現在位置:
ホーム > 神戸税関 > 神戸税関の動き(2023年)

神戸税関の動き(2023年)

 神戸税関は、秩序ある貿易の維持と発展、社会の安全・安心を守るため地域と共に考え、共に歩む税関行政を推進しています。神戸税関の取組みをご紹介します。


 

  • 1月30日(月) 神戸税関新居浜税関支署は出前授業を行いました

     神戸税関新居浜税関支署は、新居浜市立東中学校において、「薬物乱用防止教室」と題し、全校生徒及び教職員計358名を対象に出前授業を実施しました。授業では、危険ドラッグを含む不正薬物の種類や薬物乱用による身体への影響について説明したほか、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の仕事について紹介しました。

    授業の様子

  • 1月27日(金) 神戸税関新居浜税関支署は出前授業を行いました

     神戸税関新居浜税関支署は、新居浜市立新居浜小学校において、「薬物乱用防止教室」と題し、4〜6年生及び教職員計94名を対象に出前授業を実施しました。授業では、危険ドラッグを含む不正薬物の種類や薬物乱用による身体への影響について説明したほか、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の仕事について紹介しました。

    授業の様子

  • 1月27日(金) 神戸税関福山税関支署尾道糸崎出張所は指定薬物密輸入事件について告発しました

     神戸税関福山税関支署尾道糸崎出張所は、指定薬物密輸入事件に関して、中国四国厚生局麻薬取締部と共同調査(捜査)を実施し、令和4年12月14日、関税法違反で広島地方検察庁に告発しました。 (詳細はこちら

    犯則物件である指定薬物の写真 犯則物件である指定薬物の写真

  • 1月20日(金) 神戸税関は麻薬密輸入事件について告発しました

     神戸税関は、ドイツ連邦共和国来国際小包郵便物を利用した麻薬密輸入事件について、兵庫県警察本部刑事部組織犯罪対策局薬物銃器対策課、兵庫県尼崎南警察署、尼崎東警察署及び兵庫県宝塚警察署と共同調査(捜査)を実施し、令和5年1月20日、関税法違反で神戸地方検察庁に告発しました。 (詳細はこちら

    犯則物件である麻薬の写真 犯則物件である麻薬の写真

  • 1月19日(木) 神戸税関は神戸港及び神戸税関管内における令和4年分及び12月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸税関は、定例記者発表において、神戸港及び神戸税関管内における令和4年分及び12月分の貿易統計(速報)を発表しました。
     令和4年分の神戸港の輸出は、無機化合物、建設用・鉱山用機械、非鉄金属などが増加し、7兆1,885億円(対前年比21.9%増)、輸入は、無機化合物、鉱物性燃料、衣類及び同附属品などが増加し、4兆8,682億円(同35.7%増)となり、差引は2兆3,204億円の輸出超過となりました。
     12月分の神戸港の輸出は、建設用・鉱山用機械、非鉄金属、無機化合物などが増加し、6,890億円(対前年同月比19.2%増)、輸入は、無機化合物、鉱物性燃料、衣類及び同附属品などが増加し、4,034億円(同16.1%増)となり、差引は2,856億円の輸出超過となりました。

  • 1月16日(月) 神戸税関新居浜税関支署は出前授業を行いました

     神戸税関新居浜税関支署は、西条市立大町小学校において、「薬物乱用防止教室」と題し、同校6年生及び教職員計100名を対象に出前授業を実施しました。授業では、危険ドラッグを含む不正薬物の種類や薬物乱用による身体への影響について説明したほか、水際で不正薬物等の取締りを行う税関の仕事について紹介しました。

    授業の様子


2022年の神戸税関の動き

2021年の神戸税関の動き

ページトップに戻る
トップへ