全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 輸出入手続 > カスタムスアンサー(税関手続FAQ) > 1302 関税等の納期限延長制度の概要(カスタムスアンサー)

1302 関税等の納期限延長制度の概要(カスタムスアンサー)


 外国から我が国に到着した貨物を国内に引き取るためには、輸入申告をして、関税、内国消費税及び地方消費税がかかる場合には、これらの関税等を納付しなければなりませんが、税額に相当する担保の提供を条件として、これらの関税等の納付を猶予する制度、即ち納期限延長制度があります。
 この制度には、輸入者の納税の便宜を図るため、個別延長方式、包括延長方式及び特例延長方式の3方式があります。
(1)  個別延長方式とは、個々の輸入申告ごとに納期限を延長する方式で、輸入者が申告ごとに関税(消費税及び地方消費税兼用)納期限延長(個別)申請書を提出するとともに担保を提供したときに、輸入許可日の翌日から3ヶ月以内の納期限の延長が認められる方式です。
(参考)1304 個別納期限延長の申請と担保提供手続


(2)  包括延長方式とは、特定の月分の輸入申告について、輸入者が当該特定月の前月末日までに関税(消費税及び地方消費税兼用)納期限延長(包括)申請書を提出するとともに担保を提供したときに、当該特定月の末日の翌日から3ヶ月以内の納期限の延長が認められる方式です。
 例えば、輸入の許可の日が5月1日・5月15日・5月30日である場合には、1ヶ月分すべてをひとまとめにして、3ヶ月後の末日である8月31日までに関税等を納付すれば良いことになります。
(参考)1303 包括納期限延長の申請と担保提供手続


(3)  特例延長方式とは、特例輸入申告制度を利用して引取申告をした特例輸入者が、特例申告書の提出期限内に関税(内国消費税及び地方消費税兼用)納期限延長(特例申告)申請書を提出するとともに担保を提供したときは、特例申告書の提出期限から2ヶ月以内の納期限の延長が認められる方式です。
(参考)1309 特例申告納期限延長の申請と担保提供手続
     1905 特例輸入申告制度における担保の提供について


 (関税法第9条の2)

税関手続等に関するご相談はお近くの税関相談官までお気軽にどうぞ。 お問い合わせ先は9301番をご覧下さい。