全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 神戸税関 > 神戸税関の動き(2020年)

神戸税関の動き(2020年)

 神戸税関は、秩序ある貿易の維持と発展、社会の安全・安心を守るため地域と共に考え、共に歩む税関行政を推進しています。神戸税関の取組みをご紹介します。


 

  • 6月17日(水) 神戸税関は、定例記者発表において、令和2年5月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸港の輸出は、建設用・鉱山用機械、原動機等が減少し、3,275億円(対前年同月比23.0%減)、輸入は、衣類及び同附属品、音響・映像機器(含部品)等が減少し、2,427億円(同18.6%減)となり、差引は848億円の輸出超過となりました。
    【報道発表資料はこちら】

  • 6月10日(水) 神戸税関は大麻草密輸入事件について告発しました

     神戸税関は、アメリカ合衆国来の国際特定記録郵便物を利用した大麻草密輸入事件に関して、兵庫県警察本部薬物銃器対策課及び兵庫県芦屋警察署と共同調査(捜査)を実施し、日本人男性1名を関税法違反で神戸地方検察庁に告発しました。(詳細はこちら

    郵便物外装と犯則物件 犯則物件(接写)

  • 5月21日(木) 神戸税関は、定例記者発表において、令和2年4月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸港の輸出は、建設用・鉱山用機械、織物用糸及び繊維製品等が減少し、4,139億円(対前年同月比13.7%減)、輸入は、たばこ、無機化合物等が減少し、2,698億円(同8.1%減)となり、差引は1,441億円の輸出超過となりました。
    【報道発表資料はこちら】

  • 4月20日(月) 神戸税関は、定例記者発表において、令和2年3月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸港の輸出は、建設用・鉱山用機械、鉄鋼等が減少し、4,845億円(対前年同月比13.7%減)、輸入は、無機化合物、非鉄金属等が減少し、2,543億円(同6.8%減)となり、差引は2,302億円の輸出超過となりました。
    【報道発表資料はこちら】

  • 3月26日(木) 神戸税関はヘロイン密輸入事件について告発しました

     神戸税関は、オランダ王国来の通常郵便物を利用したヘロイン密輸入事件に関して、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室と共同調査(捜査)を実施し、本日、日本人男性1名を関税法違反で神戸地方検察庁に告発しました。(詳細はこちら

    犯則物件(ヘロイン) 郵便物外装と犯則物件

  • 3月18日(水) 神戸税関は、定例記者発表において、令和2年2月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸港の輸出は、船舶、建設用・鉱山用機械等が減少し、4,213億円(対前年同月比15.6%減)、輸入は、無機化合物、非鉄金属等が減少し、1,961億円(同20.9%減)となり、差引は2,252億円の輸出超過となりました。
    【報道発表資料はこちら】

  • 2月20日(月) 神戸税関はセネガル共和国の税関職員を受入れました

     神戸税関は、2月20日(木)、政府開発援助(ODA)の一環として、セネガル共和国の税関職員3名を研修員として受入れました。
     神戸税関では、研修員が日本税関における監視取締手法や体制について理解し、セネガル共和国での課題を把握するため、監視艇を活用した海港における取締手法や大型X線検査装置の活用方法等について説明を行いました。

  • 2月19日(水) 神戸税関は、定例記者発表において、令和2年1月分の貿易統計(速報)を発表しました

     神戸港の輸出は、建設用・鉱山用機械、原動機等が減少し、3,582億円(対前年同月比9.4%減)、輸入は、たばこ、医薬品等が増加し、2,926億円(同0.8%増)となり、差引は656億円の輸出超過となりました。
    【報道発表資料はこちら】

  • 2月10日(月) 神戸税関姫路税関支署は出前授業を実施しました

     神戸税関姫路税関支署は、姫路市立御国野小学校において、同校6年生約80名を対象に、薬物乱用防止教室と題して税関の役割・仕事及び不正薬物の恐ろしさに関する出前授業を実施しました。

  • 2月6日(木) 神戸税関広島税関支署は貿易統計発表を実施しました

     神戸税関広島税関支署は、広島経済記者クラブにおいて、2019年の中国圏及び広島税関支署の貿易統計発表を実施しました。
     シーズンにぴったりの特集「牡蠣の輸出」について、当関(広島港・神戸港など)における牡蠣の輸出量及び輸出額が、全国シェア1位となっていること等を紹介しました。
    【報道発表資料はこちら】

  • 1月31日(金) 神戸税関は中南米諸国の税関職員を受入れました

     神戸税関は、1月27日(月)から1月31日(金)の間、政府開発援助(ODA)の一環として、JICA税関行政コースに参加している中南米諸国の税関職員4か国5名を研修員として受入れました。
     神戸税関では、研修員が所属する税関の近代化及び制度改善に資するため、通関手続きや関税評価、事後調査等税関行政に関する講義を実施したほか、海港での監視取締り状況やポートアイランド出張所の通関部門において通関システムを使った書類審査等の説明を行いました。

