トップ > 分析所概要 > 沿革

沿革

関税中央分析所 沿革
昭和38年3月大蔵省(東京都千代田区)内に関税中央分析所設立準備室設置
6月関税中央分析所が大蔵省の付属機関として設置
昭和40年1月第1回税関分析研究発表会開催
11月税関分析の研究成果を収録した「関税中央分析所報」創刊
昭和41年12月千葉県松戸市に庁舎完成、移転
昭和43年1月第14回科学者委員会(ベルギー)に日本から初参加
昭和54年4月庁舎増築工事完成
平成元年10月海外研修生の受入れ開始
平成2年4月分析技術専門家派遣指導開始
平成4年3月WCO「分析に関するアジア・太平洋地域セミナー(第1回)」(タイ)に出席
平成5年2月WCOより当所の関税技術協力に対する功績が認められ、「関税協力理事会優秀業績賞」を受賞
5月アジア・太平洋地域不正薬物の分析に関するワークショップ」を当所において開催
平成13年7月千葉県柏市に新庁舎竣工
9月同市に移転
平成26年6月WCOとRCL設置に係る協力取決に署名
11月WCO地域税関分析所としての活動開始

施設の概要

敷地面積・・・12,735m2

 

延床面積・・・4,899m2

 

ページ先頭へ