全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 輸出入手続 > AEO(Authorized Economic Operator)制度の相互承認の推進

AEO(Authorized Economic Operator)制度の相互承認の推進

日香港間でAEO(認定事業者)制度の相互承認に合意しました。



1.AEO 相互承認の概要

AEO制度の相互承認とは、AEO制度を有する二国間で、それぞれのAEO制度(AEO事業者)を相互に承認することにより、二国間物流におけるセキュリティレベルを向上させつつ、国内外一貫した一層の物流円滑化を目指すもの。

日本のAEO事業者に対するAEO相互承認の効果:

  1. 自社が関与する輸出入貨物について日本税関のみならず、相手国における税関手続でもリスクに応じて書類審査・検査の負担が軽減される等の追加的効果が発生
  2. AEOとしての企業ステータスが国際的に認知される

 

2.我が国のAEO 相互承認への取組状況

 

 

 世界では、40組を超えるAEO相互承認が成立し、そのうち7組が日本の関係するものとなっています。

 なお、日本は、米国とEUの両方とAEO相互承認の署名・実施をしている唯一の国です。

 それぞれのAEO相互承認による効果は、相手国のAEO制度の対象事業者の違いなどに応じて、異なってきます。

 (例1)日米AEO相互承認の概要

 (例2)日EU・AEO相互承認の概要

 

 各国のAEO制度の状況によって、相互承認による効果が異なります。

3.〔資料〕AEO制度相互承認に関する報道発表・リーフレット

 以下の国・地域とAEO相互承認の署名・実施に至っています。

○報道発表

○掲載リーフレット

4.AEO相互承認の利用方法

 AEO相互承認の実施は、各国税関の電算システムにおける相手国輸出入者の認識方法の違いなどの理由から、相互承認相手国ごとに方法が異なっております。

 既に実施されているAEO相互承認の利用について、以下に具体的な方法を記載しておりますので、参照下さい。

 なお、相互承認用コードなど不明な点につきましては、各税関AEO担当にご連絡下さい。

※コード変換ルールは、以下のリンクを参照下さい。
 シンガポール:http://www.customs.go.jp/zeikan/seido/aeo/leaflet_23-07.pdf
 韓国:http://www.customs.go.jp/zeikan/seido/aeo/leaflet_23-10.pdf
 カナダ:http://www.customs.go.jp/zeikan/seido/aeo/leaflet_24-11.pdf
 マレーシア:http://www.customs.go.jp/zeikan/seido/aeo/leaflet_27-02.pdf