全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:

骨董品

 お客様宛の郵便物については、製作後100年を超えているものであるかどうかの確認のため、税関において通関処理ができないことから、「外国から到着した郵便物の税関手続のお知らせ」に記載された日本郵便株式会社の支店にて保管中です。

 製作後100年を超えているもので、証明書等の確認ができれば、関税が無税になる場合があります。

 税関では、製作後100年を超えているものの場合、「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」をお客様に送付し、それに関する証明書等の有無を確認して通関しています。今回の郵便物の内容について、鑑定専門家の証書や輸出国の政府機関、博物館、美術館、大学等で発行された証明書等がありましたら、税関にお知らせください。

 なお、証明書等がない場合や製作後100年を超えていない場合は一般の税率が適用されますが、通関はできますので、その旨お知らせください。


 税関への回答方法については、下記をご覧ください。


●製作後100年を超えている骨董品を輸入される方へ 

鑑定証書、証明書等をお持ちの方へ 

 お手持ちの鑑定証書、証明書等を税関に提出してください。
 回答方法は、「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」に住所、氏名、電話番号を記入し、キリトリ線から切り取った「はがき」と鑑定証書、証明書等を同封し、郵送してください。(電話番号は昼間に連絡の取れる番号をご記入ください)

 書類の返送を希望の方は、切手を貼った返信用の封筒も同封してください。


鑑定証書、証明書等がない方へ 

 回答方法は、「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」に住所、氏名、電話番号を記入し、受取人記載欄に鑑定証書や証明書等がないために、製作後100年を超えていることを証明できない旨を明記のうえ、キリトリ線から切り取った「はがき」を郵送してください。(電話番号は昼間に連絡の取れる番号をご記入ください)

 


●製作後100年を超えていないものを輸入される方へ
 
 回答方法は、「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」に住所、氏名、電話番号を記入し、製作後100年を超えていないものである旨を明記のうえ、キリトリ線から切り取った「はがき」を郵送してください。(電話番号は昼間に連絡の取れる番号をご記入ください)

 

「骨董品」以外の項目をご覧になりたい方は、該当する項目をクリックしてください。 

価格の確認

梱包数
の確認

商品説明

別送品

原産地証明書

関税割当

輸入承認

加工・修繕

再輸出
減免税

ATAカルネ 

ワシントン条約

医薬品
医療機器等法

医薬品
医療機器等法
(動物用)

食品衛生法

銃砲類・
銃部品等

刀剣類

日本刀等

化審法

骨董品

米の輸入