視察対応を行った。

20160421_1.JPG 20160421_2.JPG

 

 

平成28年4月19日

成田税関支署 名鉄観光サービス株式会社の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、通関業者である名鉄観光サービス株式会社の新入社員ら9名の見学を受け入れ、税関の仕事や成田空港における貿易概況、薬物等の摘発に関する説明を行ったほか、旅具検査場での水際取締状況を紹介した。

20160419.JPG

 

平成28年4月14日

成田税関支署 フォワード・アパレル・リミテッド株式会社の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、フォワード・アパレル・リミテッド株式会社の新入社員ら9名の見学を受け入れ、税関の仕事や成田空港の概況、税関での摘発事例に関する説明を行ったほか、旅具検査場での旅具検査状況を紹介した。

20160414_3.JPG

 

平成28年4月14日

成田税関支署 CBRNE事案対処訓練を実施

東京税関成田税関支署は、成田国際空港第2旅客ターミナルにおいて、千葉県警察本部、成田市消防本部、成田国際空港株式会社と共催で「成田国際空港内CBRNE事案対処訓練」を実施した。これは、化学・生物・放射性物質等の特殊兵器や爆発物を用いたテロリズムへの対処法を訓練するもので、受託手荷物が荷捌き場において爆発した事態を想定し、税関検査場内から旅客を迅速に避難誘導するなどの訓練を行った。

20160414_1.JPG 20160414_2.JPG

 

平成28年4月13日

羽田税関支署 「密輸撲滅キャンペーン(テロ対策強化協力要請)」に参加

東京税関羽田税関支署は、羽田空港国際線ターミナルにおいて東京通関業会羽田支部が主催する「密輸撲滅キャンペーン(テロ対策強化協力要請)」に参加し、海外旅行者及び空港従業者に対し、密輸情報提供リーフレットを配布し、薬物及び銃器の密輸入に対する取締への協力を呼びかけた。

20160413_1.JPG 20160413_2.JPG

 

平成28年4月5日、8日

東京税関 タイ税関職員を受け入れ

東京税関は、関税技術協力事業の一環で、タイ税関職員11名を受け入れた。東京税関本関において、東京税関業務概況、原産地センターの事務概要、事前教示制度等についてそれぞれ担当部署が説明を行うとともに、本関の通関事務室、分類センター及び原産地センター事務室等の視察対応を行った。

20160408_2.JPG 20160408_3.JPG 

 

平成28年4月8日

成田税関支署 国際航空上屋株式会社の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、国際航空上屋株式会社の新入社員ら13名の見学を受け入れ、税関の仕事や成田空港の貿易概況に関する説明を行ったほか、旅具検査場での水際取締状況を紹介した。

20160408_1.JPG 

 

平成28年4月7日

東京税関 WCOキャリアディベロップメントプログラム研修生を受け入れ

東京税関は、関税技術協力事業の一環で、WCO(世界税関機構)キャリアディベロップメントプログラム研修生9名を受け入れた。東京税関の概況を説明した後、総括関税鑑査官(分類センター)、総括原産地調査官(原産地センター)、総括認定事業者管理官(AEOセンター)、総括知的財産調査官(知財センター)、総括関税評価官(評価センター)及び総括情報管理官(情報センター)が、研修生の関心事項に関する意見交換や議論等を行った。

20160407_1.JPG 20160407_2.JPG

 

平成28年3月24日

東京税関 「ニセモノ上陸阻止」キャンペーンを実施

東京税関は、知的財産侵害物品の不正輸入防止に関する啓発及び情報提供依頼を目的として、一般社団法人コンピュータソフトウエア著作権協会(ACCS)と連携し、羽田国際空港ターミナル3階出発ロビーにおいて、マスコットキャラクター(カスタム君、太鼓の達人キャラクター「ドンちゃん」)及び職員によるパンフレットの配布等の「ニセモノ上陸阻止」キャンペーンを実施した。

20160324_3.jpg 20160324_4.jpg

平成28年3月24日

東京税関 WCO奨学生を受け入れ

東京税関成田税関支署及び成田航空貨物出張所は、関税技術協力事業の一環で、WCO(世界税関機構)奨学生10名(青山学院大学戦略経営・知的財産権プログラム修士課程コース)を受け入れ、東京税関、成田税関支署及び成田航空貨物出張所の概況説明や、旅客及び航空貨物の通関状況等の視察対応を行うとともに、IACT(国際空港上屋)の視察に同行した。

20160324_1.JPG 20160324_2.JPG

 

平成28年3月23日

東京税関 パキスタン連邦歳入庁職員を受け入れ

東京税関は、パキスタン連邦歳入庁職員1名の視察を受け入れた。青海検査センターにおいて海上コンテナ貨物の検査状況の視察対応を行った。

20160323_3.JPG 20160323_4.JPG

 

