採用TOP

一般職員採用

臨時職員採用

横浜税関の魅力

横浜税関TOP



横浜税関職員になるには(一般職採用)


 税関は財務省に属する組織であり、職員は国家公務員です。そのため、税関職員となるためには人事

院が主催する「国家公務員一般職試験(大卒程度・高卒者)」を受験していただく必要があります。

 その後、その試験の最終合格した方を対象に各税関で独自の採用面接を行います。横浜税関におき

ましても、国家公務員一般職試験の日程と合わせ採用面接等を行っており、日程等詳細については随時

当ページに掲載していきます。

(国家公務員一般職試験の詳細につきましては、人事院ホームページにてご確認下さい。)



【一般職(大卒・高卒)採用の流れ】


【平成29年度試験等日程】




NEW




【採用対象試験区分】

平成29年度(平成30年4月採用)における採用対象試験区分は以下のとおりです。

下記の区分以外からは採用を行いませんのでご注意下さい。


一般大卒 : 行政(関東甲信越)、電気電子情報、機械、土木、建築、物理、化学、農学

一般高卒 : 事務(関東甲信越)、技術(関東甲信越)



【過去5年間の採用者数】


【先輩からのメッセージ】

若手職員からのメッセージをこちらに掲載しております。

実際に現場で働く職員からの仕事紹介等、一言コメントを掲載しておりますので、是非ご参考にして下さい!


【パンフレットのご紹介】

税関職員採用パンフレット

横浜税関パンフレット




その他、採用にかかる質問等がございましたら、遠慮なく下記連絡先までご連絡下さい。

連絡先:横浜税関総務部人事課人事第1係
 〒231-8401
 横浜市中区海岸通1-1
 電話番号:(045)212-6020
 FAX:(045)201-4369
 Eメール: yok-jinji-1@customs.go.jp