全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 輸出入手続 > カスタムスアンサー(税関手続FAQ) > 1102 貨物到着から貨物引取までの流れ(カスタムスアンサー)

1102 貨物到着から貨物引取までの流れ(カスタムスアンサー)


  航空機又は船舶により我が国に到着した外国貨物は、輸入手続が終了するまでの間保税地域に搬入されます。
  輸入申告は、原則として貨物が保税地域に搬入された後に行うことになります。航空会社、船会社から、貨物が到着すると輸入者に対し貨物が到着した旨の「到着通知(Arrival Notice)」が発行されますので、輸入者は航空会社、船会社に行き、運送契約に係る書類を入手して、輸出者から送られてきた仕入書などと併せて、原則として貨物が保管されている保税地域を管轄する税関官署に輸入申告を行うこととなります。
  税関は、輸入申告された貨物の書類審査、必要な検査を行い、原則として関税等の税金が納付されたことを確認した後、輸入を許可します。この輸入許可書を保税地域の担当者に示すことにより、貨物を保税地域から国内に引き取ることができます。
  なお、貨物が我が国に到着しているかどうかをお知りになりたい場合は、我が国への貨物の輸送を依頼された航空会社又は船会社にご確認下さい。

 

関連コード

税関手続等に関するご相談はお近くの税関相談官までお気軽にどうぞ。 お問い合わせ先は9301番をご覧下さい。