全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 横浜税関 > 横浜税関の歴史

横浜税関の歴史

 

横浜税関の歴史

 

元号西暦横浜税関事項
嘉永 6年 1853  6 月 ペリー浦賀に来航
安政 元年 1854  3 月 横浜で日米和親条約締結 
安政 5年 1858 米・蘭・露・英・仏と修好通商条約を締結(安政の5カ国条約)
安政 6年 1859  6 月 横浜・函館・長崎開港、「神奈川運上所」設置
明治 5年 1872 11月

運上所の呼称を「税関」に統一

(税関記念日の起源)

明治22年〜29年

1889

1896

11月

 5 月

 大桟橋を税関構内施設として建築

(併せて、象の鼻地区等の周辺を整備)

明治32年〜大正 6年

1899

1917

 4 月

11月

新港埠頭を税関構内施設として整備

(この時期、赤レンガ倉庫も税関施設として建設)

大正13年 1924 12月

税関官制改正

(港湾行政一元化) 

昭和 9年 1934  3 月 横浜税関現本関庁舎(クイーンの塔)竣工
昭和18年 1943 11月

税関官制廃止

(横浜税関は横浜海運局に統合)

昭和21年 1946  6 月

横浜税関再開

(東京・神奈川・埼玉・茨城・群馬・栃木・千葉・山梨・新潟・福島・宮城・山形の1都11県を管轄) 

昭和28年 1953  8 月 横浜税関東京税関支署が独立し、東京税関となる
昭和30年 1955  8 月

管轄地域の見直し

〔埼玉・群馬・山梨・新潟・山形を東京税関へ移管〕

昭和41年 1966 10月 申告納税制度の導入
昭和42年 1967   横浜港における輸出入合計の年間貿易額が全国一となる(平成5年までの27年間)
昭和46年 1971  4 月

管轄地域の見直し

〔成田空港開港(53年)に備え、千葉・成田地区を東京税関へ移管〕

平成 3年 1991 10月 海上貨物通関情報処理システム(Sea-NACCS)稼動
12月 麻薬探知犬管理センター開設(その後、10年3月仙台も開設)
平成 5年 1993  2 月 航空貨物通関情報処理システム(Air-NACCS)が稼動
平成13年 2001  3 月

横浜税関コンテナ検査センター(本牧)開設

(その後、17年3月大黒に、18年3月仙台に、センターを開設) 

平成15年 2003  3 月 横浜港において海上コンテナ安全対策(CSI)の試行開始 
10月 横浜税関本関庁舎増改築工事完了

 

『横浜港の発展と税関の歴史』 『歴史を飾った税関長』 『横浜港の生い立ちと税関』


  

横浜税関庁舎の変遷

 

写真:神奈川運上所

  • 安政6(1859)年6月横浜開港、神奈川運上所設置
  • 慶応2(1866)年10月大火(通称:豚屋火事)により焼失
「運上所跡記念碑」が現神奈川県庁敷地内にあります

 

 

 

 

写真:横浜運上所

  • 慶応3(1867)年3月竣工

(明治4(1871)年12月「神奈川運上所」を「横浜運上所」に改称)
※明治5(1872)年11月28日運上所の呼称を「税関」に統一

 

 

 

 

 

写真:初代税関庁舎

初代税関庁舎

  • 明治6(1873)年12月竣工

(後に神奈川県に譲渡)

 

 

 

 

写真:二代目税関庁舎

二代目税関庁舎

  • 明治18(1885)年11月竣工
  • 大正12(1923)年9月の関東大震災により崩壊

 

 

 

 

 

写真:三代目税関庁舎(現庁舎)

三代目税関庁舎(現庁舎)

  • 昭和9(1934)年3月本関庁舎(現庁舎)完成

 

 

 

 


横浜税関のシンボルマーク

 

横浜税関シンボルマーク

税関庁舎50周年(1984年)を記念して
画家の柳原良平氏が考案・作画したもの。