現在位置:
ホーム > 神戸税関 > 時計塔通信 > 2021年11月第162号

2021年11月第162号

お知らせ

財務省における、新型コロナウイルス感染症関連情報について、以下のリンク先においてお知らせしております。

【新型コロナウイルス感染症関連情報】(財務省ホームページへ)

TOPICS

輸入者のためのセミナー《Webセミナー》を開催

 10月6日(水)、7日(木)、8日(金)の3日間、輸入業務に携わる初心者を対象としたWebセミナーを開催しました。
 コロナ禍が続く中、昨年に引き続き、Web会議システムを活用しての開催となりましたが、関東地方から沖縄まで、そして海外からと、多くの参加申し込みがあり、同セミナーの関心の高さが伺えました。

セミナー配信の様子
Webセミナー配信の様子

呉市と共催で税関展を開催

 税関150周年プレ事業として、10月30日(土)から11月3日(祝)までの5日間、広島県呉市と共催で、呉市役所1階新日本造機ホールにて税関展を開催しました。
 会場では、税関で摘発した密輸手口の模型や、偽ブランド品などの知的財産侵害物品、絶滅のおそれがあるとして国際取引が規制されているワシントン条約該当物品の実物の展示等を行いました。中でも迫力のあるライオンのはく製は、老若男女問わず注目の的で、多くの来場者が間近で見られるライオンを興味深く眺めていました。
 休日には麻薬探知犬のデモンストレーションも行い、今回の税関展で、税関が150周年を迎えること及び税関の仕事について多くの方に知っていただくことができました。

税関展の会場の様子 ライオンのはく製に集まる来場者
会場内の様子 注目を集めたライオンのはく製

「FUNTAK秋のイベント@高松空港」への参加

 10月31日(日)、コロナ禍のため従来の高松空港まつりを縮小してのイベント「FUNTAK秋のイベント@高松空港」が開催され、高松空港税関支署職員2名が参加し、税関PRを行いました。
 密を避けるため、大々的な広報を行わずに実施されましたが、税関ブース前のカスタムちゃんを見つけると、家族連れなどが集まりました。また、テレビ番組で空港税関の業務が紹介されていることから、声をかけられることもあり、デジタルサイネージで流していた税関のYouTube映像も興味深く見ていただいたり、来場者には職員手作りのカスタム君お面や税関のポストカードなどの配布を行ったりと、広く税関についてアピールすることができました。

税関ブース カスタムちゃんに集まる来場者
税関ブース カスタムちゃんに集まる来場者

出前授業を実施

 神戸税関の管内各支署、出張所において、小学校や中学校で「税関の仕事」や「薬物乱用」をテーマに出前授業を実施しました。

高梁市立高梁東中学校での授業の様子 玉野市立山田中学校での授業の様子
10月19日(火)高梁市立高梁東中学校 全学年生徒43名 10月1日(金)玉野市立山田中学校 2年生18名
玉野市立山田中学校での授業の様子 福山市立山手小学校5年生への授業の様子
10月19日(火)玉野市立山田中学校 3年生18名 10月21日(木)福山市立山手小学校5年生64名
(於:神原ロジスティクス(株))

貿易統計

令和3年9月分

【令和3年9月分(確報値)】(https://www.customs.go.jp/kobe/boueki/00boueki_top.htm)

神戸港 輸出 5,008億円 (対前年同月比  +25.8%) 10ヵ月連続プラス
  輸入 3,262億円 (   同    +25.3%) 8ヵ月連続プラス
全国 輸出 6兆8,410億円 (   同    +13.0%) 7ヵ月連続プラス
  輸入 7兆4,650億円 (   同    +38.6%) 8ヵ月連続プラス

注:%は伸び率、+は増加、▲は減少

輸入は9桁速報値

ページトップに戻る
トップへ