平成28年3月23日

東京税関 都立荒川商業高等学校にて税関教室を実施

東京税関は、都立荒川商業高等学校1年生約200名を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」と「薬物の恐ろしさ」について説明するとともに、麻薬探知犬トニー号とドム号がデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

 20160323_1.JPG 20160323_2.JPG

平成28年3月13日

成田税関支署 第35回耳の日まつりに参加

東京税関成田税関支署は、社会福祉法人千葉県聴覚障害者協会主催の「耳の日まつり」の参加した。会場に設けた税関ブースで「税関の仕事」や「密輸取締り」、「知的財産侵害物品」につい紹介したほか、舞台上で麻薬探知犬(ニック号)によるデモンストレーションを行い、税関の仕事や密輸取締の必要性について啓蒙活動を行った。

20160313_1.JPG 20160313_2.JPG

 


平成28年3月11日 

成田税関支署 東京都薬物乱用防止推進東大和地区協議会研修会の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、東京都薬物乱用防止推進東大和地区協議会研修会のメンバー25名の見学を受け入れ、税関の仕事や成田税関支署の概況等を説明したほか、旅具検査場において税関の水際取締状況等を紹介し、麻薬探知犬(アティ号)によるデモンストレーションを行った。

 

平成28年3月10日

成田税関支署 CIQキャンペーンを実施

東京税関成田税関支署は、 成田国際空港第2旅客ターミナルにて、東京入国管理局成田空港支局、成田空港検疫所、動物検疫所成田支所、横浜植物防疫所成田支所と合同で「知って安心!CIQ(税関・入国管理局・検疫)手続き合同キャンペーン」を実施した。このキャンペーンは、海外へ出発されるお客様に対し、帰国時に適正なCIQ手続きを行ってもらうために各官庁の手続きを周知するもので、CIQ官庁合同で作成したチラシやグッズを配布した。またオープニングセレモニーでは、麻薬探知犬(パキラ号)によるデモンストレーションを行った。

 

 

平成28年3月10日

成田税関支署 成田市中央公民館「きずなの会 」の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、成田市中央公民館「きずなの会」のメンバー16名の見学を受け入れ、成田空港の貿易概況や成田税関支署における不正薬物の摘発状況に関する説明を行ったほか、旅具検査場での水際取締り状況を紹介した。

 

平成28年3月7日

羽田税関支署 神奈川県薬物防止指導員協議会厚木支部の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、神奈川県薬物防止指導員協議会厚木支部24名の見学を受け入れた。税関の役割や不正薬物の密輸動向等に関する説明を行なったほか、情報ひろば羽田及び入国検査場等を案内し水際取締り状況を紹介した。また、税関業務に対する理解と協力を求めるとともに、密輸に関する情報提供依頼を行った。

 

平成28年3月7日

成田税関支署 千葉市立緑が丘中学校にて税関教室を実施

東京税関成田税関支署は、東京税関成田税関支署は、千葉市立緑が丘中学校において3年生約180名を対象に税関教室を実施した。「税関の仕事」、「薬物の恐ろしさ」について説明を行ったあと、二重底に細工されたスーツケースやユニフォーム等のホンモノ、ニセモノを使って、輸入してはならないものを見つける税関検査の模擬体験を実施した。また、麻薬探知犬(ケイ号、インディ号)のデモンストレーションを実施し、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための広報活動を実施した。

 


平成28年3月4日

東京税関 「平成27年の知的財産侵害物品の差止状況」を発表

東京税関は、 平成27年の東京税関における知的財産侵害物品の差止状況について発表した。発表にあわせて差し止められた知的財産侵害物品の展示を行った。また、発表後には、侵害物品が処分される様子を報道機関に公開した。(報道発表資料はこちら

 

平成28年3月3日

羽田税関支署 小平市更正保護女性会の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、小平市更正保護女性会45名の見学を受け入れた。税関の役割や不正薬物の密輸動向等に関する説明を行なったほか、情報ひろば羽田及び入国検査場等を案内し水際取締り状況を紹介した。また、税関業務に対する理解と協力を求めるとともに、密輸に関する情報提供依頼を行った。

 

平成28年3月2日

東京税関 GRIPS(政策研究大学院大学)卒業生を受け入れ

東京税関は、関税技術協力事業の一環で、WCO(世界税関機構)奨学生制度(政策研究大学院大学における関税制度、税関行政を含む公共財政分野の1年間の修士課程コース)の卒業生11 名を受け入れた。本関において東京税関業務概況、AEO制度についてそれぞれ担当部署が説明を行うとともに、通関事務室の視察対応を行った。その後、羽田税関支署において航空旅客の検査状況、旅具情報部門の視察対応を行った。

