現在位置:
ホーム > 神戸税関 > 神戸税関フォトギャラリー

神戸税関庁舎画像

神戸税関本関庁舎時計塔
神戸税関本関庁舎時計塔
昭和2年(1927年)に竣工した2代目庁舎を保存・活用しながら船をイメージして建設された3代目現庁舎。昭和2年から神戸港を見守る時計塔と税関旗。神戸税関屋上から撮影。
東門エントランスホール東門エントランスホール吹き抜けレリーフ
東門エントランスホール東門エントランスホール吹き抜けレリーフ
昭和2年当時は正門でした。現在は東門として多くの方をお迎えしています。東門を入り、3階吹き抜けを見上げると美しいレリーフが目に入ります。昭和2年から神戸税関を訪れた多くの方を見守ってきたレリーフ。
旧税関長室
旧税関長室旧税関長室2
旧税関長室は毎年11月の日曜日に特別公開しています。(オープンカスタムス)
中庭
中庭と新館中庭と旧館・時計塔
平成11年(1999年)に庁舎を増築した際に誕生した中庭。改築前は、事務室として使用されていました。
中庭の柱列中庭の噴水中庭のベンチ
中庭に独立して立つ柱列は、旧館の二層吹き抜けの屋根を支えていたものです。中庭の噴水には、旧館外構の敷石を再利用しています。中庭のベンチには、旧館1階事務室にあったカウンターの花崗岩でできた天板を再利用しています。
新館アトリウム
新館アトリウム1新館アトリウム2
毎年開催しているオープンカスタムスというイベントでは、ここで音楽隊の演奏があります。
新館アトリウムのレリーフ新館アトリウムの照明
新館アトリウム正面最上部の石膏レリーフは、旧税関長室の壁面装飾を拡大したものです。新館アトリウムの照明は、2代目庁舎建造当初の照明デザインを復刻したものです。
ページトップに戻る
トップへ