全国の税関
  • 函館
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 門司
  • 長崎
  • 沖縄
現在位置:
ホーム > 横浜税関 > 密輸事例等の紹介

密輸事例等の紹介

主な密輸事例等の紹介

 

このページの写真をクリックするとすべて新規ウィンドウで開きます

中国産こんにゃく粉に係る関税等ほ脱事件を告発

平成18年12月、本牧埠頭出張所において、白滝こんにゃくと偽り不正に輸入しようとしたこんにゃく粉15,968kgを発見・摘発し、調査の結果、平成22年1月、関税等約4千700万円を逃れようとした輸入販売業者を、関税法違反で告発した。

タイ来外国郵便物から大麻樹脂を摘発

 

平成21年10月、川崎外郵出張所において、タイからの国際郵便物を利用して密輸入しようとした大麻樹脂126.74g(風袋込み)を発見・摘発し、同年12月、神戸税関が、同大麻樹脂を密輸入しようとした日本人1名を、関税法違反で告発した。

旅客携帯品による覚せい剤密輸入事件を告発

 

押収量:覚せい剤942.2g

平成21年2月、福島空港出張所において、シンガポール来韓国経由で帰国した単独旅客の携帯品から、覚せい剤942.2gを発見・摘発し、同年8月までに、同覚せい剤を密輸入しようとした日本人3名を、関税法違反で告発した。

虚偽証明による盗難自動車不正輸出事件を告発

 

平成19年10月及び平成20年3月、本牧埠頭出張所において、ロシア向け中古自動車の貨物検査で、ハリアー等の盗難自動車を発見・摘発し、調査の結果、平成21年2月、盗難車両を不正に輸出しようとした日本人2名を、関税法違反で告発した。

韓国来の特定フロン密輸入事件を告発

写真1:摘発された特定フロン 

押収量:特定フロン計45,360缶

平成18年8月及び平成19年1月の2回、本牧埠頭出張所において、韓国来コンテナ貨物から特定フロン計45,360缶を発見・摘発し、調査の結果、平成21年3月19日、同特定フロンを密輸入しようとした日本人5名を、関税法違反で告発した。

別送品貨物を利用し密輸入しようとした麻薬(2C-I)を摘発

 

平成21年2月17日、別・託送品通関部門において、アメリカからの引越貨物から麻薬(通称2C-I※)5錠を発見・摘発し、同年3月18日、同麻薬を密輸入しようとした外国人1名を、関税法違反で告発した。
※ 麻薬と同種の有害作用を有するとして、平成20年1月より新たに麻薬として指定 

中国来の商標権侵害不正輸入事件を告発

写真1:押収された偽ブランド品 写真2:押収された偽ブランド品

押収量:商標権侵害物品34,608点

平成19年9月12日、日立出張所において、中国からの商標権侵害物品(財布・バッグ等)34,608点を発見・摘発し、平成20年5月27日、茨城県内居住の3名を、関税法違反で告発した。

虚偽証明による盗難自動車の不正輸出事件を告発

写真1:コンテナ詰めされた自動車(当該事件に係る盗難自動車ではありません) 写真2:コンテナ詰めされた自動車(当該事件に係る盗難自動車ではありません)
*写真は参考資料であり、当該事件に係る盗難自動車ではありません。

群馬県県警との共同調査により、偽造した申請書を陸運支局に提出し不正取得した虚偽の輸出予定届出証明書を税関に呈示し、盗品である中古自動車をバングラデシュ向けに不正に輸出していたバングラデシュ人1名、パキスタン人1名及び日本人1名を平成19年9月11日、関税法違反で告発した。

虚偽申告による盗難半鐘の不正輸出事件を告発

写真1:警察が窃盗グループから押収した半鐘(不正輸出された半鐘そのものではありません)
*写真は警察が窃盗グループから押収した半鐘であり、不正輸出された半鐘そのものではありません。

茨城県警察との共同調査により、盗品である半鐘をスクラップと偽って税関に申告し中国向けに不正に輸出していた貿易会社及び同貿易会社社員を、平成19年11月1日、関税法違反で告発した。

船舶乗組員が密輸入しようとした偽造クレジットカードの原版5,252枚を摘発

写真1:偽造クレジットカード原版

押収量:偽造クレジットカード原版5,252枚

平成19年8月6日、日立港に入港接岸したカンボジア籍船舶の中国人乗組員が密輸入しようとした偽造クレジットカードの原版計5,252牧を発見・摘発した。

国際郵便を利用し密輸入しようとした大麻入りクッキーを摘発

写真1:大麻入りクッキー 写真1:大麻入りクッキー

押収量:大麻入りクッキー約2,940g

平成19年3月19日、川崎外郵出張所において、タイから国際郵便を利用して密輸入しようとした大麻入りクッキー約2,940gを発見・摘発した。

輸入豚肉に係る大口関税ほ脱事件を告発

平成16年1月26日から平成17年2月7日までの間、823回にわたり、デンマークから外国産冷凍豚肉を輸入するにあたり、差額関税制度を悪用し、関税約59億6千150万円をほ脱した豚肉輸入販売業者1社及び行為者2名を、平成19年2月6日、関税法違反で告発した。

