出国手続編

1.税関カウンター

出国ロビー
税関出国カウンター看板
法務省入国管理局の出国審査を受ける前に、税関手続があります。
次のような物品を持ち出される方は、必ず手続を行ってください。
(1) 外国製品(時計、ネックレス、指輪など)
(2) 100万円以上の現金など
(3) 銃砲、超高性能パソコンなど


(1)外国製品の持出し

税関出国カウンター 現在使用している外国製品を海外へ持っていく場合は、「外国製品の持出し届」に該当する物品の品名、数量、特徴などを記入し、現品と一緒に出国の税関カウンターで確認を受けてください。
この確認がありませんと、帰国時に外国で購入されたものと区別ができず、課税される場合があります。

→カスタムスアンサー
外国製品を持ち出す場合の手続き


(2)支払手段の持出し

次のような場合には、出国の際、税関へ「支払手段等の携帯輸出・輸入申告書」を提出してください。
(a)携帯する現金、小切手(トラベラーズチェックを含む)、約束手形、有価証券の合計額が100万円相当額を超える場合
(外国の通貨及び外国の通貨で表示されているものを含む)
(b)携帯する金の地金(純度90%以上)の重量が1kgを超える場合

支払手段等の携帯輸出入の手続


(3)輸出規制品

銃砲や超高性能パソコンなどは輸出が規制されています。このような品物を持ち出す場合は、事前に経済産業省で手続を行ってください。

→ 経済産業省ホームページ(輸出貿易管理安全保障貿易管理

NEXT