現在位置:
ホーム > 輸出入手続 > カスタムスアンサー(税関手続FAQ) > 4055 地域的な包括的経済連携(RCEP)協定について(カスタムスアンサー)

4055 地域的な包括的経済連携(RCEP)協定について(カスタムスアンサー)


 RCEP協定は、2020年11月15日にASEAN10か国、日本、中国、韓国、豪州及びニュージーランドによって署名され、2022年1月1日に日本、中国、豪州、ニュージーランド、ブルネイ、カンボジア、ラオス、シンガポール、タイ及びベトナムの10か国の間で発効しました。また、韓国については同年2月1日、マレーシアについては3月18日に発効しました。その他3か国(インドネシア、ミャンマー、フィリピン)については批准に向けた手続が進められているところです。

 RCEP協定に関する資料は以下のリンクから入手可能です。

(1)概要(外務省ホームページ)

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100284650.pdf

(2)輸入貨物の関税削減・撤廃(外務省ホームページ)

RCEP協定では、附属書Tで具体的な譲許の内容を定めています。
 なお、この表の引下げの各段階に「U」を掲げる品目は、関税の引下げ又は撤廃に係る約束の対象から除外されます。

(3)工業製品及び農林水産品等の合意概要


税関手続等に関するご相談はお近くの税関相談官までお気軽にどうぞ。 お問い合わせ先は9301番をご覧下さい。
ページトップに戻る
トップへ