税関

財務省の画像財務省の画像
ページトップへ

総合職

説明会等
説明会等

財務省税関(総合職)では、以下の日程で業務説明会等を実施します。
公への貢献を職業とすることに志を持つ皆さんに、世界を舞台として働く気概を持つ皆さんに、そして日本をより良くするというスピリッツのある皆さんに「職業としての財務省税関」をより知って欲しいと思います。

【お知らせ】財務省税関においては、オンライン説明会を実施します(詳細はコチラ)。
参加方法等については、財務省税関採用アドレス(zeikan-saiyo@mof.go.jp)までお問い合わせください。

実施日時イベント名場所予約詳細

2020

5月29日(金)

17:00〜18:00

オンライン説明会
(ビギナー向け)

オンラインにて実施採用担当より、財務省税関の業務全般についてご説明します!

2020

6月3日(水)

17:00〜18:00

オンライン説明会
(キャリアパス説明会)

オンラインにて実施関税局関税課で関税政策の企画立案に携わる補佐級職員より、業務及びキャリアパスについてご説明します!(5.29情報を更新しました)

2020

6月4日(木)

17:00〜18:00

オンライン説明会
(キャリアパス説明会)

オンラインにて実施関税局監視課で税関行政の企画立案に携わる補佐級職員より、業務及びキャリアパスについてご説明します!(5.29情報を更新しました)

2020

6月5日(金)

17:00〜18:00

オンライン説明会
(キャリアパス説明会)

オンラインにて実施関税局第一参事官室で国際交渉を担当する補佐級職員より、業務及びキャリアパスについてご説明します!(5.29情報を更新しました)

2020

6月8日(月)

 

オンライン説明会
(事前面談会に関する相談会)

オンラインにて実施採用担当が、5月29日に情報公表した事前面談会に関する皆さまの疑問を解消します!財務省税関に事前登録を予定している方は、是非ご参加ください(5.29情報を更新しました)

2020

6月10日(水)

17:00〜18:00

オンライン説明会
(人事担当企画官による説明会)

オンラインにて実施財務省税関総合職の採用を担当する人事担当企画官より、財務省税関の業務概要、求める人物像等についてご説明します!(5.29情報を更新しました)

2020

6月11日(木)

17:00〜18:00

オンライン説明会
(キャリアパス説明会)

オンラインにて実施関税局・税関の重要な国際政策である国際協力を所掌する企画官級職員より、業務及びキャリアパスについてご説明します!(5.29情報を更新しました)

2020

6月12日(金)

17:00〜18:00

オンライン説明会
(キャリアパス説明会)

オンラインにて実施重要な関税政策のツールの一つである原産地規則を所掌する企画官級職員より、携わる業務及びキャリアパスについてご説明します!(5.29情報を更新しました)
 

今後の説明会等は、詳細が決まり次第掲載します。

   

トップへ戻る

官庁訪問
官庁訪問

財務省税関(総合職)では、今後実施予定の官庁訪問における選考を公平かつスムーズに行うため、事前面談会を以下の通り実施します(採用(内々定)に至るためには、国家公務員試験の合格及び官庁訪問への参加が必要となります。)。
官庁訪問の日程等については、追って掲載いたします。
財務省税関総合職として働くことに魅力を感じる、多くの皆様からのお申込みを心よりお待ちしております。

総合職事前面談会実施概要


1.総合職事前面談会
      参加資格
・2020年7月実施の国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)及び同試験(大卒程度試験)の申込みをしている者
・平成30年度及び2019年度国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)及び同試験(大卒程度試験)(教養区分等を含む。)における合格者
上記のうち、2021年度の採用を希望する者
2.総合職事前面談会
      実施日程
事前登録期間:2020年6月1日(月)〜6月16日(火)午後5時
事前面談会の予約期間:2020年6月19日(金)〜6月25日(木)
第一ターム:2020年6月23日(火)〜6月26日(金)
第二ターム:2020年6月29日(月)〜7月2日(木)
第三ターム:2020年7月3日(金)

事前面談会における注意事項等の詳細については、「総合職事前面談会ガイド2020」をご覧ください。
上記のスケジュール・申合せ内容は、各府省庁等すべて同一のものです。


