全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 横浜税関 > 「横浜税関だより」  > 『横浜税関だより』(第180号)

メールマガジン「横浜税関だより」

/////////////////////////////// 横浜税関 税関広報広聴室 ////////////////////////////////

『横浜税関だより』 第180号
/////////////////////////////// 平成 24年4月24日 ///////////////////////////////////////


■■ 横浜港・横浜税関管内貿易速報(H24.3月分)
 
平成24年3月の横浜港の輸出額は7,284億円。対前年同月比は23.3%増で、
4ヵ月ぶりの増加となりました。
なお、昨年3月は東日本大震災の影響で輸出額(5,907億円)が減少したため、
本年3月は対前年同月比で二桁台の増加となっていますが、震災前年(H22)
3月の輸出額(6,619億円)と比較しても、その額を上回っています。
また、平成24年3月の横浜港の輸入額は3,230億円。対前年同月比は5.6%
増で、26ヵ月連続の増加となりました。
 
貿易速報詳細はこちらへアクセス▽
http://www.customs.go.jp/yokohama/toukei/sokuho/gaikyo.htm
 

■■ 貿易トピックス「ソーセージケーシング用の腸の輸入」
 
ソーセージケーシング用の腸は、ソーセージの原料を詰めるために使う動物
の腸のことであり、いわゆるソーセージの皮の部分のことです。
日本では、ソーセージの中でも、ウインナーソーセージがよく食べられており、
ウインナーソーセージの多くには、羊の腸が使われていることから、輸入され
る腸も、羊のものが多いとのことです。
ここ数年、日本の主要輸入相手国である中国やオーストラリアなどでは、羊
の飼育頭数が減少していることもあり、その分腸の輸入価格が上昇傾向を
示していることから、その輸入動向についてとりまとめました。
なお、平成23年の全国及び横浜港におけるソーセージケーシング用の腸の
輸入金額は、現在の品目分類になった昭和63年以降、過去最高となってい
ます。
また、平成23年の横浜港は、現在の品目分類になった昭和63年以降、24
年連続で、輸入数量及び輸入金額ともに全国第1位の輸入港です。
 
貿易トピックスはこちらへアクセス▽
http://www.customs.go.jp/yokohama/toukei/topics/topics.htm
 
 

■■「横浜港における中国との貿易」について
 
(日中国交正常化40周年&大連税関との覚書締結に関連して)
日本と中国は、昭和47年(1972年)の日中共同声明により国交が正常化
して、今年で40周年を迎えます。
また、横浜税関は、昨年11月に中国の大連税関との間で、税関業務に係
る相互協力に関する覚書を締結し、相互に友好・連携を図っていくことに
なりました。
このような背景から、横浜港の最大の貿易相手国である中国に焦点を当
て、日中国交が正常化した昭和47年以後の横浜港における中国との貿
易についてとりまとめました。
 
横浜港における中国との貿易はこちらへアクセス▽
http://www.customs.go.jp/yokohama/toukei/topics/topics.htm
 
 ------------------------------------------------------------------
横浜税関では、税関行政に関するタイムリーな情報をメールマガジン
『横浜税関だより』として、ご登録いただいたメールアドレスに直接
配信しております。
 
☆新たに配信を希望される方はこちら▽
yok-oshirase@customs.go.jp
 
★メールの解除、アドレス変更はこちら▽
yok-oshirase@customs.go.jp
 
発行:横浜税関 税関広報広聴室
〒231-8401 横浜市中区海岸通1丁目1番
TEL045-212-6053 
FAX045-212-5535
横浜税関ホームページ http://www.customs.go.jp/yokohama/index.htm