  • 1月31日(金) 神戸税関呉税関支署は木江小学校で出前授業を実施しました

     神戸税関呉税関支署は大崎上島町立木江小学校6年生の児童に対し、税関の役割と不正薬物の恐ろしさに関する出前授業を実施しました。

  • 1月30日(木) 神戸税関広島税関支署広島空港出張所は中学生の体験学習を受け入れました

     神戸税関広島税関支署広島空港出張所は、広島大学附属三原中学校2年生3名の体験学習を受け入れ、税関の業務を紹介しました。

  • 1月29日(水) 神戸税関は国際物流や人流の新たな動き等を専門家から学ぶ第4回セミナーを開催しました

     神戸税関は、全日本空輸株式会社マーケティング室ネットワーク部リーダーを講師に招き、「ANAの事業概要、国際線事業を取り巻く環境、国際線ネットワーク戦略等」についてご講演いただきました。

  • 1月24日(金) 神戸税関広島税関支署は出前授業を実施しました

     神戸税関広島税関支署は、広島市立祇園中学校において同校2年生約360名に対し、「税関業務について」をテーマに出前授業を実施しました。生徒たちは旅具検査の体験等を行い、税関の仕事を紹介しました。

  • 1月23日(木) 神戸税関は密輸防止に関する覚書の締結式を挙行しました

     神戸税関は、兵庫県船舶代理店協会及び一般社団法人全日本マリンサプライヤーズ協会と「密輸防止に関する覚書(MOU)」の締結式を挙行しました。本年開催される東京オリンピック・パラリンピック等、数々の大型国際行事の開催を控えており、また昨年10月に消費税率引上げられたことによる金地金等の密輸増加が懸念されることを見据え、その対策の一環として、民間団体とこれまで以上の協力関係を構築することで、水際における効果的な取締りが期待でき、安全・安心な社会の実現に向け万全の体制で取組んでまいります。

  • 1月23日(木) 神戸税関は、定例記者発表において、令和元年分及び12月分の貿易統計(速報)を発表しました

     令和元年分の神戸港の輸出は、建設用・鉱山用機械、原動機等が減少し、5兆5,576億円(対前年比4.5%減)、輸入は、非鉄金属、医薬品等が減少し、3兆3,112億円(同3.7%減)となり、差引は2兆2,464億円の輸出超過となりました。
     12月分の神戸港の輸出は、建設用・鉱山用機械、原動機等が減少し、4,666億円(対前年同月比7.3%減)、輸入は、鉱物性燃料、半導体等電子部品等が減少し、2,604億円(同1.7%減)となり、差引は2,062億円の輸出超過となりました。
    【報道発表資料はこちら】

  • 1月23日(木) 神戸税関今治税関支署は、今治市立立花小学校において出前授業を実施しました

     神戸税関今治税関支署は今治市立立花小学校において同校生徒(5・6年生)、教員及び保護者に対して、「税関の仕事」及び「麻薬の恐ろしさ」について出前授業を実施しました。

  • 1月21日(火) 神戸税関坂出税関支署は香川大学経済学部にて講義を行いました

     香川大学において、経済学部2年生90名に対し、神戸税関坂出税関支署長が「国際貿易と税関行政」と題して講義を行いました。

  • 1月19日(日) 神戸税関広島税関支署は、「広島空旅!2020」に参加しました

     神戸税関広島税関支署は、広島市中区の地下街中央広場(紙屋町シャレオ)において開催されたイベント「広島空旅!2020」に参加しました。
     街行く市民の方々に税関のリーフレットを配布し、麻薬探知犬のデモンストレーションの催しや、税関業務説明を行いました。

  • 1月16日(木) 神戸税関広島税関支署は広島港テロ対策合同訓練を実施しました

     神戸税関広島税関支署は、広島港港湾危機管理コアメンバーによる広島港テロ対策合同訓練を実施しました。同訓練は、テロ対策をより一層推進し、事案対応能力の向上を図ることを目的としたもので、税関、広島海上保安部、広島県警察本部等8機関より船艇6隻、車両11台及び100名を超える人員が参加しました。

  • 1月14日(火) 神戸税関浜田税関支署は出前授業を実施しました

     神戸税関浜田税関支署は、大田市立仁摩小学校において、同校5年生22名に対し「貿易について」、6年生32名に対しては「税関の仕事」をテーマに出前授業を実施しました。
     昨年末には大田市沿岸部においてコカイン1kgの漂着事案があったことから、地元の仁摩小学校から依頼を受けたもので、浜田港からの輸出入貨物の特色や加工貿易、税関の仕事内容についてクイズや模造麻薬の見本鑑賞を交えながら説明を行い、最後には金属探知機の実践体験を行いました。


2019年の神戸税関の動き

2018年の神戸税関の動き

2017年の神戸税関の動き