※1 土曜日及び日曜日(6月27日、28日、7月4日、5日)には、各府省庁・受験者間の接触が禁止されていますので、事前面談会は実施しません。問い合わせもお控えください。
※2 本事前面談会においては、同一府省庁等への訪問は、6月23日(火)から7月2日(木)の間は各ターム中1回に制限されていることにご注意ください。また、期間中に訪問できる府省庁等は1ターム当たり3府省庁までとなります。
※3 昨今の新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえ、第一タームについては、一律でオンラインによる非接触型の面談を実施いたします。
3.総合職事前面談会
      参加までの流れ
●事前登録
事前面談会に参加して頂くためには、指定されている期間内に「事前登録」を行う必要があります。
事前登録いただいた内容を参考として、財務省税関の業務等を紹介いたしますので、下記必要書類を財務省税関採用担当(zeikan-saiyo▲mof.go.jp)宛に、件名を「【事前登録(財務省税関)】(お名前)」とし、電子メールにてご提出願います(▲を@マークに変えてメールを送信ください)。

事前登録は、6月16日(火)午後5時までにお願いします。

・事前登録時提出書類
(1)訪問カード(Excelファイル)
   → ご提出時にファイル名を「【訪問カード(財務省税関)】(お名前)」としてください。
(2)(2020年7月実施の国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)及び同試験(大卒程度試験)受験予定者)
   →上記試験への申し込みを証明するもの(受験票、申込受付完了通知メール等)
   ※万一、申込受付完了通知メールを削除されてしてしまっている場合は、事前登録の際にその旨明記の上、
   人事院より受験者限定で送信された試験日程変更通知等のメールで代替することとし、後日、人事院より
   発行される「受験票」をダウンロードし、速やかにPDF形式等でご提出ください。
   (平成30年度及び2019年度国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)及び同試験(大卒程度試験)(教養区
   分等を含む。)合格者)
   →上記試験の合格通知書
   ※紛失された場合は、人事院への照会を行いますので、下記問い合わせ先までご相談ください。
(3)学生証・運転免許証等の身分証明書類の写し(氏名、生年月日、顔写真を確認させていただきます。)
※訪問カード、証明書類については、提出時に全てPDF化等の上、メールに添付お願いいたします。

●事前面談会の予約受付
令和2年(2020年)6月18日(木)午前9時以降、事前登録をされた方にご連絡を差し上げます。
場合によっては、事前面談会への参加をお断りすることがございます。
参加可能となった方は、6月19日(金)から6月25日(木)までの期間に6月23日(火)から6月26日(金)までのいずれか一日を事前相談希望日としてご予約ください。なお、複数の府省庁等に対して、同一希望日をご予約することはできません。
また、ご予約が多数の場合には、人数調整のため、希望日の変更をお願いする可能性がございます。
事前面談会当日の具体的な流れにつきましては、ご予約が完了次第お知らせいたします。

4.事前面談会までに
      ご準備・ご検討
      いただきたい事項
・参加場所
 事前面談会では、オンラインによる面談ではビデオ通話を行うため、ご自宅等、周囲の雑音が入らず、第三者に見聞きされない環境でご参加ください(喫茶店等からの参加はご遠慮ください。)。

・使用端末
 事前面談会には、PC、タブレット、スマートフォンのいずれでも参加可能ですが、トラブル時の対応等、電話でのやりとりを行わせていただく可能性があるため、PC,タブレットでの参加を推奨いたします。
 また、面談における本人確認等の必要から、音声のみの通話ではなく、ビデオ通話を行います。カメラ付きの端末で参加して頂くか、別途WEBカメラ当のご準備をお願いいたします。


・通信環境
 事前面談会には、安定したインターネット接続環境のもとで参加して頂くことを推奨します。
 ご家庭の光回線や、通常速度のポケットWi-Fi等で対応可能ですが、通信制限下等の低速環境では安定した接続が見込みめないかと思います。事前面談会中の通信制限等により、面接が十分に行えない等の事態に陥らぬよう、予めご配慮をお願いいたします。


※使用端末や通信環境、アプリケーションの用法等に不安のある方は、下記の問い合わせ先に、事前面談会開始日までに必ずご相談ください。当日や開催日の直前は多くの問い合わせが予想されるため、余裕をもってご準備いただけますよう、お願いいたします。
5.採用予定者数・
      採用試験区分
7名程度
国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)事務系及び技術系の全区分(法務区分を除く。)
国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)事務系及び技術系の全区分(教養区分等を含む)
6.服装財務省では、地球温暖化防止及び省エネルギーに資するため、夏季においては軽装(ノーネクタイ・ノー上着)での執務を励行しており、事前面談会においても軽装で対応させていただきます。そのため、皆様も軽装で事前面談会にご参加いただいて結構です。
7.その他

事務系、技術系を問わず、採用パンフレット(税関ホームページ)、業務説明会等でご紹介している財務省税関の使命や国内外に亘る幅広い業務に関心を持ち、熱い情熱と強い責任感を持って諸課題に立ち向かっていく意志のある皆様の訪問をお待ちしております。

