現在位置:
ホーム > 神戸税関 > 時計塔通信 > 2021年5月第156号

2021年5月第156号

お知らせ

財務省における、新型コロナウイルス感染症関連情報について、以下のリンク先においてお知らせしております。

【新型コロナウイルス感染症関連情報】(財務省ホームページへ)

TOPICS

シンポジウム「Society5.0時代の国際物流」を開催

 4月20日(火)、神戸税関シンポジウム「Society5.0時代の国際物流」を開催しました。
 基調講演には、(株)日通総合研究所リサーチフェローの田阪 幹雄(たさか みきお)氏を講師にお招きし、「コロナ禍がグローバルロジスティクスに与えた影響とポストコロナ時代の展望」と題しご講演いただきました。田阪氏からは、コロナウイルスの世界的な感染拡大及びコロナ前から始まっていた物流業界の変化を踏まえ、ポストコロナ時代には、
・ 非接触化・自動化・無人化・省人化、
・ B2B物流の大量輸送化、
・ 物流に関わるデータやコードの標準化によるデジタル化、
といったトレンドがより顕著に表れる可能性があることが示唆され、日本の物流業界が目指すべき進路についても提言がなされました。
 また、佐藤税関長をモデレーターに、国内外で活躍する有識者・実務家5名とともに実施したパネルディスカッションでは、コロナ禍が企業のサプライチェーンに与えた影響及びサプライチェーンの再構築の試み、ブロックチェーン技術を用いた新たな物流プラットフォームの紹介、コロナ禍において「エッセンシャルワーカー」として注目された物流業界の現状などについて紹介があり、ポストコロナ時代において我が国産業が国際競争力を高めていくための課題や対策について、それぞれの立場から意見が交わされました。

シンポジウム案内文 シンポジウム案内文
シンポジウムポスター(クリックで拡大されます)

貿易統計

令和3年3月分

【令和3年3月分(確報値)】(https://www.customs.go.jp/kobe/boueki/00boueki_top.htm)

神戸港輸出5,335億円(対前年同月比  +10.1%)4ヵ月連続プラス
 輸入2,891億円(   同    +13.7%)2ヵ月連続プラス
全国輸出7兆3,783億円(   同    +16.1%)2ヵ月ぶりにプラス
 輸入6兆7,161億円(   同    + 5.8%)2ヵ月連続プラス

注:%は伸び率、+は増加、▲は減少

輸入は9桁速報値

お知らせ

税関チャンネルに動画をアップ!

 YouTube税関チャンネルに新しい動画をアップしました!

 ●本関庁舎 ドローン撮影
     【外部リンク】(https://youtu.be/l9LFOWyFbWk)

本関庁舎 ドローン撮影動画
クリックで動画サイトへ移動します

 YouTube【税関チャンネル】からもご覧になれます!

ページトップに戻る
トップへ