中国来外国郵便物から商標権侵害物品を摘発

写真1:押収された偽ブルガリ時計 写真2:押収された偽ブルガリ時計

押収量:腕時計70点

平成18年12月、川崎外郵出張所において、中国から2回にわたり国際郵便を利用して密輸入しようとした商標権を侵害する腕時計、計70点を発見・摘発した。

中国来コンテナ貨物から覚せい剤約14kgを摘発

写真1:押収された覚せい剤 写真2:押収された覚せい剤

押収量:覚せい剤約14kg、末端価格約8億4千万円

平成18年11月30日、本牧コンテナ検査場において、中国来コンテナ貨物の検査により、プラスチックドラム1個内の塩蔵わらびに収納隠匿された覚せい剤約14kgを発見・摘発し、平成19年3月6日までに輸入業者2名を、関税法違反で告発した。

中国来外国郵便物から著作権侵害物品を摘発

写真1:押収された偽キャラクターグッズ 写真2:押収された偽キャラクターグッズ

押収量:キャラクターバック等1,094点

平成18年6月16日から同月20日までの間に、川崎外郵出張所において、中国来外国郵便物5個から、著作権及び商標権侵害物品計1,094点を発見・摘発し、平成19年1月26日、衣料品雑貨類輸入販売業者及びその会社役員2名を、関税法違反で告発した。

アメリカ来外国郵便物から大麻4.68gを摘発

写真1:郵便物に隠匿されていた大麻 写真2:郵便物に隠匿されていた大麻

押収量:大麻4.68g

平成18年5月16日、川崎外郵出張所において、アメリカ来外国郵便物に隠匿されていた大麻4.68gを発見・摘発した。

アメリカ来貨物からけん銃1丁及び実包3発を摘発

写真1:輸入申告された中古モーターボート 写真2:隠匿されていたけん銃

押収量:けん銃1丁、けん銃用実包3発

平成18年5月1日、大黒埠頭荷さばき地において、アメリカ来貨物である中古モーターボートの検査により、キャビン内ベッドのマット下に隠匿されたけん銃1丁及びけん銃用実包3発を発見・摘発した。

アメリカ来外国郵便物から大麻25.59gを摘発

写真1:郵便物に隠匿されていた大麻 写真2:郵便物に隠匿されていた大麻

押収量:大麻25.59g

平成18年3月29日、川崎外郵出張所において、アメリカ来外国郵便物に隠匿されていた大麻25.59gを発見・摘発した。

カナダ来外国郵便物から大麻16.35gを摘発

写真1:粉末コーヒー缶内に隠匿されていた大麻 写真2:粉末コーヒー缶内に隠匿されていた大麻

押収量:大麻16.35g

平成18年2月23日、川崎外郵出張所において、カナダ来外国郵便物に隠匿されていた大麻16.35gを発見・摘発し、平成18年3月24日、カナダ人男1名を、関税法違反で告発した。

船舶乗組員が密輸入しようとしたけん銃、実包、大麻及び爆薬等を摘発

写真1:押収されたけん銃等 写真2:押収されたけん銃等

押収量:けん銃11丁、けん銃用実包220発、大麻5,112.7g、爆薬6本等

東京税関、警視庁本部、神奈川県警察本部、第三管区海上保安部の協力を得て、平成18年1月18日、大黒埠頭に停泊していたフィリピン籍船舶の乗組員らが密輸入しようとしたけん銃11丁、けん銃用実包220発、大麻5,112.7g、爆薬6本等を発見・摘発した。

ロシア向けに密輸出しようとした中古自動車39台を摘発

写真1:中古自動車密輸出 写真2:中古自動車密輸出

押収量:中古自動車39台

平成18年1月13日までに、本牧埠頭出張所において、ロシア向けコンテナ貨物の検査により、密輸出しようとした中古自動車39台を発見・摘発し、平成18年2月、輸出業者ら3名を関税法違反等で検挙した。

中国来の商標権侵害物品を摘発

写真1:押収された偽ブランドのTシャツ 写真2:押収された偽ブランドのTシャツ

押収量:Tシャツ16,341枚

平成17年4月20日、商標権を侵害するTシャツ16,341枚を中国から不正輸入しようとした東京都内の輸入業者ら3名について、平成18年2月3日、関税法違反で告発した。

輸入豚肉に係る大口関税ほ脱事件を告発

平成16年5月10日から同年10月25日までの間、前後151回にわたり、デンマークから外国産冷凍豚肉を輸入するにあたり、差額関税制度を悪用し、関税約8億6千760万円をほ脱した豚肉輸入販売業者ら2社及び行為者7名を、平成18年1月10日、関税法違反で告発した。