 

平成28年2月26日

成田税関支署 千葉県香取郡神崎町立神崎小学校にて税関教室を実施

東京税関成田税関支署は、神崎町立神崎小学校において5,6年生76名を対象に税関教室を実施し、「薬物の恐ろしさと税関の役割」や「知的財産侵害物品(コピー商品)」についての説明や検査体験を行った。
また、麻薬探知犬(リーダー号、シータ号)のデモンストレーションを実施し、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

 

平成28年2月23日

東京税関 インドネシア税関職員を受け入れ

東京税関は、 関税技術協力事業の一環で、インドネシア税関職員11名を受け入れた。本関の通関事務室及び総括認定事業者管理官(AEOセンター)事務室の視察対応を行うとともに、AEOセンターがAEO制度の発展、認定及び事後監査手続き等について説明を行った。

 

 

平成28年2月22日 

東京税関 東ティモール財務副大臣の視察受け入れ

東京税関は、 ヘルダー・ロペス財務副大臣一行の視察を受け入れた。職員規律についての意見交換等を行うとともに、本関の通関事務室、青海コンテナ検査センターの視察対応を行った。

 

平成28年2月22日

成田税関支署  平成27年成田国際空港密輸概況を報道発表

東京税関成田税関支署は、「平成27年成田国際空港密輸概況」について報道発表しました。(資料はこちら

 

 

平成28年2月19日

東京税関 平成27年密輸概況を報道発表

東京税関は、「平成27年東京税関における不正薬物密輸入事犯の取締り状況」について発表しました。(資料はこちら

  

 

平成28年2月18日

羽田税関支署  常葉大学短期大学部の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、常葉大学短期大学部21名の見学を受け入れた。税関の役割や不正薬物の密輸動向等に関する説明を行なったほか、情報ひろば羽田及び入国検査場等を案内し水際取締り状況を紹介した。また、税関業務に対する理解と協力を求めるとともに、密輸に関する情報提供依頼を行った。

  

 

平成28年2月16日、17日 

東京税関 ミャンマー税関職員を受け入れ

東京税関は、関税技術協力事業の一環で、ミャンマー税関職員12名を受け入れた。総括関税鑑査官(分類センター)が「事前教示制度の実務」「ケーススタディ(分類事例)」等についての講義等を行うとともに、分類センター事務室及び情報ひろばの視察対応を行った。

 

 

平成28年2月17日

成田税関支署 獨協大学大学生の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、獨協大学法学部国際関係法学科の学生ら20名の見学を受け入れ、成田税関支署の概況や税関の仕事について説明を行ったほか、成田空港における出国・入国の導線を案内しながら税関の水際取締状況を紹介した。

 

 

平成28年2月17日

東京税関 豊島区立さくら小学校にて税関教室を実施

東京税関は、豊島区立さくら小学校6年生約50名を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」と「薬物の恐ろしさ」について説明するとともに、麻薬探知犬アトム号とギニー号がデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

 

 

平成28年2月15日

羽田税関支署 福島県安達地区薬物乱用防止指導委員協議会の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、福島県安達地区薬物乱用防止指導委員協議会11名の見学を受け入れた。税関の役割や不正薬物の密輸動向等に関する説明を行なったほか、情報ひろば羽田及び入国検査場等を案内し水際取締り状況を紹介した。また、税関業務に対する理解と協力を求めるとともに、密輸に関する情報提供依頼を行った。

 

 

平成28年2月8日

成田税関支署 千葉県香取市立神南小学校にて税関教室を実施

東京税関成田税関支署は、香取市立神南小学校において5,6年生約30名と保護者を対象に税関教室を実施した。「税関の仕事」、「薬物の恐ろしさ」や「ニセモノ(知的財産侵害物品)」について説明を行ったあと、全校生徒が参加して、麻薬探知犬(ウォーズ号、ファントム号)のデモンストレーションを実施し、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための広報活動を実施した。 

 

 

平成28年2月4日 

羽田税関支署 青山学院大学の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、青山学院大学19名の見学を受け入れた。税関の役割や不正薬物の密輸動向等に関する説明を行なったほか、情報ひろば羽田及び入国検査場等を案内し水際取締状況を紹介した。また、税関業務に対する理解と協力を求めるとともに、密輸に関する情報提供依頼を行った。 

 

 

平成28年2月1日〜3日

東京税関 カンボジア税関職員の視察受け入れ

 東京税関は、関税技術協力事業の一環で、カンボジア税関職員12名を受け入れた。東京税関本関において、東京税関業務概況、貿易統計業務の組織構成・業務内容等について、それぞれ担当部署が説明を行うとともに、本関の通関事務室、九段事務室、調査統計課事務室の視察対応を行った。