また、これまで財務省税関の業務説明会等に参加する機会がなかった方、志望省庁を迷われている方、その他すべての総合職志望の方々に広く門を開いておりますので、税関業務に少しでも関心を持たれた方は積極的にご訪問ください。
(なお、事前面談会開始時期が遅れたことを理由に不利益な取扱いはしないこととしております。)

8.問い合わせ先財務省本庁舎3階 財務省 関税局 管理課(部屋番号:北357)

〒100-8940 東京都千代田区霞が関3−1−1
TEL:03-3581-4111(内線:5937 or 2471)、03-3581-0226(直通)

※財務省税関への業務説明会・事前面談会・官庁訪問・採用についてのご質問等は上記、財務省関税局管理課までお問い合わせください。

アクセスはこちら:財務省本省(財務省ホームページ)新しいウィンドウで開きます

トップへ戻る

キャリアパス
キャリアパス

総合職として採用される場合の、代表的なキャリアパスをご紹介します。

1年目から2年目採用直後は、財務省関税局係員として、各課に配属され関税政策の企画立案、国際業務等を支えます。
3年目各地の税関へ係長級として出向し、関税局にて企画・立案された政策がどのように執行されているか学びます。
4年目から9年目主に関税局における係長として、税関現場で学んだことを活かし政策の企画・立案を行います。
また、この間他省庁への出向や、海外留学、国内留学、各国大使館・総領事館で勤務する機会もあります.
10年目以降関税局や他省庁等の課長補佐として、政策の企画・立案の中枢を担います。
また、各国大使館の領事やWCO(世界税関機構)での勤務など幅広く活躍する機会があります。
その後は能力に応じ、関税局の要職や各地の税関の幹部職として、関税政策、国際業務、税関行政の分野で責任者として活躍することとなります。

トップへ戻る

海外勤務
海外勤務

総合職として採用されると、WCO(世界税関機構)などの国際機関、在外公館、 各国税関等、海外での活躍の場が多くあり、世界を舞台として男女問わず多くの先輩職員が活躍しています。また、海外・国内留学により自身を高める機会も多くあります。
具体的な赴任先は以下のとおりです。

赴任先のマップ

トップへ戻る

よくある質問
よくある質問

説明会等でよくある質問について、採用担当者がお答えします。

QA
1.試験区分によって携わる
      業務内容や採用後の任用に
      違いはありますか?
税関では採用時の試験区分に関わらず、税関業務全般に携わっていただくことになります。
技術系だからといって、特に業務が限定されることはありませんし、配属先によっては、学生時代に身に付けた専門知識を存分に発揮できる機会もあります。
また採用後の任用についても違いはなく、本人の希望や能力次第で様々な業務を経験することができます。
2.研修について教えてください。採用時の研修にはじまり、語学研修、国内外の大学院への派遣研修、経済学に関する研修等の機会が多くあります。
なお、これらの研修には、文系、理系を問わず派遣しており、理系の者が大学院で経済学を学ぶなど、自身を高める機会が豊富です。
3.英語力はどの程度必要ですか?英語力は高い方が望ましいですが、採用時に必ずしも英語力が高くなくても、採用後の研修や自主的な勉強により、英語力を高め、国際的な分野で活躍している諸先輩も多くいます。
4.国際的な業務を行うことは
      必須ですか?
財務省・税関(総合職)では、多くの国際的業務を行う機会がありますが、同時に国内の業務も多く、関税局における法令業務、監視取締分野の企画立案や法執行業務、貿易円滑化に関する企画立案や執行業務、税関のITシステムに係る業務など様々な分野で活躍する機会があります。
5.税関業務について、
      より詳しく知るためには
      どうしたらいいですか?
各種説明会等に参加していただければ、より詳しく税関の業務について理解していただくことができます。
日程等については、上記説明会等の項をご確認ください。
その他税関HPにも水際取締りや輸出入手続き、貿易統計といった業務に関わる情報を掲載していますので、ご覧ください。
また、税関ではTwitterやFacebookを活用し、全国における覚醒剤やコピー商品などの水際取締りの取り組みをはじめとする
税関の活動について紹介しています。
 
その他税関HPにも水際取締りや輸出入手続き、貿易統計といった業務に関わる情報を掲載していますので、ご覧ください。
また、税関ではTwitterやFacebookを活用し、全国における覚醒剤やコピー商品などの水際取締りの取り組みをはじめとする 税関の活動について紹介しています。

トップへ戻る