トップ > 分析所概要 > 組織

組織

組織図

総務課

関税中央分析所の所掌事務の総合調整を担当しています。

調査企画室

分析技術指導、総括、調査・企画を担当しています。

分析調整官

分析に関する国際業務の調整を担当しています。

第1分析室

  • 鉱石、粘土などの鉱物性生産品、無機化合物、貴金属製品などの分析
  • 天然・合成樹脂、天然・合成ゴム、繊維や紙製品の分析

を主に担当しています。

第2分析室

  • 食料品、農水産品、油脂、食品香料などの分析
  • 肉類・種の分析

を主に担当しています。

第3分析室

  • 有機化学薬品、界面活性剤、原油、石油製品、なめし剤、精油・香料製品、染料、顔料などの分析
  • 不正薬物(麻薬、覚せい剤、向精神薬など)などの分析

を主に担当しています。

調査研究室(第1・第2)

密輸手口の複雑化・巧妙化に対し、税関の取締・検査機器の整備・拡充に役立てるために、各種機器の性能評価などを行うとともに、諸外国の取締機器の開発状況を調査しています。民間企業とも協力して、最新技術を取り入れた探知機などの研究も行っています。
第1調査研究室は、監視取締支援を、第2調査研究室は、通関取締支援を主に担当しています。

ページ先頭へ