全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:

税関の機構

1.税関の機構及び定員

 税関は、財務省の地方支分部局として、函館、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、門司及び長崎の8税関のほか、沖縄地区税関が設置されている。(税関の管轄区域[PDF:167KB]PDFファイル

 各税関には平成29年7月1日現在で税関支署68ヶ所、税関出張所及び税関支署出張所109ヶ所並びに税関監視署及び税関支署監視署10ヶ所が設置されており、それぞれの地域における税関業務を分担している。平成29年度における税関の定員は、9,178人である。

 

2.税関の組織と主な事務

 

(1) 税関本関(本部)
部署名主な事務
総務部
  • 税関の所掌事務の総合調整
  • 会計、行政財産及び物品の管理
  • 職員の任用、服務、人事及び給与
  • 職員の福利厚生
  • 税関についての広報及び広聴
監視部
  • 船舶、航空機の監視取締り
  • 旅客、乗組員の携帯品等の取締り、検査及び徴税
  • 輸出入貨物に係る検査
  • 保税地域等の許可又は承認及び取締り
業務部
  • 輸出入貨物に係る審査、許可及び承認
  • 輸入貨物に係る関税等の税率の適用、確定及び徴収
  • 輸出入貨物の分析、鑑定
  • 国際郵便物の検査及び徴税
  • 通関業の許可、通関業者の監督及び通関士試験
調査部
  • 輸出入された貨物の調査
  • 犯則事件の調査及び処分
  • 情報の管理及び分析
  • 外国貿易統計の作成

 

(2) 支署・出張所等
部署名主な事務
支署
  • 主な開港・税関空港等において税関事務を行う
出張所
  • 業務需要が比較的密集している地域に設置し、周辺の業務を分担
監視署
  • 不開港における船舶の入港、貨物の授受、積卸等の監視取締りを行う