全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 輸出入手続 > AEO制度の拡充・改善 > 英国がEUを合意なく離脱した場合においても、英国とのAEO相互承認を継続できるよう準備しています

英国がEUを合意なく離脱した場合においても、英国とのAEO相互承認を継続できるよう準備しています

2019年3月22日

これまで、英国との間では日EU・AEO相互承認取決めの枠組みの下、日英両国において、両国のAEO事業者の貨物に対する迅速な通関が認められています。

現在、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり、英国議会及び英EU間の調整等が続いていますが、仮に、今後、英国がEUを合意なく離脱した場合、離脱日の翌日以降、日EU・AEO相互承認取決めの枠組みから英国が外れます。

このため、日英両国におけるAEO事業者の貨物に対する迅速な通関を継続させるべく、現在、日英AEO相互承認取決めの署名及び実施に向けた準備を英国歳入関税庁と行っています。署名及び実施の際には改めてお知らせいたします。

(注)ただし、英国・EUとの間で離脱協定案に合意した場合、離脱日までは従前と同様に日EU・AEO相互承認取決めが英国に適用され、離脱後以降についても、一定の期間、EU法が英国に適用される「移行期間」が設けられるため、当該移行期間中は、引き続き日EU・AEO相互承認取決めが英国に適用されます(移行期間終了後の取扱いについては、別途周知いたします)。

なお、日英AEO相互承認取決めの内容・手続については、日EU・AEO相互承認取決めと同様のものとなるよう準備しており、輸出入通関手続の際に必要となる相互承認用コードについても、日EU・AEO相互承認用コードと同じコードとする予定です。また、当該コードについてのお問合せは、各税関AEO担当にお願い致します。

 

(参考1)日EU・AEO相互承認取決めの内容

(参考2)日EU・AEO相互承認取決めを利用する際の手続

(日英AEO相互承認取決めに係る問い合わせ先)
関税局第一参事官室 国際調査第二係
(代表)03(3581)4111(内線2291,5444)
関税局業務課 認定事業者係
(内線 2530,5716)

 

(日英AEO相互承認用コードに係る問い合わせ先)
函館税関電話:0138−40−4254
東京税関電話:03−3599−6343
横浜税関電話:045−212−6125
名古屋税関電話:052−654−4169
大阪税関電話:06−6576−3391
神戸税関電話:078−333−3071
門司税関電話:050−3530−8312
長崎税関電話:095−828−8801
沖縄地区税関電話:098−862−9291