現在位置:
ホーム > 神戸税関 > 時計塔通信 > 2021年12月第163号

2021年12月第163号

お知らせ

財務省における、新型コロナウイルス感染症関連情報について、以下のリンク先においてお知らせしております。

【新型コロナウイルス感染症関連情報】(財務省ホームページへ)

TOPICS

「年末特別警戒」出陣式を挙行

 12月6日(月)から12月15日(水)までの間、神戸税関は「年末特別警戒」を実施しました。不正薬物、銃器及び金地金等の密輸入に対する取締りを強化し、初日となる6日には本関庁舎アトリウム内において年末特別警戒出陣式と神戸税関長による現場視察を行いました。

出陣式の様子
出陣式の様子
出陣式で訓示を述べる福田税関長 福田税関長による別送品検査視察の様子
出陣式で訓示を述べる福田税関長 福田税関長による別送品検査視察の様子

神戸女学院大学文学部学生に対して講義を実施

 12月9日(木)、神戸女学院大学文学部の3・4年の学生(19名)に対して「原産地規則」と題した講義を神戸税関本関庁舎で実施しました。
 今回の講義は同大学の北川教授より、FTA・EPAを学ぶゼミ生に対して、理解を深めてもらいたいと依頼されたものであり、業務部原産地調査官が講師となり、特恵関税の原産地規則や非特恵原産地規則などについて、具体例を示しながら分かりやすく解説しました。
 また、講義の前に広報展示室を見学してもらい、税関行政への理解も深める良い機会となりました。

授業の様子
講義の様子

神戸税関庁舎特別公開「オープンカスタムス2021」を開催

 11月27日(土)、本関庁舎においてオープンカスタムス2021を開催しました。
 昨年は、開催直前にコロナの感染拡大の影響から中止となったため、2年ぶりの開催となりました。
 今回は、税関が明治5年11月28日(1872年)に「運上所」から「税関」に呼称統一され、正式に発足してから、令和4年11月で150周年を迎えることから、 特別展示「写真で見る神戸税関150周年」と題して、明治時代から現在に至るまでの写真30点を掲示したほか、普段公開していない元貴賓室も開放しました。

当日の広報展示室の様子 特別展示「写真で見る神戸税関150周年」
当日の広報展示室の様子 特別展示「写真で見る神戸税関150周年」

「トライやる・ウィーク」(中学生の職場体験活動)の受入れ

 11月11日(木)、神戸税関姫路税関支署は地域に学ぶ『トライやる・ウィーク』の一環として、姫路市の中学2年生6名を受け入れ、職場体験活動を実施しました。
 まず、オリエンテーションとして税関の役割や姫路港の概要、監視及び通関業務について説明しました。その後、通関業務の体験として品目分類や税額の計算を行ったほか、管内関係企業の協力のもと零下20度の冷凍倉庫に入り、寒さに身震いしながら検査の様子を見学しました。
 最後に、生徒からは「まったく税関を知らなかったが、とても大切な仕事だと感じた」「今回の体験で興味が沸いた」などの感想があり、税関の仕事を知ってもらう良い機会になりました。

職員による生徒への講義の様子 検査見学の様子
受け入れ当日の様子 検査見学の様子

出前授業を実施

 神戸税関の管内各支署、出張所において、小学校や中学校で「税関の仕事」や「薬物乱用」をテーマに出前授業を実施しました。

瀬戸内市立邑久中学校での授業の様子 土佐市立高岡第一小学校での授業の様子
11月16日(火)瀬戸内市立邑久中学校 2年生140名 11月5日(金)土佐市立高岡第一小学校 5年生75名

貿易統計

令和3年10月分

【令和3年10月分(確報値)】(https://www.customs.go.jp/kobe/boueki/00boueki_top.htm)

神戸港 輸出 5,408億円 (対前年同月比  +19.8%) 11ヵ月連続プラス
  輸入 2,918億円 (   同    +18.8%) 9ヵ月連続プラス
全国 輸出 7兆 1,840億円 (   同    +9.4%) 8ヵ月連続プラス
  輸入 7兆 2,525億円 (   同    +26.7%) 9ヵ月連続プラス

注:%は伸び率、+は増加、▲は減少

輸入は9桁速報値

ページトップに戻る
トップへ