全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
税関発給コード申請ページ > 税関発給コードとは

税関発給コード

  増大する輸出入申告について、より一層迅速かつ適正な処理を図るとともに、併せて輸出入手続における輸出入者の利便性向上にも資するとの観点から、輸出入申告において輸出入者、仕向人・仕出人を識別するためのコードを税関が無償で発給しています。
  税関発給コードを取得していなくても輸出入の申告は可能ですが、取得することでNACCSにおける輸出入申告事項の入力にかかる手間を大幅に省くことができ、また、各種制度の利用ができる等のメリットがあります。

  (パンフレット)


税関発給コードとは

  税関発給コードには、貨物を輸出又は輸入しようとする者を対象とする税関輸出入者コードと、海外の仕出人又は仕向人を対象とする海外仕出人・仕向人コードとがあり、以下のような12桁の体系を持つものです。


【コードの体系】

(1) 0012345(2) 0000(3)


  1. 1桁目:識別符号
    税関輸出入者コード=「数字」、 仕出人・仕向人コード=「アルファベット」(「P」を除く。)
  2. 2桁目〜8桁目:連番
    英数字の連番(法人の場合には、法人単位で1つの連番が付番されます。)
  3. 9桁目〜12桁目:本支店コード
    税関輸出入者コード →
    本店(法人)=「0000」、支店等=「0001」〜「9999」、
    海外仕出人・仕向人コード→
    本店(法人)=「国コード+00」、 支店等=「国コード+01」〜「国コード+99」

(例1)○○商事(株)      1 0123456 0000
(例2)○○商事(株)大阪支店  1 0123456 0001


 

  税関発給コードは、NACCSによる輸出入申告の輸出入者符号として使用することが可能です。

JASTPROコードからの切替えに係る留意点

  NACCSによる輸出入申告において、これまでJASTPROコードで下表に掲げる制度を利用していた輸出入者の方が、新たに取得した税関輸出入者コードでこれらの制度を利用するためには、税関又はNACCSセンターに対して、所要の手続を行う必要があります。

手続 備考
  • 包括保険登録
  • 輸入包括評価申告
  • 輸入包括審査扱い
  • 特例輸入申告制度
  • 特定輸出申告制度
  • たばこ特定販売事業者の登録
  • 石油石炭税特例納付
  • 据置担保の利用
税関宛に手続が必要
  • NACCS専用口座振替納付
  • リアルタイム口座振替納付
NACCSセンター宛に手続が必要

仕出人・仕向人コードの利用の勧め

  海外の仕出人・仕向人の氏名・住所についても、海外仕出人・仕向人コードの利用により、NACCSにおける輸出入申告事項の入力にかかる手間を大幅に省くことができます。


申請手続

  税関発給コードの発給申請や申請内容の変更・照会等をご希望される場合はこちらから。


お問い合わせ

  不明な点がございましたら、税関発給コード担当までお問い合わせ下さい。⇒問合せ窓口

  なお、メールでのご質問は受付けておりませんのでご了承ください。