 

平成28年2月1日

東京税関 川口市立戸塚西中学校にて税関教室を実施

東京税関は、 川口市立戸塚西中学校2、3年生約600名を対象に税関教室を実施し、「税関の役割」と「薬物の恐ろしさ」について説明するとともに、麻薬探知犬ユニオン号とラニ号がデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

 

 

平成28年1月28日

東京税関 マレーシア税関職員を受け入れ

東京税関関税技術協力事業の一環で、マレーシア税関職員15名を受け入れた。東京税関本関において、総括原産地調査官(原産地センター)が原産地センターの事務概要、ケーススタディ(審査の着眼点)について講義を行うとともに、本関の通関事務室、原産地センター事務室の視察対応を行った。 

 

 

平成28年1月26日

羽田税関支署 中国科技大学の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、中国科技大学4名の見学を受け入れた。税関の役割や不正薬物の密輸動向等に関する説明を行なったほか、情報ひろば羽田及び入国検査場等を案内し水際取締り状況を紹介した。また、税関業務に対する理解と協力を求めるとともに、密輸に関する情報提供依頼を行った。 

 

 

平成28年1月26日

羽田税関支署 杉戸町青少年育成推進員協議会の見学を受け入れ

東京税関羽田税関支署は、杉戸町青少年育成推進員協議会10名の見学を受け入れた。税関の役割や不正薬物の密輸動向等に関する説明を行なったほか、情報ひろば羽田及び入国検査場等を案内し水際取締り状況を紹介した。また、税関業務に対する理解と協力を求めるとともに、密輸に関する情報提供依頼を行った。

 

 

平成28年1月25日

成田税関支署 平成27年分成田空港貿易概況(速報)説明会を実施 

東京税関調査部調査統計課は、成田税関支署にて、「平成27年分成田空港貿易概況(速報)説明会」を実施しました。(資料はこちら

 

 

平成28年1月22日

成田税関支署 国際トラベル・ホテル・ブライダル専門学校の見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、国際トラベル・ホテル・ブライダル専門学校の生徒ら8名の見学を受け入れ、成田空港の貿易概況や不正薬物の摘発状況、麻薬探知犬の育成に関する説明を行ったほか、旅具検査場での水際取締り状況を紹介した。

 

平成28年1月19日〜21日

東京税関 インドネシア税関職員を受け入れ 

東京税関は、関税技術協力事業の一環で、インドネシア税関職員11名を受け入れた。本関において東京税関業務概況、事前教示、日本の事例紹介等について、それぞれ担当部署が説明を行うとともに、本関の通関事務室、税関相談官室、分類センター、原産地センター、評価センター事務室の視察対応を行った。

 

 

平成28月1月21日

成田税関支署 木更津警察署少年警察ボランティアの見学を受け入れ

東京税関成田税関支署は、木更津警察署少年警察ボランティアのメンバー15名の見学を受け入れ、成田空港の貿易概況や成田税関支署における不正薬物の摘発状況に関する説明を行ったほか、旅具検査場での水際取締り状況を紹介した。 

 

平成28年1月19日

成田税関支署 成田市立桜田小学校にて税関教室を実施

東京税関成田税関支署は、成田市立桜田小学校において5、6年生約40名を対象に税関教室を実施し、税関の役割や薬物の恐ろしさ、コピー商品の密輸入等について説明を行った。 また、麻薬探知犬(ウッツ号、ウォーズ号)のデモンストレーションを行い、薬物乱用防止及び密輸撲滅のための啓蒙活動を実施した。

 

 

平成28年1月19日

日本注射針工業株式会社を特定輸出者として承認

東京税関は、日本注射針工業株式会社に対し、「特定輸出者承認書」を交付した。

 

 

平成28年1月14日

東京税関 ミャンマー税関職員を受け入れ

東京税関は、 関税技術協力事業の一環で、ミャンマー税関職員12名を受け入れた。総括関税評価官(評価センター)が「取引形態図の作成」についての講義・演習、事後調査部門が「日本の事後調査手法」についての講義及び事後調査についての意見交換等を行うとともに、本関の通関事務室、評価センター及び事後調査部門事務室等の視察対応を行った。

 

 

 

平成28年1月11日

東京税関 麻薬・覚せい剤乱用撲滅キャンペーンに参加

東京税関埼玉方面事務所は、(一社)埼玉県医薬品配置協会(公財)埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター主催による「麻薬・覚せい剤乱用撲滅キャンペーン」に参加した。当日は快晴で成人式に向かう新成人や親子連れに対し、カスタム君と共に密輸情報の提供及び麻薬・覚せい剤乱用撲滅を呼びかけた。