全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 大阪税関 > 大阪税関の紹介 > 大阪税関の沿革

大阪税関の沿革

誕生 −慶応−

写真:明治元年の大阪運上所

 大阪税関の前身は、慶応3年(1867)8月、運上事務(現在の税関の仕事)及び外交事務を取り扱うため、現在の西区川口に開設された川口運上所です。

 翌年(1868)7月大阪港の開港と同時に大阪運上所と改称され、そして明治5年(1872)11月、運上所を「税関」として呼称統一することが決まり、翌6年(1873)1月4日大阪税関と改められました。

 

成長 −明治・大正−

写真:大正12年の大阪税関本関庁舎

 大阪を中心とする商工業の発達にともない貿易は伸長を続け、明治後期には、税関諸法規の制定、施設や機構の整備が図られ、近代的な税関制度が確立しました。

 著しい貿易の発展とともに本関庁舎が港区築港の現在地へ移転するなど、大阪税関は着実な成長を遂げました。

 

発展 −昭和−

写真:昭和27年に建設された本関庁舎

 背後に一大生産地及び消費地を持つ大阪港の貿易は、著しい伸長を見せました。戦後、昭和21年(1946)6月の税関再開後、我が国経済の目覚しい復興・発展とともに、大阪税関は進展を続け、伊丹空港の開港、大阪南港をはじめ大規模な港湾造成など、一段と発展を遂げました。

 

飛翔 −平成−

写真:現在の本関庁舎

 我が国初めての本格的な24時間運用空港である関西国際空港の開港により、我が国の経済発展と国際化の中で大阪税関の果たす役割はますます重要になってきており、明日への飛翔が期待されています。